テキスタイルデザイナーの就職、求人、募集の状況

アパレルメーカーなどの求人

テキスタイルデザイナーの主な就職先は、アパレルメーカーやインテリアメーカー、繊維メーカー素材メーカー、生地問屋などです。

ファッションデザイナー」や「テキスタイルデザイナー」という名称以外に「企画部」や「生産部」の社員として募集されていることも多く、雇用形態も正社員からアルバイトまでさまざまです。

テキスタイルデザイナーは仕事の専門性が高いことから、一人のデザイナーを育成するのに手間と時間がかかるという実情があり、新人を大量に採用するということはあまりありません。

また、近年のファッション業界の変遷の中で苦境に立たされている企業も多く、正規雇用でのデザイナーの採用人数を抑えているところもあるようです。

就職試験においては狭き門となることが予想されるので、学生時代に知識や技術をしっかりと身につけて試験に臨むとよいでしょう。

非正規雇用や業務委託の求人

正規雇用でのテキスタイルデザイナーの採用が見つけられない場合、非正規雇用での求人を探すことになります。

非正規雇用の場合は契約社員やパートタイマー、アルバイトなどの雇用形態で働きます。

時給制で働くことになるため給料は決して高くありませんが、さまざまな企業を渡り歩いて経験を積めますし、努力次第では正社員に登用されることもあります。

また、デザイナーの業界は業務委託での案件も非常に多く、フリーランスのテキスタイルデザイナーとして働いている人もいます。

若いうちは企業でキャリアを積み重ね、いずれは独立してフリーランスで働くということも可能でしょう。

デザイン事務所の求人

アパレルメーカーやインテリアメーカー以外にも、デザイン事務所でテキスタイルデザイナーを募集していることがあります。

デザイン事務所の場合はクライアントからの依頼に応じてテキスタイル(生地)を作ることになるので、ファッションから雑貨、インテリアまで幅広い商品に携われる可能性があることが大きな魅力といえるのではないでしょうか。