ファッションデザイナーの求人・就職の状況

ファッションデザイナーの就職先にはどんなところがある?

ほとんどのファッションデザイナーはアパレルメーカー繊維メーカーなどに就職し、その会社やブランドのデザインを手掛けています。

自分の名前がブランド名になっているような世界的に活躍するファッションデザイナーを見かけることも多くありますが、それはごく一部で、独立して仕事ができるようになるためには、コンクールなどで賞を取ったり、ヒット商品を次々と生みだしたりと、実績を上げなくてはなりません。

ファッションデザイナーの就職先の種類・活躍の場

ファッションデザイナーの求人の状況

アパレルメーカーでの需要が多い

ファッションデザイナーをめざす場合、有名なデザイナーやブランドの事務所等に勤める方法もありますが、アパレルメーカーなどに専門職として就職するのが一般的です。

日本だけではなく海外も含めると相当な数のアパレルメーカーがあるので、こうした企業の求人に応募する形で就職先を決める人が多いようです。

就職するにあたっては、服飾系の専門学校を卒業していることが大きなアドバンテージとなります。

ファッションデザイナーは専門職のため、服飾についての専門的な知識や技術が必要とされるのです。

こうした知識や技術をベースにして仕事を覚え、現場でさまざまな経験を積みながら一人前になっていくのがファッションデザイナーのステップアップの流れです。

アパレル業界全体の不況

近年の日本はこの不況が続き、アパレル業界も不況の影響を強く受けて、収入が減ったために服にお金をかける人が少なくなり、ファッションデザイナーは腕を振るう機会が減ってしまっているという一面は否定できません。

安い衣服を作るために素材やデザインなど決まったものになってしまい、ファッションデザイナーが自身のこだわりを表現することが難しくなっています。

作りたい服を作れないジレンマを抱えている人は少なくなく、こうした状況は当分続くのではないかと考えられています。

しかし、一方で流行のサイクルが早くなったことで、ファッションデザイナーの需要が高まっているという一面も併せ持っているのが現在の状況です。

ファッションデザイナーの就職先の選び方

就職先を選ぶ場合は、まず自分がどのような服作りに関わりたいのかを考える必要があります。

服作りと言っても、企業によってハイブランドなのかカジュアルブランドなのか、メンズ・レディース・子ども向け・スポーツラインなどその種類はさまざまです。

ハイブランドの場合は一着に多くの時間や人手を費やしますが、カジュアルブランドの場合はより多くの人に着用してもらえるよう大衆的なデザインやスピード感が求められるなど仕事の仕方も大きく異なります。

自分がどのような服作りをしたいのか、そしてそれはどの就職先(企業・ブランドなど)ならかなえられるのかを照らし合わせて考えるとよいでしょう。

ファッションデザイナーの志望動機・面接

ファッションデザイナーは、もともとファッションが好きだったり、服作りが好きだったりする人がほとんどです。

しかしただ「服をデザインしたい」という志望動機では、ほかの人と差別化することができません。

「どんなファッションアイテムを手掛けたいか」「どんなデザインをしたいか」など具体的に話せるようにしておくことが大切です。

ファッションデザイナーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

ファッションデザイナーの場合、多くの人が服飾系やデザイン系の専門学校を卒業しているため、学校に多くの求人情報が集められます。

またアパレルメーカーでは不定期にデザイナーを募集しているため、日頃からアパレルメーカーのホームページをチェックしておくとよいでしょう。