アパレル店員の1日・生活スタイル

アパレル店員は、いつ来店しても笑顔を絶やさずテキパキと接客してくれます。

1日中立ち仕事で働いていて過酷にも見えるアパレル店員ですが、どのような業務スケジュールで動いているのでしょうか。

ここでは、アパレル店員の業務スケジュールについて、一般的なタイムテーブルを参考に詳しく解説します。

アパレル店員の業務スケジュール

アパレル店員には、大きく分けて以下の2つの勤務体系があります。

  • 開店から閉店まで働くフルタイム制
  • 店舗の営業時間によって早番・遅番と交代で働くシフト制

勤務時間は人によって異なるものの、「開店準備」「接客」「商品整理」「検品」「品出し」「閉店作業」が主な仕事内容です。

また、夕方などの忙しい時間帯やセール期間などの繁忙期にはアルバイトを雇うこともあり、その指導に行います。

続いては、アパレル店員の一般的なタイムテーブルの例を2つご紹介します。

商業施設のテナントで働くアパレル店員の1日(早番)

9:40 出勤・開店準備
出勤後、金庫にしまってあるレジ金をレジの中に移します。
前日の遅番スタッフからの引継ぎメモに目を通し、当日入荷する商品を確認します。
10:30 店内清掃
店内の隅々までモップをかけ、ディスプレイしている服の乱れなどを直します。
10:50 朝礼
出勤スタッフ全員で朝礼を行い、その日の売上目標やイベントを共有します。
「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などあいさつの声出しも行います。
11:00 開店
商業施設がオープン。
日中はゆっくりと買い物を楽しむお客さまが多いので、新商品をオススメしたり、会話を楽しんだりしながら接客します。
13:30 昼休憩
休憩は13時から15時くらいの間で、スタッフ交互にとります。
14:15 勤務開始
後半の業務がスタート。
現時点での売上が報告され、目標額に達していない場合は、より気を引き締めて接客にあたります。
17:00 小休憩
スタッフ交互に小休憩をとります。
19:30 勤務終了・遅番スタッフに引継ぎ
遅番スタッフに勤務中の出来事など伝えるべきことを漏れなく伝えます。
※忙しい日は残業することもあります

遅番で働くアパレル店員の1日

13:00出勤
13:15 早番スタッフとミーティング
その日の午前中の様子を聞き取り、午後からの仕事を確認します。
13:30 接客
早番スタッフが順次休憩に入るため、仕事の引き継ぎ・連絡事項の確認をしたあと店舗に出て接客をします。
14:00 売り場チェック
売り場の商品をチェックし、欠品している商品を補充したり、取り置き・予約商品の処理をしたりします。
15:00 小休憩
15:30
売り場で接客をしながら、商品整理をします。
夕方になりアルバイトが来ると、売り場でどのように動くか指示を出したり接客の指導をしたりします。

手が空いているときは

・バックヤードでの事務処理
・売上や売れ筋商品を本部に報告
・イベントやキャンペーンの準備

など、接客以外の業務も行います。

19:00 休憩
20:00 閉店
営業終了後に売上清算や店内清掃などのクローズ作業をして、今後の売り上げ目標や販売計画などをミーティングします。
20:30商品整理・売れた分の補充
翌日販売の商品を店頭に並べます。
営業時間中にできなかった事務作業や検品、品出しなどを遅番スタッフ全員で行い、翌日のスタッフに引き継げるようメモを残しておきます。
22:30 退勤
しっかりと店を閉めたことを確認してから帰宅します。

アパレル店員の勤務時間・休日

「アパレル店員の1日」のまとめ

アパレル店員が働く一般的なタイムテーブルを早番、遅番の例をもとに紹介しました。

店舗によって時間や業務の割り振りなど、細かい点は異なりますが、スタッフたちで交互に休憩をはさみ、1日の業務をこなしていきます。

希望する店舗がどのような勤務形態をとっているのか、あらかじめ確認しておくといいでしょう。