アパレル店員になるには

アパレル店員は、お客さまに的確なアドバイスをして洋服を販売します。お客さまごとに異なる接客が求められるアパレル店員になるためには、どんな道のりが必要なのでしょうか。

アパレル店員に向いている人や目指し方について解説します。

アパレル店員になるまでの道のり

アパレル店員が勤務するショップは百貨店、大手チェーン店から個人経営のお店まで、大小さまざまです。そのなかで多くのアパレル企業は特別な学歴や資格を求めていません

もちろんファッション系の専門学校などで専門知識を身に付け就職する人もいますが、販売やアパレルに関する特別な勉強をしていなくても、この仕事に就くことは十分に可能です。

アパレル店員の資格・難易度

アパレル店員になるために特別な資格を求められることはほとんどありません。

関連する資格として「ファッション販売能力検定」や「色彩検定」などがありますが、仕事を始める時点で資格を求められるケースはほぼなく、これらは入社後スキルアップのために受験する人が多いようです。

アパレル店員を目指す人におすすめの資格はある?

アパレル店員になるための学校の種類

同じアパレル業界でもファッションデザイナーパタンナースタイリスト等と異なり、アパレル店員を目指す場合はファッションの専門学校を出ている人はさほど多くありません。

ファッションに関する専門学校に進学することで、専門知識を身に付けることはできますが、それ以外の学校や高卒からでもアパレル店員になることは十分可能です。

ただし、最初から正社員を目指す場合は「大卒以上」の学歴が問われることもあり、特に有名なブランドを多数扱う大手企業であればあるほど、その傾向が強いようです。

アパレル店員になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校)

アパレル店員に向いている人

ショップの店頭には新商品が次々と並ぶため、ファッションの流行に敏感で、自ら学ぼうとするおしゃれに貪欲な性格が接客にも役立ちます

また、初対面の人とでもにこやかに明るく会話することができ、いつでも元気よく働けることも重要な適性のひとつです。

アパレル店員に向いている人・適性・必要なスキル

アパレル店員のキャリアプラン・キャリアパス

アパレル店員は、他の職業と同様に正社員として働く人がいる一方、契約社員やアルバイトとして働く人も多い職業です。

なかには、全員アルバイトからスタートし、能力や経験に応じて正社員にステップアップすることを定めている会社もあるようです。

アパレル店員の需要は高く、たとえ正社員になれなくても外部の派遣会社に登録し、販売専門スタッフとしてアパレル店員になることも可能です。

店長やエリアマネージャーなど、確実なキャリアアップを望むのであれば、正社員を目指すことが必要といえるでしょう。

百貨店でアパレル店員になりたい場合は、

  • 百貨店の正社員もしくは派遣社員がショップ担当として販売するケース
  • 各ブランドの社員が百貨店に派遣されて販売するケース

の2パターンがあります。

アパレル店員を目指せる年齢は?

アパレル店員は若い人が中心

アパレル店員は華やかなイメージから若者向けの仕事と思われがちですが、年齢を重ねても需要があり何歳からでも働くことができる仕事です。

ショップやブランドのコンセプトやターゲットによって、そこで働く人の年齢層も異なり、ミセス向けのブランドであれば30代以上でも働くことができます。

また、40代以上の人をターゲットにしたブランドであれば、むしろ20代など若い人はあまり採用されないこともあります。

経験や年齢にあわせて勤務先を選べば、年齢を問わず活躍できます。

収入や体力面で不安を感じる

アパレル店員に年齢はさほど関係ありませんが、立ち仕事であり、意外と体力を要するため、年齢を重ねていくと体力面で厳しさを感じる人もいるようです。

また、順調に店長やマネージャーなどのポジションへステップアップできればよいのですが、販売員として働く限り、さほど大きな収入は得られません。お客さまの信頼を集め、できるだけ成果を残すことが、アパレル店員を続けるコツといえるでしょう。

経験を積めば販売の現場から本社勤務へ

アパレル店員には、年齢に応じたショップやブランドへ転職して販売員を続ける人や、そのブランドで店員として働き続ける人がいます。

一方、本社へ異動して、企画や営業などの仕事にキャリアチェンジするケースもあります。

希望すれば誰もができるというわけではありませんが、店員として実績を残したり、センスがあると認められたりすれば、新しい仕事に挑戦することも可能です。

多様な職種の選択肢があるため、同じ企業でも長く働き続けることができるでしょう。

「アパレル店員になるため」のまとめ

アパレル店員になる際は、特別な資格や進学は必要ありません。経験と実績を積むことで、キャリアアップの道も開けます。

ただし、ファッションの流行を敏感にキャッチして、お客さまに信頼される販売を行うための努力が必要です。また、目指すキャリアプランにむけて、資格を取得したり知見を広げたりするといいでしょう。