ネイリストの他のサロン・職場への転職状況は?

ネイリストの転職状況

ネイリストとしてサロンなどで働いている人が、何年か働いたのち、他の勤務先に移ることはめずらしい話ではありません。

長く働くうちに、ネイリストになりたての頃とは仕事に対する考え方やプライベートの状況が変化することも多いものです。

現状の自分に合う職場を探すために、転職するのは決して悪いことではありません。

どのネイルサロンでも即戦力になれる人は歓迎されるため、すでにネイリストとしてのキャリアがある人は、比較的容易に転職できる可能性が高いです。

以下では、ネイリストが他の職場に移る理由として、主なものを紹介していきます。

他の職場への転職理由

よりよい待遇を求めて

ネイリストとしてある程度経験を積み、技術も磨いていくと、「もっと稼ぎたい」「もっとよい待遇の下で働きたい」という思いを感じる人は少なくありません。

現在の職場の待遇があまりよくなかったり、昇給・昇進が望めなかったりすると、もっと待遇のよい職場へ移ろうと決意するケースがあります。

キャリアやスキルアップを目指して

キャリアアップを目指し、他の職場に転職するネイリストも多いです。

たとえば、十分な経験や技術を身につけたネイリストが、新規オープンサロンの店長職としての求人に応募したり、アルバイトで経験を積んだネイリストが正社員枠のある別サロンに応募したりするケースなどです。

また、コンテスト入賞者が多数所属していたり、スタッフ全員が「JNECネイリスト技能検定1級」を保有していたりと、レベルが高いサロンに身を置くことで、よい刺激を受けながら自分のスキルを高めようとする人もいます。

理想の接客を求めて

ネイルサロンによって店の経営方針、接客スタイルはさまざまです。

たとえば低価格をウリにするサロンでは指名制ではなく、回転率を重視するため、1人のお客さまにかける時間はどうしても短くなりがちです。

そのため、お客さまと長期に渡った深い関係構築を求めるネイリストだと、思うような接客が実現できずにストレスが溜まってしまうことがあります。

一方、高価格帯の完全予約制のサロンやプライベートサロンでは、お客さまにゆっくりと向き合うことが可能です。

自身の理想のスタイルが見つかったときに、「理想に近い職場で働きたい!」という思いが強くなって、別の職場へ移る人もいます。

職場の人間関係が悪いから

ネイルサロンは女性だけの職場になりがちです。

また、小規模なサロンが多いため、スタッフの数も少なく人間関係が密になりがちなぶん、もし気が合わない人がいた場合には一緒に過ごすことを苦痛に感じやすいです。

より人間関係がよく、雰囲気がよい場で働きたいという思いが、職場を離れるきっかけになる人もいます。

ネイリストのつらいこと、大変なこと、苦労

ネイリストの求人を見る際の注意点

雇用条件をきちんと確認する

ネイルサロンの規模はさまざまです。

大手企業が運営し、現場部門と本社の役割がはっきりと分離しているチェーン系のサロンもあれば、オーナーが経営や接客などを1人ですべてをこなす個人経営のサロンもあります。

サロンによって雰囲気や経営方針もまったく異なるため、ホームページなどをよく確認して、自分の希望に合うサロンを探しましょう。

もちろん、給料や手当、有給休暇、勤務時間などを確認することも重要です。

できれば店舗の雰囲気を確認する

求人情報だけでなく、実際に店舗まで足を運び、施術を受けてみると、サロンの雰囲気やスタッフの接客スタイルがよくわかります。

職場の雰囲気が悪いサロンでは、勤務するネイリストがすぐに辞めるため、スタッフの勤続年数は短めになる傾向が見られます。

実際に働いている人に、どのくらい勤務しているかを確認してみるのもおすすめです。