ネイリストの他の職場への転職状況は?

ネイリストの転職状況

 

ネイリストが他の勤務先に転職し、そのままネイリストを続けることは珍しいことではありません。

一から育てる必要がないため、ネイルサロン業界は即戦力を重視します。

既にネイリストとしてのキャリアを持っている場合、他のサロンやネイルサービスを提供する職場への転職の難易度は難しいものではないといえるでしょう。

実際、働く中で、ネイリストになりたての頃とは、考え方、ライフステージが変化していることが多く、転職を考えるネイリストは多いです。

腕があるネイリストやコンテスト入賞経験をもつネイリストであれば、引き抜きなどもあります。

他の職場への転職理由

 

待遇が悪いから

 

ネイリストとしてある程度経験を積み、技術も磨いたにもかかわらず、昇給がなく、歩合給も低いサロンがあります。

待遇の悪さがモチベーションの低下を引き起こすことも多く、より待遇のよいサロンでネイリストとして勤務したいという想いから、転職活動することも珍しくありません。

キャリアやスキルアップを目指して

 

キャリアアップを目指し、他の職場に転職するネイリストも多いです。

例えば、経験や技術に自信があるネイリストが新規オープンサロンで店長職としての求人に応募したり、アルバイトで経験を積んだネイリストが正社員枠のある別サロンに応募したりすることがあります。

またコンテスト入賞者が多数所属、スタッフ全員JNECネイリスト技能検定1級保有などレベルが高いサロンに身を置くことで、いい刺激をうけながら自分のスキルを高めようとする人もいます。

理想の接客を求めて

 

ネイルサロンによってその接客スタイルは様々です。

例えば低価格をウリにするサロンでは指名制ではなく、回転率を重視するため1人のお客様にかける時間は短いことが望ましいとされています。

そのためお客様と長期に渡った深い関係構築を求めるネイリストには向かず、あっさりとした接客スタイルになります。

指名制でないため休暇などがとりやすく、効率の良い技術サービス提供ができる中堅以上のネイリストに人気です。

逆に完全予約制やプライベートサロンでは、お客様にゆっくりと向き合うことが可能です。

多くの人を相手にするサロンで勤務してきた時には見えなかった接客上の課題やお客様の声が把握できるため、将来独立開業をする際にも役立つでしょう。

職場の人間関係が悪いから

 

ネイルサロンは女性だけの職場になりがちです。

また小規模なサロンが多いため、スタッフの数も少なく、人間関係の悩みが解決しにくいという特徴があります。

1日8時間以上、職場にいることも珍しくないため、より人間関係がよく、雰囲気がよいサロンにうつりたいという理由で他の職場に転職する人も多いです。

ネイリストのつらいこと、大変なこと、苦労

求人を見る時の注意点

 

雇用条件を確認

 

ネイルサロンの規模は様々です。

なかには人事グループを置き、現場部門と総務部門が分離しているチェーン展開をするサロンもあれば、オーナーが1人ですべてをこなす個人経営のサロンまであります。

基本給だけでなく、手当、有給休暇有無、シフト組み方、社会保険まで確認しましょう。

特にネイルサロンは残業が発生しやすく、残業代が一切でないところも多いです。

求人は比較しながら総合的に判断するようにしましょう。

実際の店舗雰囲気を確認

 

求人情報だけでなく、実際に店舗に足を運び、施術を受けてみると職場の雰囲気、スタッフの接客スタイルがよく分かります。

職場の雰囲気が悪いサロンでは、勤務するネイリストもすぐに辞めるため、勤続年数が短くなります。

実際に働いている人に、どのくらい勤務しているかを確認してみるのもおすすめです。