このサイトはレセプショニストを目指す人のための情報サイトです。

レセプショニストとは?

レセプショニストは、病院、ホテル、サロンなどにおける受付係やフロントとして働く人のことをいいます。その場の顔となってお客さまを迎えたり、誘導、サービスの説明、電話受付、掃除など多様な業務を担います。この仕事は特別な資格が求められるものではありませんが、接客マナーや正しい言葉遣いなどができることが必須です。雇用形態は正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートなど多岐に渡りますが、未経験でもスタートできる職場が多いため、平均年収はさほど高くないようです。近年は、観光客の増加に伴い、外国語を話すことができるレセプショニストが重宝されています。語学力など強みを持っていれば、より良い条件で就職できたり、活躍の場を広げたりすることができるかもしれません。

レセプショ二ストの仕事内容

レセプショ二ストとは受付係やフロントの総称です。

病院、ホール、ホテル、美容院、エステティックサロンなど、多種多様な業種において、各施設の顔としてお客さまを迎える仕事です。

さらに、サービスを説明したり、サポートしたりする役割を担います。

イベントホールであれば会場内の案内から、座席への誘導などを行います。サロンであれば、予約での電話受付から、掃除、売上の計算など、作業内容が広範囲に渡る場合もあります。

そのため、どの範囲までがレセプショ二ストの仕事であるのか、明解なラインを引くのは難しいでしょう。

また、勤務先によっても仕事の内容が変化するため、どの業種かに関わらず、勤務先の業務内容をしっかりと理解することが求められます。

施設のイメージに影響を与え、顧客との間の架け橋として重要な役目を果たす仕事といえます。

レセプショ二ストになるには・必要な資格は?

レセプショ二ストになるためには、とくに必要な資格はありませんが、社会人としてのマナーや接客マナーを身に付けることが大切です。

求人募集では未経験者でも問題にならない場合が多いので、レセプショ二ストの仕事に興味がある場合は積極的に応募してみるとよいでしょう。

また、顧客の受付やサポートだけではなく、顧客データの管理など、パソコンを使う機会も増えてきています。

そのため、パソコンの基本操作はできるようにしておくと、あとあと困りません。

さらに、業種によっては海外からのお客様を迎えることもあり、語学力が要求される場合もあります。

業種によっては、英語検定、マナー検定、秘書検定、ビジネス能力検定などを受験し、必要なスキルを身に付けるのもよいでしょう。

レセプショ二ストに向いている人

レセプショ二ストには、人と接するのが好きな人が向いているといえます。

また、相手の質問に親身になって答えられ、トラブルなどの解決にも積極的に対応できるコミュニケーション能力が求められます。

対人関係が得意な人におすすめな仕事ではありますが、内気な人がレセプショ二ストに向いていないわけではありません。

自分から話すのが苦手であっても、他の人の話すことをしっかり聞いてあげることができ、親身に対応できるのであれば、レセプショ二ストとしての責任を果たすことができるでしょう。

向上心があれば、レセプショ二ストとして働きながら、必要なスキルを増やしていくことも可能です。

また勤務先によって作業の内容も変化するため、常に新しいことを覚えることに前向きな人にも向いているといえます。

レセプショ二ストの就職状況・雇用形態

レセプショ二ストは業種によって就職先や就職状況が異なります。

ホテル、エステやネイルなどのサロン、病院、劇場、イベントホール、というように、いろいろな就職先があります。

そのためとくにこの業種というのにこだわるのでなければ就職探しで困ることはそれほどありません。

ただ、業種や就職先によって仕事の内容も変わりますので、就職の際にはどのような仕事になるのか、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

なお雇用形態に関しても、アルバイト、パート、派遣、正社員というように、たくさんの選択肢があります。

就職状況も雇用形態も一定ではなく、いろいろな面において選択肢が広いのがレセプショ二ストとして就職する場合の特徴と言えるようです。

レセプショ二ストの給料・年収・待遇

レセプショ二ストの収入や待遇はどの業種なのか、また勤務先によっても大きな違いが見られますが、初任給の場合、月給で18万~20万前後の場合が多いようです。

アルバイトやパートの場合は平均時給が1000円~1500円前後になりますが、業種や条件によっても違いが見られます。

未経験者の採用率は比較的高く、社内研修などで必要な知識を身に付けることができる場合も多いため、やる気や学習意欲があれば、未経験者、経験者に関わらず、安心して働くことができる仕事といえるでしょう。

また、キャリアアップ制度やインセンティブ・ボーナスプログラムなどが用意されている場合もあるようです。

レセプショ二ストの生活・勤務時間・休日

レセプショ二ストの勤務時間は、その雇用形態がアルバイトなのか、正社員なのかなど、雇用形態によって違います。

なお、勤務時間は雇用形態に関わらず、勤務先の会社や施設の営業開始時間に影響を受けます。

通常の会社であれば勤務時間は9時前後から18時前後になりますが、サロンや美容室などの場合は10時から21時前後の勤務で、シフト制になることが多いようです。

ホールやコンサート、演奏会場などの場合、開演が夕方からの場合が多いため、レセプショ二ストの仕事も午後からの開始になる場合が多いでしょう。

また、業種によって平日だけではなく、土日の勤務が必要になる場合もあります。

レセプショ二ストの現状と将来性

レセプショ二ストは多業種において必要とされる仕事です。経験や能力を身に付けていくことによって、さまざまな業種で働くことが可能になります。

未経験者の採用率も高いため、比較的就職しやすい仕事のひとつであるといえるでしょう。

ですが、現状では男性よりも女性の比率が圧倒的に高い職種であり、仕事の内容を考えると、今後もその傾向は変わらないでしょう。

近年は、観光客の増加に伴い、外国語を話すことができるレセプショニストが重宝されています。

一方で、IT技術の進歩による機械化が進み、人員削減を心配する声もあるようです。