独学でメイクアップアーティストになれる?

メイクアップアーティストは国家資格が必要でないため、独学で目指すことは可能です。

社会人で働いている場合や金銭的な点で、独学で勉強している人もいます。

しかし独学にもメリット・デメリットはあります。

この記事では、独学でメイクアップアーティストになるために必要なことを解説します。

独学でメイクアップアーティストを目指す人はいる?

独学でも目指すことは可能

メイクアップアーティストには国家資格はありません。

そのため独学でもメイクアップアーティストは目指せます

やる気さえあれば、どんな人でもメイクアップアーティストと名乗って働けますが、仕事として成果を出しお金をもらうためにはヘアメイクの知識や技術を有していることが大前提のため、専門学校・スクールで学ぶことが一般的です。

技術の取得に苦労する可能性も

独学で勉強をするうえで、基礎的な知識に関しては、関連書籍やインターネット上で情報を得られます。

ただし、問題となるのは技術面です。

専門学校やスクールの場合、座学に加えて実技の授業が多く組まれ、現場で生かせるスキルを磨くこともできますが、独学の場合は技術面も基本的に自分一人で勉強することになるため、身近な人に練習相手になってもらう必要があるといえます。

また、自分が施したヘアメイクに対してプロの視点で批評してくれる人がいないため、間違った技術を身につけてしまう可能性があります。

未経験から学ぶ場合は、たとえ短期間でもプロの指導が受けられる学校やスクールに通ったほうが、有効であるといえるでしょう。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

独学のメリット・デメリット

独学のメリット

独学のメリットは、なんといっても時間や費用の面がかからないことです。

すでに社会人となっていると、なかなか自分の時間を取れないため、自分のペースで勉強ができます。

また、費用の面でも通学するより低予算で知識を身につけられます。

独学のデメリット

独学のデメリットは、客観的なアドバイスをもらえないことです。

わからない問題に直面した時、助けてくれる人がいなければあいまいなままになってしまったり、誤った知識を身に付けたりしてしまうことがあります。

また、自分のペースで勉強ができる分、通学に比べるとしっかりと計画をたてて地道に勉強しなければ、なかなか勉強が進まないというデメリットもあります。

資格の取得やスクールの活用

独学でメイクアップアーティストを目指す場合、まずはメイクアップアーティストのアシスタントになることを目指します。

まったく知識もスキルもない人をアシスタントにはできないため、ヘアメイクの知識を証明するためにヘアメイクに関する資格取得をする方法があります。

とくに「JMA日本メイクアップ技術検定」は、受験資格がなく誰でも受験ができるため、まずはこの資格取得を目指すのがよいでしょう。

さらに、民間のスクールや通信講座を利用する方法もあります。

民間スクールや通信講座は期間もさまざまで、費用を安く抑えられるものもあります。

しっかりとプロから指導を受けられるため、独学でメイクアップアーティストを目指すのに自信がないという人にはよい味方となってくれるでしょう。

JMA日本メイクアップ技術検定

独学でメイクアップアーティストになれる? まとめ

メイクアップアーティストになるために必要な資格はありません。

メイクアップアーティストはヘアメイクの知識や技術を有していることが大前提のため、専門学校・スクールで学ぶことが一般的ですが、やる気さえあれば独学でも目指すことはできます。

しかし基礎的な知識に関しては、関連書籍やインターネット上で情報を得れますが、技術面も基本的に自分一人で勉強することになるため、未経験から学ぶ場合は、短期間でもプロの指導が受けられる学校やスクールに通ったほうよい場合もあります。

また、スクールに通う方法以外にもメイクアップアーティストのアシスタントとして経験を積む方法があります。

そのためにはヘアメイクに関する資格取得をし、知識があることをアピールするとよいでしょう。