このサイトは化粧品メーカー社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「化粧品メーカー社員」

仕事内容
化粧品メーカーとは、おもに化粧品を製造し、販売する企業のことをいいます。市場ニーズを踏まえ、どのような製品を作るのか企画し、原料を組み合わせて化粧品を開発し、出来上がった製品を百貨店や直販店舗などの店頭あるいは通販等を通じて消費者の元に届けます。このように自社で商品の企画から製造、販売まで一貫して行う企業のほか、他社のブランドのために化粧品を企画・製造し、ブランドへ卸す「OEMメーカー」といわれる企業もあります。
なるには
化粧品メーカー社員として働くには、各メーカーが実施する社員採用試験を受け、採用される必要があります。大手化粧品メーカーでは定期的に新卒採用を行っており、会社の中核を担う人材は「総合職」として、基本的に大卒以上の学歴が求められます。また、総合職は「事務系」と「技術系」に分かれ、事務系は営業、マーケティング、商品開発などの業務に広く携わり、技術系は研究者や開発担当としてより専門的な業務に携わるため理工系出身者が中心となっています。
給料
化粧品メーカーの平均年収は500万円~600万円程度とされていますが、企業によっても違いがあり、全体としては売上高が高い化粧品メーカーほど、平均年収も高水準になる傾向にあるようです。初任給は学歴によって差がつけられていることが多く、博士了の場合には25万円以上となっていることもあります。また、特定の業務を専門的に担当する事務職や一般職の社員よりも、幹部候補としてより幅広い業務を担う総合職の社員のほうが給与水準は高めとなっています。
将来性
日本には化粧品メーカーとして国内企業、外資系企業の両方が多く存在していますが、大手10社程度が市場シェアの約半分を占めているといわれ、大手外資系メーカーも百貨店を中心に大きく展開されている状況です。化粧品は生活必需品であるため、化粧品業界も比較的安定しているといえますが、近年は異業種企業による化粧品業界への参入や、各社がプライベートブランドの開発によって高品質かつ安価な化粧品を提供するようになっており、競争はさらに厳しくなっています。