パタンナーは在宅・フリーランスでも働ける?

在宅のパタンナー

フリーランスが中心

パタンナーは、在宅で仕事をすることも可能です。

在宅勤務の場合、そのほとんどの人はフリーランスで仕事をしており、会社など特定の組織には属さず、個人事業主として仕事を請け負っていくスタイルです。

在宅のパタンナーになるための資格などはとくにありませんが、専門性の高い職種であることから、経験の浅い人がいきなり独立しても成功するのは難しく、会社である程度の経験を積んでからフリーランスになるのが一般的なルートです。

在宅での働き方

在宅のパタンナーは、アパレルメーカーの「外注パタンナー」として仕事をしています。

給料は報酬として「1件あたりいくら」という形で得ることになるため、少しでも単価の高い仕事をたくさんすることで、収入は増えていきます。

大手企業の案件は単価が高めですが、最近は安価に発注できる海外の工場にパターン製作の依頼を回すケースも増えているため、外注パタンナーとしては厳しい状況にあるといわれます。

一部の実力あるパタンナーを除いて、1つの企業の仕事だけで食べていくことは大変かもしれませんが、外注パタンナーを随時募集している中小のアパレルメーカーも多くあるため、積極的に仕事を探していくとよいでしょう。

在宅で働くメリット・デメリット

パタンナーとして在宅で働く場合のメリットは、正社員のように所属している会社の仕事しかできないという制限がないことだといえます。

複数のアパレルメーカーと取引を行いさまざまな案件に挑戦することができるため、スキルアップを図るにはうってつけといえるでしょう。

また勤務時間に縛りがないため、クライアントとのコミュニケーションをきちんとして納期さえ守れば、自由な時間に仕事ができ自分のペースで仕事を進めやすいことも、メリットのひとつだといえます。

一方、最大のデメリットとしては、案件がなければ収入がゼロになってしまうという点でしょう。

会社に守られて働くというスタイルではないため、向き不向きも比較的出やすいといえます。

また、パタンナーとしての業務以外に、営業や経理などの雑務もしなくてはならないため、そういったところに時間を使う必要が出てきます。

フリーランスのパタンナー

フリーランスのパタンナーになるには?

最初からフリーランスのパタンナーになるのはまず不可能です。

経験がものをいう世界でアパレルメーカーなどで経験を積んでおらず、また人脈もない人にパターン製作の仕事が来ることはありません。

専門学校などでパターンの勉強をし、アパレルメーカーなどに就職して、そこで経験を積み、人脈を構築してキャリアアップをした上で、独立してフリーのパタンナーになる可能性が増えてくるでしょう。

より安全な独立を目指すなら、フリーランスになろうとしている先輩パタンナーに付いていくという形もおすすめです。

フリーランスのパタンナーの給料・待遇

フリーランスになると、依頼された仕事ごとに報酬が支払われる仕組みになるので、いわば完全歩合給です。

1件あたり安いものだと数千円、高いもので10万円前後という単価でパターン製作を引き受けることになります。

独立直後は会社員時代よりも年収が下がる人が大半ですが、そこから頭角を現して活躍しているパタンナーは、フリーランスになってからのほうが年収は多くなっています。

フリーランスで働くメリットとデメリット

フリーランスになるということは自分の生活に合わせた働き方ができるので、プライベートを充実させたいと思っている人にはとても魅力的です。

また、優秀な人だと仕事がどんどん入ってくるので、より単価の高い仕事を選んでバリバリとこなせば収入もアップします。

一方で、仕事が来ないフリーランスのパタンナーの生活は厳しいものになります。

フリーランスになってから仕事が来るかどうかは技術力だけでなく、人脈やその人の人望も深く関係しているため、フリーで活躍できるだけの技術力と人間力が備わっているか、それをしっかりと判断してから独立するべきでしょう。

家庭や育児と両立しながら働くフリーランスのパタンナー

フリーランスのパタンナーの中には結婚や出産を経て、自宅でパターン製作を引き受けている人もいます。

女性の場合、どうしても結婚や出産で一度仕事から離れることが多いのですが、技術さえあればフリーランスで活躍することも充分可能です。

ネット上にはこうした主婦パタンナーの人たちが個性を発揮した型紙を販売したり、型紙製作を請け負ったりしているサイトも多くあります。