独学でメイクアップアーティストになれる?

メイクアップアーティストは国家資格が必要でないため、独学で目指すことは可能です。

社会人で働いている場合や金銭的な点で、独学で勉強している人もいます。

しかし独学にもメリット・デメリットはあります。

この記事では、独学でメイクアップアーティストになるために必要なことを解説します。

独学でメイクアップアーティストを目指す人はいる?

独学でも目指すことは可能

メイクアップアーティストには国家資格はありません。

そのため独学でもメイクアップアーティストは目指せます

やる気さえあれば、どんな人でもメイクアップアーティストと名乗って働けますが、仕事として成果を出しお金をもらうためにはヘアメイクの知識や技術を有していることが大前提のため、専門学校・スクールで学ぶことが一般的です。

技術の取得に苦労する可能性も

独学で勉強をするうえで、基礎的な知識に関しては、関連書籍やインターネット上で情報を得られます。

ただし、問題となるのは技術面です。

専門学校やスクールの場合、座学に加えて実技の授業が多く組まれ、現場で生かせるスキルを磨くこともできますが、独学の場合は技術面も基本的に自分一人で勉強することになるため、身近な人に練習相手になってもらう必要があるといえます。

また、自分が施したヘアメイクに対してプロの視点で批評してくれる人がいないため、間違った技術を身につけてしまう可能性があります。

未経験から学ぶ場合は、たとえ短期間でもプロの指導が受けられる学校やスクールに通ったほうが、有効であるといえるでしょう。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

独学のメリット・デメリット

独学のメリット

独学のメリットは、なんといっても時間や費用の面がかからないことです。

すでに社会人となっていると、なかなか自分の時間を取れないため、自分のペースで勉強ができます。

また、費用の面でも通学するより低予算で知識を身につけられます。

独学のデメリット

独学のデメリットは、客観的なアドバイスをもらえないことです。

わからない問題に直面した時、助けてくれる人がいなければあいまいなままになってしまったり、誤った知識を身に付けたりしてしまうことがあります。

また、自分のペースで勉強ができる分、通学に比べるとしっかりと計画をたてて地道に勉強しなければ、なかなか勉強が進まないというデメリットもあります。

資格の取得やスクールの活用

独学でメイクアップアーティストを目指す場合、まずはメイクアップアーティストのアシスタントになることを目指します。

まったく知識もスキルもない人をアシスタントにはできないため、ヘアメイクの知識を証明するためにヘアメイクに関する資格取得をする方法があります。

とくに「JMA日本メイクアップ技術検定」は、受験資格がなく誰でも受験ができるため、まずはこの資格取得を目指すのがよいでしょう。

さらに、民間のスクールや通信講座を利用する方法もあります。

民間スクールや通信講座は期間もさまざまで、費用を安く抑えられるものもあります。

しっかりとプロから指導を受けられるため、独学でメイクアップアーティストを目指すのに自信がないという人にはよい味方となってくれるでしょう。

JMA日本メイクアップ技術検定

メイクアップアーティストの通信講座

専門学校やスクールなどに通って知識・技術を身につけたくても、現在は別の仕事をしており時間がとれない・近所に学校がないなど、何らかの事情で通学することが難しい場合には、通信講座で学ぶ方法もあります。

通信講座はテキストやDVDで構成されており、学習者は自宅に送られてくる教材を利用して勉強します。

また、カリキュラムはメイクアップアーティストの仕事に関連する資格の取得を目指すもので、効率よく資格取得に向けて勉強することができます。

どの資格に対応しているのかよく確認する

メイクアップに関する資格は、いずれも民間団体が認定するものとなっており、その種類や内容もさまざまです。

JMA(日本メイクアップ技術検定協会)の資格、IBF(国際美容連盟)の資格など業界で有名なもののほか、プロのメイクアップアーティストが主催する資格などもあります。

通信講座を選ぶ際には、どの資格に対応しているのかを確認しておくことが大切です。

また、講座によっては技術面の練習のためにメイク用品のセットを購入できたり、講師の添削を受けられたりするものもあります。

さらに、通信講座によってメイクアップの基礎をひと通り学べるものもあれば、一部分だけを集中的に学べます。

講座の種類が多いため、カリキュラム内容を見比べながら、自分に合ったものを選びましょう。

就職面での難しさ

通信講座で学び、資格を取得したとしても、それだけで就職を成功させることは難しいです。

メイクアップアーティストの世界は実力重視であり、現場経験を積んで身につくことが多くあります。

したがって、「〇〇の通信講座で学んだ」という実績はマイナスにはなりませんが、就職の際のアピール材料としては弱いと考えておいたほうがよいかもしれません。

大切なのは、通信講座を活用して少しでも多くの知識を得ようとすること、そして継続的に勉強し続けることです。

同時に、メイクアップアーティストとしてどう活躍していきたいのか、しっかりとしたビジョンを持っていなくてはなりません。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

独学でメイクアップアーティストになれる? まとめ

メイクアップアーティストになるために必要な資格はありません。

メイクアップアーティストはヘアメイクの知識や技術を有していることが大前提のため、専門学校・スクールで学ぶことが一般的ですが、やる気さえあれば独学でも目指すことはできます。

しかし基礎的な知識に関しては、関連書籍やインターネット上で情報を得れますが、技術面も基本的に自分一人で勉強することになるため、未経験から学ぶ場合は、短期間でもプロの指導が受けられる学校やスクールに通ったほうよい場合もあります。

また、スクールに通う方法以外にもメイクアップアーティストのアシスタントとして経験を積む方法があります。

そのためにはヘアメイクに関する資格取得をし、知識があることをアピールするとよいでしょう。