アパレル店員に向いている人・適性・必要なスキル

アパレル店員に向いている性格・適性

人と話すことが好き

店舗には、毎日さまざまなお客さまが来店します。

アパレル店員は常連さんと仲良く会話することもありますが、初めてのお客さまに接客をする機会も非常に多いです。

そのため、人と話すことが好きなのはもちろん、初対面の人にも人見知りせず、明るく話しかけられるような人が向いています。

よく知らない人と話すのは誰でも緊張するものですが、自分から積極的に心を開くことで、お客さまも徐々に心を開いてくれるでしょう。

ファッション・おしゃれに対する興味・関心

アパレルショップには、シーズンごとに新しい商品が続々と入荷するため、アパレル店員は商品知識を身に付けることは必須です。

また、流行のファッションに対する知識を深めることも仕事の一部です。

新しいことを覚えるのを苦にしない人、常に自分を磨き続けようという姿勢を持てる人がアパレル店員に向いています。

気持ちの切り替えが早い

アパレル店員はたくさんの人と接する仕事なだけに、ストレスも溜まりやすい仕事です。

思わぬミスでクレームを受けたとしても、暗い顔をしたまま仕事をしていてはさらなるミスに繋がってしまう可能性もあります。

嫌なことやつらいことがあっても、すぐに気持ちを切り替えて、いつでも笑顔で元気に働くことができる人こそがアパレル店員に向いているでしょう。

アパレル店員になるには

アパレル店員に必要なスキル・能力

商品やファッションに関する知識

アパレル店員は、お客さまからさまざまな質問を受けます。

お薦めのコーディネートや、そのシーズンのファッションの流行、サイズやカラー展開、洗濯やクリーニング方法になどその内容は多岐に渡ります。

アパレル店員は商品一つひとつの特徴を覚えるのはもちろん、ファッション業界全体の流れやトレンドに敏感である必要があり、常に知識を身に付け続けなければならない仕事です。

接客技術を磨き続ける心

アパレルメーカーにとって、ショップやアパレル店員は自社の顔です。

いくら魅力的なファッションアイテムを仕入れても、商品を棚へ置いているだけで売れるものではありません。

魅力的な売り場づくりや商品知識やセンスを武器にしたアパレル店員の後押しがあってこそ、お客さまは商品を買ってくれるのです。

そのためアパレル店員の担う役割と責任は、自社の経営に直結する重要なもので、近年はアパレル店員の接客レベルを向上させるため、接客技術を競う「接客コンテスト」を開催する企業もあります。

美意識を持ち続けること

アパレル店員は、決して美男美女でなければ務まらない仕事ではありません。

一部の高級ブランドでは容姿端麗であることを望むところもあるものの、生まれつきの顔や体型よりも「人にどう見られるか?」を意識することのほうがよほど大事です。

アパレル店員の身だしなみや立ち振る舞いがだらしなければ、その店で服を買いたいとは思えなくなるものです。

ショップによって服のテイストや雰囲気は異なりますが、自分なりの美意識を持って売り場に立つことが求められます。

アパレル店員に向いていないのはどんな人?

ファッションセンスがないとアパレル店員にはなれない?

アパレル店員にファッションセンスはもちろん必要ですが、すべてのアパレル店員がはじめからファッションセンスを身に付けていたわけではありません。

多くの人は、仕事を始めてから先輩の仕事ぶりを見たり、研修を受けたり、インターネットや雑誌などで知識を身に付けたりして少しずつ勉強して身に付けていったのです。

ファッションセンスに自信がないという人でも、勉強し続ける姿勢と、おしゃれやファッションが好きという情熱があれば、アパレル店員には十分なることができます。

太ってる人でもアパレル店員になれる?

体型に自信がなくアパレル店員になれないと考える人もいるでしょう。

一般的にアパレル店員は、そのブランドの服を着用するため、ブランドから発売されている商品を着こなせないほど太っていては採用されることは難しいでしょう。

しかし近年は、ふくよかな体型の人のためのブランドやビッグサイズを専門に扱う店舗なども増えているため、店舗やブランドを選べば必ずしもアパレル店員になれないというわけではありません。

場合によっては体型を武器に、太っている人に対しアイテム選びのアドバイスをしたりコーディネートのコツを教えたりと、相手に寄り添った仕事をすることも可能でしょう。