エステティシャンは何歳まで働ける?

エステティシャンは何歳まで働ける?

体力と熱意があれば何歳まででも働ける

エステティシャンは、経験の浅い若手からベテランまでさまざまな人が活躍しています。

専門的な知識や技術を要する仕事として手に職をつけて長く働いていけるのは、エステティシャンの魅力でもあります。

ただし、実際にエステティシャンの求人情報を見ると、一般的なエステサロンでは「40歳くらいまで」を一つの区切りとして募集しているケースが多いようです。

しかしながら、中にはそれ以上の年齢になってからエステ業界に入り、研修を受けている人もいます。

業務をこなしていけるだけの体力、そして熱意がある限り、エステティシャンは年齢関係なく働き続けることができる仕事だといえるでしょう。

エステを利用する年配のお客様のなかには、ベテランのエステティシャンを好む人もいるため、年齢を重ねてもエステティシャンとしての需要は少なからずあります。

また今後は少子高齢化が進み、より高齢の方もエステに通うことが予想されることから、よりコミュニケーションが取りやすい年配のエステティシャンや経験を積んだエステティシャンが重宝されるようになるでしょう。

長く働くには厳しい一面も

エステティシャンは何歳になっても働くことができますが、実際に働いていると年齢とともに厳しさを感じることも増えてきます。

まずは仕事の内容が体力勝負でハードということです。

年齢を重ねるにつれて体力も落ちるため、腰痛などの悩みを抱えるエステティシャンも増えてきます。

さらにエステティシャンは土日や平日の夜遅くまで働くことが多いため、結婚・出産などを経て、仕事と家庭を両立することが難しくなるということも挙げられます。

女性が多い業界のため、大手サロンでは福利厚生が充実させたり、産前・産後休暇はもちろん託児所を併設させたりと工夫しているところもありますが、まだまだ少ないのが現状です。

また、採用側としては、同じレベルのエステティシャンが二人いた場合、長く働ける若いエステティシャンを優先的に採用したいと考えるエステサロンが多いのが現状です。

一つの職場で長く働き続けるのならば問題はありませんが、未経験でエステ業界に入ったり、別のエステサロンへの転職を考えたりする場合、年を重ねるほどに競争は激しくなると考えておいたほうがよいかもしれません。

長く働き続けるなら独立・開業を視野に

エステ業界では、勤めるサロンや企業によって給与や待遇に大きく差があることも多いです。

一般的なサラリーマンと同じように、長く務めるうちに昇進したり給与がアップしたりする職場もありますが、いくら長く働いてもさほど収入が上がらず、より良い勤務条件のエステサロンで働くために転職するエステティシャンも少なくありません。

会社の事情に振り回されずに活躍したい、自分のペースで長く働きたいというエステティシャンは、独立・開業を目標にするのがよいでしょう。

自分のサロンを経営すれば年齢関係なく一生働き続けられますし、売上が伸びれば伸びるほど収入を増やすことができます。