ファッションデザイナーの1日のスケジュール・生活スタイル

ファッションデザイナーの生活スタイル

仕事そのものが趣味

ファッションデザイナーという職業を選ぶ人は、もともと衣服が好きで、デザインに興味がある人ばかりです。

ファッションデザイナーとは趣味がそのまま仕事になったという人が多く、一日中衣服のことで頭をいっぱいにしながら働いている人が多いようです。

納期が迫っているときは休日出勤や残業が多く仕事が不規則になってしまうこともありますが、好きなことだから耐えられるという一面もあるようです。

ファッションデザイナーは忙しく、体力的には過酷といえる仕事かもしれませんが、作り出した服をお客さまが喜んでもらえるといった大きなやりがいを感じることができる職業でもあるだけに、ファッションデザイナーの生活が仕事一色になってしまうのは、仕方がないことなのかもしれません。

休日もデザイナーの視点を忘れない

もちろん体力的な問題もありますから、休めるときには休むことも必要です。

しかし休日だからといって家にこもりきりになるのではなく、実際に街を歩いてさまざまなファッション情報を吸収したり、美術やスポーツなど経験をしたり見識を広めたりして、情報を集めていく必要があります。

デザイナーのなかには、映画やテレビドラマを見ても、内容よりも役者が着ている服が気になってしてしまうために内容を楽しめないという人もいるほどです。

これは普段からデザイナーの視点でものをみる癖がついているからこそのことで、普段から仕事の視点になっている人が多いということでしょう。

自分磨きを欠かさない

ファッションデザイナーという職業は、常に人から見られることを意識しなければいけない職業です。

ファッションの専門家という立場ですから、デザイナー自身が流行遅れの服を着ていたり髪型の手入れを怠っていたりすると、それだけで「この人はセンスがない」と思われてしまう可能性があるのです。

ですからファッションデザイナーは自分を磨くことにも力を入れており、美容院やネイルサロンに頻繁に通って髪型や爪の手入れをしたり、好きな服を着るために体型を維持したりするということも実は重要なことです。

アパレルメーカーで働くファッションデザイナーの1日

ファッションデザイナーだからと言って、一日中デザイン画を描いてばかりいるわけではありません。

意外に仕事の幅が広く、机に座っているだけの一日ではないことも多いのです。

10:00 出社
ファッション・アパレル業界はあまり朝が早くない業界なので、遅めの出社となることが多いです。
10:30 一日の仕事整理&デザイン画作成
他の会社も朝が早いところは少ないため、午前中は社内業務が多くなりがちです。

午後からの打ち合わせの準備をすることもあります。

12:00 昼食
13:00 企画会議、社外の関係者と打ち合わせ
ファッション・アパレル業界が本格的に動き出すのは午後なので、時間に会議や打ち合わせが多くなります。

ファッションデザイナーが出席する会議の多くは新企画やデザインについてのものなので、ファッションデザイナーが出席しないと話が前に進みません。

会議でも中心的な役割を担って、積極的に発言したりプレゼンテーションしたりすることが多くなります。

16:00 デザイン画作成
会議や打ち合わせで決まったコンセプトに沿ったデザイン画のラフを作成します。
18:00 最新情報や流行の調査
雑誌やテレビ、SNSなどをチェックし、他のデザイナーと話し込むことも。

国内だけでなく海外の動向もおさえておきます。

20:00 帰宅
仕事が詰まっているときはさらに残業することもあります。

ファッションデザイナーの勤務時間・休日・仕事は激務?