美容師の仕事内容

美容師の仕事とは

美容師の仕事は、おもに美容室において、お客さまの髪の毛のカット・カラー・セット・シャンプー・ブロー・パーマなどの施術をし、美しく整えることです。

美容室といっても店舗ごとに特徴があるため、施術メニューは大きく異なります。

多くの美容室ではあくまでもヘアスタイルに関するサービスを中心に提供していますが、たとえばトータルビューティーを売りにしているお店では、ハンドマッサージやネイル、エステ、まつげエクステ、ヘッドスパといった特殊なメニューも用意しています。

美容師の業務の内容

美容師が提供する施術はさまざまなものがありますが、代表的なものは以下の通りです。

カウンセリング

お客さまが来店されると、まずはカウンセリングを行います。

どんな髪型にしたいのか要望をしっかりと聞き、希望のヘアスタイルをイメージします。

シャンプーをする前に、どのように髪が生えているのか、普段はどんなスタイリングをしているのかなどのチェックも行います。

シャンプー・ブロー

お客さまにとって気持ちのいいシャンプーをするためには練習が必要です。

新人美容師は、入店後しばらくシャンプーの技術を学び、シャンプーを専門に行うことになります。

カット

全体のバランスや髪の生え具合を見ながらカットをします。

乾かしたときにもまとまりがあるようにカットすることが大切です。

また、髪が伸びてもバランスを保てるようにカットできるのが一人前の美容師です。

カラーリング

お客さまの要望によりカラー剤を塗って髪の色を変えます。

ヘアカラーの専門家である「カラーリスト」という職種もあります。

パーマ

店舗によってさまざまなパーマがあり、専門的な知識が必要です。

パーマのかかり具合は髪質によって異なるため、慎重な対応が必要です。

セット

ひと通りの施術が終わったら、セットを行います。

お客さまが自宅で一人でもできるようにセットの仕方もお伝えします。

結婚式などのイベント時には、セットのみのために来店するお客さまもいます。

ネイル

「トータルビューティー」を掲げる美容室が増え、ネイルの技術を身につける美容師が増えています。

専門のネイリストが常駐している美容室もあります。

着付け

成人式のときなど、着付けの技術があると重宝されます。

着付けができる人に対して、特別手当が出る美容室もあります。

美容師の役割

美容師の役割は、髪の毛を美しく整えることです。

ヘアスタイルは、その人の印象を大きく変えるものです。

お客さまは「こうなりたい」というイメージを持って美容室を訪れるため、美容師はそのイメージを聞き出し、実際に再現できなくてはなりません。

そのため、技術はもちろんですがセンスが必要な仕事でもあります。

美容師は自分の腕一本で仕事をする技術者、そしてセンスを生かしてヘアスタイルを作り出すアーティストの二つの役割を持っているのです。

美容師の勤務先の種類

美容師の活躍の場は美容室や美容院・ヘアサロンなどが一般的ですが、ほかにもさまざまな活躍の場があります。

新郎新婦や来客のヘアセットを行う結婚式場、芸能人のヘアセットを行うテレビ局、モデルのヘアセットを行う雑誌の撮影やファッションショーなど、さまざまな場所で美容師が活躍しています。

ヘアアレンジとメイクを同時に行えるスキルを身に付け、女優やモデルなどにメイクを施すメイクアップアーティストに転身する人もいます。

美容師の勤務先と仕事内容の違い

美容師の仕事の流れ

お客さまが来店すると、まずは受付をします。

受付などの事務作業は見習いやアシスタントがする場合が多いです。

お客さまを席に案内し、本日の施術メニューを確認します。

施術メニューによって、シャンプーは後か先か、どのくらいの時間がかかるかを考えながら施術していきます。

カラーやパーマによっては数時間かかることもあるため、美容師の仕事はお客さまと向き合う時間が長いことが特徴です。

施術がすべて終わると、お客さまと仕上がりを確認し、満足いただけたら終了です。

その後は次回の予約をとったり、会計をしたりしてお客さまをお見送りします。

美容師と関連した職業

美容師と理容師の違い

美容師と理容師では、仕事をする上で必要となる免許が異なります。

美容師は美容師免許、理容師は理容師免許を取得しなくてはなりません。

美容師と理容師は仕事内容が重なる部分もありますが、決定的な違いは「顔剃り」ができるかどうかという点です。

理容師免許では顔剃りが認められていますが、美容師免許では「メイクをするにあたって必要な施術」としてしか顔剃りが認められていません。

また美容師と理容師には、それぞれの役割や業務内容を定めた法律、「美容師法」と「理容師法」があります。

美容師法では「『美容』とは、パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること」一方、理容師法では「『理容』とは、頭髪の刈込み、顔そり等の方法により容姿を整えること」とされています。

つまり、両者の施術の目的は「美しくする」のか「整えるのか」という違いがあり、美容は「おしゃれ」で、理容は「身だしなみ」と考えられています。

理容師の仕事

美容師とメイクアップアーティストの違い

メイクアップアーティストは、俳優や女優・モデル・タレントなどにメイクを施す仕事です。

ヘアメイクアップアーティストになるために資格は必要ではありませんが、メイクの専門学校で学び、関連企業に就職するというルートが一般的で、美容師から転身する人や美容師資格を持ちながらメイクアップアーティストとして働く人も多くいます。

美容師とメイクアップアーティストの違いは、美容師は髪に対してさまざまな施術をするのに対し、メイクアップアーティストはヘアアレンジやメイクがメインであることです。

ただし、美容師資格を持っているメイクアップアーティストは、髪に対する知識が豊富なだけでなく必要な際にはヘアカットもできるため、現場では重宝されます。

メイクアップアーティストの仕事