「レセプショニスト」とは

レセプショニスト_画像

病院、ホテル、サロンなどにおける受付係やフロントとして働く人のこと。

レセプショニストは、病院、ホテル、サロンなどにおける受付係やフロントとして働く人のことをいいます。

その場の顔となってお客さまを迎えたり、誘導、サービスの説明、電話受付、掃除など多様な業務を担います。

この仕事は特別な資格が求められるものではありませんが、接客マナーや正しい言葉遣いなどができることが必須です。

雇用形態は正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートなど多岐に渡りますが、未経験でもスタートできる職場が多いため、平均年収はさほど高くないようです。

近年は、観光客の増加に伴い、外国語を話すことができるレセプショニストが重宝されています。

語学力など強みを持っていれば、より良い条件で就職できたり、活躍の場を広げたりすることができるかもしれません。

「レセプショニスト」の仕事紹介

レセプショニストの仕事内容

お客様を最初にお迎えする存在

レセプショ二ストとは、受付係やフロントの総称です。

病院、ホール、ホテル、美容院、エステティックサロンなど、多種多様な業種において、各施設の顔としてお客さまを迎える仕事です。

受付業務に付随して、提供サービスを説明したり、会場を案内したりする役割を担います。

またサロンであれば、予約を受け、個人情報を入力する場面もあります。

レセプショ二ストの仕事がどの範囲をさすか、明解なラインを引くのは難しいです。

また、勤務先の業態によっても仕事の内容が変化し、求められる能力も様々です。

例えば、勤務先がホテルの場合、外国人客も多いことから、一定レベルの英会話能力があることが望ましいとされます。

全てに共通することは、その場を訪問するお客様が最初に会うスタッフがレセプショ二ストであるということです。

施設の第一印象に影響を与え、顧客との間の架け橋として重要な役目を果たす仕事といえます。

レセプショニストの就職先・活躍の場

多種多様な業界で活躍できる

レセプショ二ストは、受付係やフロントの総称で、多種多様な業界に活躍の場があります。

一般企業や病院、ホテル、レストラン、劇場(ホール)、美容室などがありますが、そこで求められる仕事内容は異なってきます。

勤務先によっては、会計業務や清掃業務などが、業務に加わることもあります。

就職企業の規模も上場企業から、個人経営まであり、勤務条件がよいところは競争率が高くなります。

企業や劇場によっては、レセプショ二スト業務は外部の企業に委託しているところもあります。

そのため派遣会社に登録して、派遣された場所で、単発的に業務にあたる人もいます。

レセプショニストの1日

勤務先の就業規則に準ずる

勤務する会社により、勤務時間は異なります。

一般企業であれば、通常の会社員のように9時~18時前後の勤務になります。

美容院、レストラン、ホテルなどでは、遅番・早番のシフト勤務が多いです。

今回はホテルのレセプショ二スト(フロント係)の1日をご紹介します。

8:00 出勤・勤務開始
制服に着替え、フロントへ行き、スタッフ同士の引継ぎを行います。
10時くらいまではチェックアウト業務をメインに行います。

10:00 精算、清掃など
チェックアウト後は、精算業務を行います。
同時に午後のチェックインに備え、フロントやロビー周りの清掃を行います。
事前に郵送されるお客様の荷物などを受取、保管を行います、

12:00 休憩

13:00 午後の勤務開始
予約入力や電話対応を行いつつ、チェックイン業務をメインに行います。

17:00 退社
遅番への引継ぎを行い、退社します。

レセプショニストになるには

特別な資格は不要

レセプショ二ストになるためには、とくに必要な資格はありません。

しかし、お客様の第一印象を左右する重要な役割を担うことから、接客スキル、ビジネスマナー、正しい言葉遣いを身につけておく必要があります。

求人募集では未経験者でも可というところも多いので、積極的に応募してみるとよいでしょう。

最近は、顧客管理をデータ化している企業が多いため、パソコンの基本操作を身につける必要があります。

さらに、ホテルやコンサートホールなどは、外国のお客様も多いことから、語学力が要求される場合もあります。

病院などのレセプショ二ストは、医療事務の資格を有していると採用に有利になることもあります。

レセプショニストの給料・年収

雇用形態、勤務先により異なる

レセプショ二ストの年収は、雇用形態、業種、勤務先により異なるため、一概にはいえません。

初任給は18万~20万円前後というところが多いようです。

アルバイトの場合、時給は1,000円~1,500円前後が相場です。

全体的な給与相場は高いとはいえませんが、キャリアアップ制度やインセンティブ・ボーナスプログラムを導入する企業も多く、やる気や向上心次第で年収アップも可能です

働き方は正社員、派遣社員、契約社員、アルバイトなど多種多様な雇用形態があります。

給料アップを望む場合は、安定した正社員職を目指すほうがいいでしょう。

レセプショニストのやりがい、楽しさ

お客様から感謝される

レセプショ二ストは最初にお客様と接します。

お客様に満足してもらうためには、臨機応変に動き、その場に応じたサービスを提供する必要があります。

お客様に心地よいと思ってもらえた場合、「ありがとう」と感謝され、喜びにつながります。

自分の対応により、お客様が企業に抱く印象も変わるため、貢献度の大きさも感じます。

自分の接遇スキルも自然と向上し、自分の成長を実感できる仕事でもあります。

また、沢山の人と接する仕事であり、刺激をもらったり、学んだりすることもあります。

レセプショニストのつらいこと、大変なこと

クレーム処理を担当することも多い

レセプショ二ストは最初にお客様と接する企業やイベントの「顔」です。

お客様にとっては最も近い存在であるため、クレームを受けることが多いです。

自分自身のミスだけでなく、イベントや企業に対する不満、時には理不尽な要求もあります。

レセプショ二ストは、真摯に話を聞き、適切な解決策や対応を提案する必要があります。

マニュアルが役にたたないことが多い業務のなかでも、神経を使い、精神的にきついです。

また不規則な生活になりがちななか、常に笑顔で人に接する必要があり、大変です。

レセプショニストに向いている人・適性

人と接するのが好きで、真摯な人

レセプショ二ストは、お客様を最初に迎えるポジションです。

そのため、礼儀正しく丁寧な姿勢で、お客様の要望をしっかりと聞き、適切に応えていくことが必要です。

相手のことを思いやった行動がとれ、トラブルなどの解決にも積極的に対応できるコミュニケーション能力が求められます。

多くの人と接するため、人と関わることが得意な人に向いています。

一方で、内気な人であっても、きちんと相手に寄り添う姿勢や思いやる心があれば、レセプショ二ストとして責務を果たせるでしょう。

レセプショニスト志望動機・目指すきっかけ

人と接することが好き

レセプショ二ストは、華やかなイメージがあり、特に若い女性に人気の仕事です。

しかし、実際は臨機応変な対応が求められる大変なことが多い仕事でもあります。

目指すきっかけは、人と接することが好きというものでも、長く続けるためには、必要なスキルや知識を身につけていく必要があります。

また勤務先や業種によっては、語学力が求められる面もあり、英語や中国語に堪能な人が志望することもあります。

志望動機では目指すレセプショ二スト像を明確にしておくとよいでしょう。

レセプショニストの雇用形態・働き方

多種多様な雇用形態がある

レセプショ二ストは多種多様な働き方が可能です。

正社員として勤務する人もいますが、派遣社員、契約社員、アルバイトで働く人もいます。

企業やイベントによっては、フロント業務は外部企業に委託しているところもあります。

イベントやコンサートによっては、1日~短期間で勤務可能というものもあります。

フルタイムでバリバリ働く人もいれば、育児や家事をしながら自分のペース働く人もいます。

比較的、自分のライフスタイルや希望にあった働き方がしやすい職種でしょう。

レセプショニストの勤務時間・休日・生活

不規則な勤務になることも多い

勤務時間は、勤務する会社や携わるイベントなどにより異なります。

一般的な会社や病院のレセプショ二ストは、通常の会社員と同じような9時~18時の勤務が多いです。

これらの企業では休日も土日になることが多く、規則的な勤務でしょう。

一方、ホテルやレストランなどのサービス業では、シフト制が多く導入されています。

休日もシフト制のため、不規則な生活になりがちです。

またホールやイベント会場などでは、開演が夕方からの場合が多いため、レセプショ二ストの仕事も午後からの開始になる場合が多いでしょう。

レセプショニストの求人・就職状況・需要

求人は比較的多い傾向にある

レセプショ二ストは、ホテル、エステ、ネイルサロン、病院、劇場、イベントホール、というように、いろいろな就職先があります。

雇用形態に関しても、アルバイト、パート、派遣、正社員というように、たくさんの選択肢があります。

そのため、業種や雇用形態にこだわらなければ、求人は多く、比較的なりやすいでしょう。

給与条件が良い、人気の企業などは、競争率も高くなり、語学力がある人や経験者が優遇される傾向にあります。

求人は直接企業がレセプショ二ストを募集するケースのほか、ホテルのように入社後にレセプショ二スト業務に配属されるケースもあります。

また派遣会社にレセプショ二ストとして登録して、求人先に派遣されるケースもあります。

レセプショニストの転職状況・未経験採用

未経験でもチャレンジしやすい

レセプショ二ストの求人は、一部の人気企業などをのぞき、特別な資格や学歴は不要とすることも多いです。

雇用形態も選択肢が多く、最初はアルバイトや派遣社員として、スタートアップし正社員を目指す人も多いです。

一方で人気企業などでは競争率も高く、語学力の高さやマナー検定取得などが採用に役立つでしょう。

特に未経験採用や転職の場合は、強みとなる資格を取得し、短期でも経験を積んでおきましょう。

またレセプショ二ストとして大切なのは、接客スキル、ビジネスマナー、正しい言葉遣いです。

未経験であっても、接客経験などがある場合は有利に働くでしょう。

レセプショニストの現状と将来性・今後の見通し

語学力の重要性は増す

現在、レセプショ二ストは男性よりも女性の比率が圧倒的に高い職種です。

仕事の内容を考えると、今後もその傾向は変わらないでしょう。

最近は、IT技術の進歩による機械化が進み、無人受付アプリの導入などを行う企業があります。

また人件費削減のため、受付の正社員採用をやめ、外部企業に委託する企業もあります。

そのため、単純な受付業務のみのレセプショ二ストは、減少が懸念されています。

一方、レセプショ二ストは臨機応変な対応が必要な局面もあり、機械では難しい部分もあります。

自分のスキルを向上させる努力を続けるレセプショ二ストは、生き残れるでしょう。

最近は、観光客の増加に伴い、外国語を話すことができるレセプショニストが重宝されています。