アイリストの1日・生活スタイル

アイリストの業務スケジュール

 

アイリストの勤務体系

 
アイリストの1日の流れは、所属サロンの就業規則により異なります。

一般的なアイラッシュサロンの営業時間は、10時~19時頃が多いものの、最近は働く女性をターゲットにした22時閉店など営業時間が長いサロンも多いです。

営業時間が長いサロンでは、スタッフも複数在籍していて、早番・遅番のシフト制勤務が一般的です。

また、チェーン展開するサロンの場合は、予約の状況で他店舗から応援に来てもらったり、逆に他店舗へ応援を派遣したりすることもあります。

正社員は早番・遅番のシフトを繰り返しながら、1日8時間程度勤務します。

アルバイト・パートのネイリストは、正社員と同様の勤務体系になることもあれば、「週2のみ」「1日4時間のみ」などの条件で採用されることもあります。

また特定のサロンに所属せず、フリーランスで活躍したり、開業したりするアイリストもいます。

このような働き方の場合、働く曜日や時間の融通がききやすい点が魅力です。

アイリストの休日・残業傾向

 
アイリストの休日はサロンによって異なりますが、週休2日、月8日程度は休日がとれるところが多いようです。

なかには1日の実働を8時間ではなく、10時間以上と長時間にするかわりに、月に9日~10日程度の休日をとれるサロンもあります。

一般的にアイリストの仕事は接客業のため、土日祝日などの世間的な休日が稼ぎどきになり、自分の休暇は平日に取ることが多くなります。

フリーランスや独立開業している場合は、休日も自分のライフバランスとの兼ね合いで予約を調整し、土日祝日に休むことも可能です。

アイリストと比較されやすい「ネイリスト」や「美容師」が残業ありきの業界である一方、アイリストの残業時間は短く、ほとんどないというサロンも珍しくありません。

もちろん、研修や勉強会などを閉店後に定期的に開いているサロンもありますが、そう長くはなく、美容業界のなかでは公私を分けやすい職種でしょう。

アイリストの1日

 

日中(10時~19時)に営業するサロンに勤務する場合

 

9:30 出勤

 
開店時間30分~1時間前に出勤し、開店準備を行います。

サロンの掃除、施術に必要な薬剤の準備、予約の確認などをしつつ、オープンに備えます。

注意事項や予約内容を全員で共有するミーティングを開店前に行うサロンも多いです

10:00 開店

お客さまの受付後、カウンセリングをして施術を行います。

メニューの内容にもよりますが、1人のお客様に対し、1時間~2時間ぐらいの施術です。

13:00 休憩

お昼休憩は前後しますが、だいたい1時間ぐらいの休憩が取れます。

土日やクリスマスなどのイベント前は、予約が集中するため、1時間フルではとれないこともあります。

14:00 施術

午後の施術スタートです。

午後一番は、比較的お客さまが少ない時間のため、これまで利用してくださったお客さまへのダイレクトメール発送などを行うこともあります。

日中は主婦や自営業のお客さまが多いですが、夕方近くなると、専門学校や大学の講義後の学生さんや会社員の方が徐々に増え始め、忙しくなります。

19:00 退勤

後片づけ、店舗内の掃除、翌日の準備や確認をして退勤します。

残業はほとんどなく、業務後はプライベートを満喫するアイリストもいます。

シフト制の遅番で勤務する場合

 

13:00 出勤

遅番の場合は昼過ぎに出勤し、本日の予約状況などを確認し、施術に入ります。

早番スタッフもまだいるため人員に余裕があり、お客さまの予約も落ち着く時刻のため、DM発送や電話応対なども行います。

16:00 休憩

夕方以降は会社帰りのOL、学生のお客さまも増えるため忙しくなります。

その前に休憩に入り軽い夕食を済ませます。

17:00 施術

早番スタッフと引継ぎを行いながら、サロンクローズ時間まで予約のお客さま、飛び込みのお客さまの施術を行います。

22:00 退勤

最後のお客さまの施術を終えたあと、掃除、翌日の早番スタッフへの引継ぎ作成などの閉店作業を行います。

自宅サロンで働く場合

10:00 開店準備

家事を一通り終え、子どもを保育園に預けたり、学校へ見送ったりした後に開店準備をします。

自宅の一室を施術空間にしているため、移動時間もなく効率的に働けます。

生活感がでないように清掃、身支度、音楽などのサロンの雰囲気づくりを大切にします。

10:00 施術開始

完全予約制のため、お客さまの数やメニューが分かりやすく、お客さまと会話を楽しみながらアットホームな雰囲気で施術します。

12:00 昼休憩

お昼休憩をとり、隙間時間にSNSの更新などを行います。

自宅サロンは集客が課題のため、HP作成や人脈開拓をして新規のお客さまを獲得することが大切です。

14:00 午後の勤務開始

施術内容によりますが、午後は1~2人のお客さまの施術を行います。

17:00 自宅サロン終了

家庭との両立を目的とする主婦ネイリストの場合、サロン業務は日中のみということも多いです。

アイリストの勤務時間・休日