エステティシャンの需要・現状と将来性

エステティシャンの現状

一昔前までは、エステと言えば芸能人やセレブが通うイメージがあり、庶民には敷居が高いものと思われていました。

しかし最近では、一般の人でも通いやすい価格帯のエステが増え、エステはより身近な場所になったと言えます。

しかし、エステに通いやすくなりエステが増えたことで、エステ業界全体の価格競争や、サービスの質の低下などさまざまな問題も起き始めています。

エステティシャンの需要

エステティシャンは専門的な技術・知識を要する仕事ですが、経験を積むことで開業することが可能です。

施術スペースとベッドさえ用意できれば施術を行うことができるため、個人によるサロン経営は増加傾向にあるようです。

個人開業の際は、大型チェーンのようにいくつもの美容器具を置いてさまざまなサービスを提供するのはなかなか難しいため、フェイシャルエステ・ボディエステ・脱毛など、専門分野に特化したサービスを提供することが多いようです。

このように、プライベート感覚で利用できる個人サロンは今後も需要が高まるものと思われます。

こういったサロンは地域に根差し、よりお客さまと近い距離で接することになるため、アットホームな雰囲気づくりや、お客さまとの密なコミュニケーションが重要になってきます。

エステティシャンの将来性

美容に対する需要は、いつの時代でもなくなることはありません。

とくに近年はサロンの増加、技術の進歩などにより、業界全体としてハイレベルな施術やサービスが求められるようになっていると同時に、質の高いエステティシャンの需要も高まっています。

エステティシャン志望者は増えているようですが、残念ながら勤務時間や給与などの労働条件が整っていない職場も多く、有能なエステティシャンが早々に現場を去ってしまうという現状もあります。

こうした状況を改善すべく、高い給与で実力あるエステティシャンを雇ったり、休日がきちんととれる仕組みを整えたりするエステ企業も出始めています。

エステサロンは乱立傾向にあるため、求人情報をしっかりとチェックし自分で安心して働ける職場を見つけること、また安定した環境で働きたい場合には確かな知識を習得し、どこでも通用する技術を持ち合わせることが重要といえるでしょう。

エステティシャンの今後の活躍の場

時代の変遷とともに、エステ業界にも新たな波が押し寄せています。

もともと「美容といえば女性のもの」いうイメージが根強く、エステサロンを利用するのも女性というイメージがありました。

しかし、近年は男性の美への関心も高まっています。

メンズエステ専門店や、男性向けの新たな美容サービスを行うエステが次々と登場しています

今後こういった流れはさらに加速すると予想されています。

エステティシャンとしても男性への施術機会が増えると同時に、男性のエステティシャンと働く可能性も増えてくるでしょう。

また、女性とは違う身体を扱うため、より幅広い知識の習得が必要となってくるでしょう。