テキスタイルデザイナーへの転職、未経験採用

デザイン業界の転職事情

テキスタイルデザイナーに限らず、デザイナーという職業全般にいえるのですが、転職活動自体はそれほど珍しいことではありません。

アパレル業界は流行の移り変わりが激しく常に新しいものを生み出していかなければいけない上に、デザイナーとメインターゲット層の年齢やセンスに大きな差があるとヒット商品を生み出しにくいという実情があります。

企業の人事としてデザイナーの配置転換をすることは珍しくありませんし、デザイナー自身が自分のセンスをフルに発揮できる場を求めて転職をすることもよくあることなのです。

デザイナー経験者の転職

テキスタイルデザイナーへの転職をめざす場合、デザイン業界での実績があるかどうかで採用のルートが異なります。

まず、既に何らかのデザイナーとして活躍していた人が別の企業に転職をする場合は、中途採用やキャリア採用という名目で最初から一人前のテキスタイルデザイナーとして採用されることが多いのでそれほど大きな苦労はないでしょう。

採用試験の面接では、志望動機に加えて過去に手掛けてきた商品やこれから挑戦してみたいことについてしっかりアピールすることが大切です。

デザイナー未経験者の転職

それでは、デザイナーとしての活動実績が全くない人が転職でこの仕事をめざすこともできるのでしょうか。

デザイン業界が実力主義であることや学歴・資格を重視しないということから、企業によってはもちろんこれは可能です。

求人に「未経験者可」としているところもゼロではないので、やる気さえあれば挑戦できる業界といっても差支えはないでしょう。

ただし、未経験者の場合でも服飾関係の専門学校や美術大学を卒業している人の方が圧倒的に重宝されます。

あるいは手芸や染色の趣味があり、自分でハンドメイドの作品を販売した実績がある人であれば、たとえキャリアがなくても実力を評価してもらいやすいでしょう。

未経験者の場合は見習いとして採用されるケースが多いので、最初の数か月から数年間は先輩デザイナーのもとで修業が必要です。