ファッションデザイナーになるには? 必要な資格はある?

ファッションデザイナーになるまでの道のり

服飾系専門学校へ進学する

ファッションデザイナーになるためには専門的な知識や技術を必要とするため、服飾系の専門学校を卒業してからアパレルメーカーなどに就職するというルートが一般的です。

学歴も資格も関係がない世界ですが、多くのファッションデザイナーは専門学校で洋服づくりの基礎を学び、有名デザイナーは美術系の大学よりも専門学校を卒業している人が多いようです。

アパレルメーカー等に就職する

ファッションデザイナーにはコンテストがあり、何らかの賞を受賞して知名度を上げて独立したりフリーになったりすることもありますが、経験も必要なため、専門の学校を卒業してすぐに独立したりフリーになる人はほとんどいません。

専門学校卒業後はアパレルメーカーに就職し、企業内のデザイナーとして働くのが一般的です。

まずはアシスタントとして経験を積みながら繊維や生地などの素材や流行の捉え方などさまざまなことを学び、ファッションデザイナーに必要な知識と経験を身につけます。

競争率が厳しい世界であり、自分の好きな服をデザインできるようになるまでの道のりは簡単ではなく、特に有名ブランドのファッションショーの服をデザインしたり、自分のブランドを立ち上げたりすることができる人は、ごくわずかという厳しい現実があります。

ファッションデザイナーの資格・難易度

資格は必須ではない

ファッションデザイナーになるにあたって「この資格がなければ働けない」という資格はありません。

しかし、アパレルメーカーなどの企業に就職する場合、資格の有無が役職に上がる場合の条件になっている場合もあるため、自分の知識やスキルを試すために資格を取得するという人も多いようです。

洋裁技術認定試験

洋裁技術認定試験は、財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する検定で、基礎の初級、専門の中級、実務レベルの上級といったレベルがあり、衣服を製作するための知識と技術が審査されます。

参考:財団法人日本ファッション教育振興協会 洋裁技術認定試験

パターンメーキング技術検定

パターンメーキング技術検定は、財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する検定で、型紙を作るパタンナーという職業の技術試験です。

3級から1級があり、3級は入門、2級は専門、1級は実務レベルになります。
参考:財団法人日本ファッション教育振興協会パターンメーキング技術検定

ファッション色彩能力検定

ファッション色彩能力検定は、色彩に関する知識や色彩感覚と運用能力を審査される資格試験で、3級から1級があり、3級は入門、2級は専門、1級は実務レベルになっています。
このほかにも、東京商工会議所で、「カラーコーディネーター検定試験」を主催しています。

参考:財団法人日本ファッション教育振興協会ファッション色彩能力検定
参考:東京商工会議所 カラーコーディネーター検定試験

パソコンに関連する資格

仕事におけるプレゼンテーション資料や取引先への請求書を作る上ではWordやExcel、PowerPointなどの基本スキルは絶対に身につけておいたほうが便利です。

また、デザインという仕事を専門にする以上は、IllustratorやPhotoshopのような画像加工ソフトを使いこなせるようになっておくと、仕事の幅が広がります。

いずれ自分でブランドを立ち上げる際にはHPを作ることもあるので、Webに関する基本知識やプロモーションに関する知識もあったほうがよいでしょう。

このようなパソコン関係の資格として、「マイクロソフトオフィススペシャリスト」「Illustratorクリエイター能力認定試験」「Photoshopクリエイター能力試験」などがあります。

ファッションデザイナーになるための学校の種類

服飾系専門学校へ進学

ファッションデザイナーになるためには専門的な知識と技術が必要です。

そのためファッションデザイナーを目指す場合、専門の学科がある大学を卒業するか、服飾関係の専門学校を卒業してからファッションデザイナーとなります。

東京の学校が有利?

服飾関係の専門学校は全国にありますから、必ずしも東京の大学や専門学校で勉強しなければならないということはありません。

また東京の方が就職は有利かというと、必ずしもそうではありません。

ファッションデザイナーの求人は全国で行われており、特に伝統的に繊維産業が集積している大阪や個性豊かなアパレルメーカーがある神戸、京都など近畿地方にも有望な就職先は多くあります。

確かに東京には他の府県に比べてアパレルメーカーなど企業が集中していますから、募集も多くあります。

しかしその分、東京にはファッションデザイナーを目指して勉強する人も多くいますから、東京の方が有利というわけではなく、むしろ競争率が激しいといっていいのです。

ファッションデザイナーになるための学校と学費(大学・専門学校)

ファッションデザイナーに向いている人

想像力のある人

洋服は流行を見越してデザインしなければならないため、先を読む感覚が必要となります。

そしてそれを独創的なイメージで想像力を持って、デザインを作成していきます。

洋服が大好きで常にファッションのことを考えている人、次は何が流行するのか、どんな服が求められているのかを想像できる人が向いているでしょう。

手先の器用な人

ファッションデザイナーはデザイン画を描かなくてはならないため、頭の中にあるイメージを表現できるだけの力が求められます。

また自ら縫製を行うこともあるため、手先が器用であると望ましいでしょう。

ファッションデザイナーに向いている人・適性・必要なスキル

ファッションデザイナーのキャリアプラン・キャリアパス

まずはアシスタントから

ファッション業界は華やかな側面がある一方で、特殊な世界のなかで高い技術や優れたセンスがなければ生き抜いていけないという厳しい現実があり、職人がわざを競い合う世界でもあります。

こうしたなかでは、師匠と弟子、先輩と後輩という関係性の中で修行を行うことも多く、新人のファッションデザイナーはベテランデザイナーのアシスタントとして働くのが一般的です。

ベテランの指導を受けながら発想力やセンス、スキルを磨くことはもちろんですが、そのブランドのコンセプトや商品に求められることなども学びます。

一人前のファッションデザイナーになるために欠かせない修業期間ともいえ、数ヶ月ですぐに独り立ちさせるというところもあれば、数年は修行を積まないといけないところもあります。

また待遇的にも決して良くはないことが多く、アルバイトやパートと同じような雇用形態で働くこともあり、「絶対にこの道で独り立ちしたい」という強い気持ちがなければなかなか長続きはしないでしょう。

海外での修業

ファッションデザイナーの修行をする人の中には、海外留学という形で経験を積む人も少なくありません。

海外には世界的に有名なブランドがたくさんあり、そこには高い実力のあるデザイナーが所属しています。

またファッションショーも有名で、オートクチュールのファッションショーとしては最も名前が知られている「パリ・コレクション」も開催されています。

こうした本場のファッション業界で学ぶため、社会人になってから海外のブランドで働きながら修行をすることもありますし、服飾系の専門学校に通う学生が夏休みや春休みなどの長期休暇を利用して海外のデザインスクールに留学することもあります。

海外留学を経験するとデザインの技術や流行の最先端について学べるだけではなく、語学力やコミュニケーション能力を磨くこともできるのが大きなメリットです。

ファッションデザイナーの仕事道具

デザイン画を描くための筆記用具

ファッションデザイナーをめざすのであれば、デザインを描くためのデザイン画用具が必需品となります。

木炭や鉛筆のような筆記用具に加えて、鉛筆のような役割をする「擦筆(さっぴつ)」というものがあります。

デッサンなどで多用されている画材で、木炭や鉛筆で描写した上からこの擦筆を押さえつけることでグラデーションをつけることができます。

ガイドラインを引くときには三角定規や直線の定規を使うこともありますし、丸い部分を描くときには円定規や雲の形の曲線をした雲形定規を使うこともあります。

三角定規ひとつをとっても、二等辺三角形のもの(45度・90度)と直角三角形のもの(30度・60度・90度)などがあり、引きたい線の種類によって細かく使い分けることが大切です。

デザイン画を塗るための絵具類

ファッションのデザインにおいては、どのような色を使うかが重要なカギとなるため、色鉛筆や絵の具類もファッションデザイナーにとって欠かせない仕事道具です。

絵の具は水彩を使うことが多く、下絵を生かすために透明水彩を利用することもあります。

デザイン画を描くための用紙

デザインは、タイプ用紙やトレーシングペーパーを使って書くことが多く、こうした紙をさらに台紙に貼り付けることでデザイン画が完成します。

ファッションデザイナーを目指せる年齢は?

ファッションデザイナーになるために、特別な年齢制限はありませんが、一般的な企業と同じように目安としては20代から30代前半までといえるでしょう。

全くの未経験からとなると、専門学校に通って知識を身に付けたり、アシスタントとして下積みを経験しなくてはならないため、転職は一筋縄にはいかないでしょう。

ただし前職でデザインの経験がある、服飾に関しての知識があるなどのバックグラウンドがあれば、それ以上の年齢でもチャンスは全くないとはいえません。

ファッションデザイナーに関するデータ

1世帯における年間の被服および履物の支出額は、2011年まで減少が続いていましたが、近年は若干増加の傾向にあります。

1世帯当たり年間の品目別支出金額_被服および履物_2014

本気でファッションデザイナーを目指したい場合は、ファッションデザイナーの専門学校に通うことも一つの選択肢として検討しましょう。

ヒューマンアカデミーは、現場で活躍しているプロの指導を受けることができます。

ハリウッドでの海外研修も、ファッションデザイナーを目指す人にとっては大きな魅力といえるでしょう。

完全無料で詳しい資料を請求できますので、ファッションデザイナーになりたい人は、まずは無料資料請求してみてください。