このサイトは着付け師を目指す人のための情報サイトです。

着付け師とは?

着付け師は、お客さまから依頼を受けて、着物を手早く、美しく着付ける仕事です。着付けの場は慶事から弔事まで多岐にわたり、状況に合わせた着付けを行うだけの技術が求められます。着付け師として働く人は、まず着付け教室に通って技術を学び、そのうえで美容院や写真館、呉服屋、結婚式場などで正社員として勤めるケースもあれば、着付けスタッフとして成人式や卒業式シーズンなどの繁忙期に限って依頼先に出向き、着付けを行うケースもあります。着付けの仕事だけで安定した収入を得るのは難しく、副業や趣味の延長で仕事をする人も少なくないようです。ただし、一度得た技術が一生モノになる点は強みです。またヘアメイクのスキルも併せて身につけることで、仕事の幅を広げられる可能性も高まるでしょう。

着付け師の仕事内容

着付け師はその名の通り、依頼を受けて着物を手早く美しく着付けることを主な仕事としています。

着付けの技術が優れていることはもちろんのこと、依頼者の状況に合わせた判断を適宜行いながら支度をする能力が必要です。

着付けの依頼は人生の節目にあたる機会にされることがほとんどです。

そのため、着付けの場は慶事から弔事まで多岐にわたります。これが前述の場に応じた判断が必要であることのゆえんです。

また、着付けに加えてメイクやヘアアレンジなどを手がけている人もいます。

その他にも着付け教室の講師として指導を行うことをメインに活動している着付け師も少なくありません。

着付け師になるには・必要な資格は?

着付け師になるためには言うまでもなく着物の支度ができる技術を得なければなりません。

そのためにまずは着付け教室に通い、適切な指導を受ける必要があります。着付け教室は大手のものから個人宅での指導、市民講座などさまざまな形態があり、通う期間やかかる費用もまちまちです。

教室に通う際は着物を一式用意しなければならないことが多いことも理解しておきましょう。

大手の教室の場合、独自の昇級制度や資格制度を設け、コース制をとっているところもあり、最上級のコースまで進むと、着付けの仕事をあっせんしてもらえることもあるようです。

着付けを生業とするためには特別な資格は不要ですが、教室を開いたり、着付けの講師を目指したりする場合は国家資格である着付け技能士の資格を取得することが必要になります。

美容院や写真館などに勤務して着付けの仕事をする場合は着付けの他にメインの仕事を行うことが多いため資格不問であることがほとんどです。

その代わり、理美容免許やメイクアップアーティストの資格を必須とする場合が多くなります。

着付け師に向いている人

着付け師には着物を着る人を最も美しく見せる完璧な着付けを行う技術が求められますが、それだけでは良い着付け師ということはできません。

着付けには決して短いとは言えない時間がかかるため、忍耐強い人でなければ務まらないといえます。

また、完璧な着付けを追求し少しのしわや乱れも見逃さない細やかな心遣いができる人に向いているでしょう。

着付けは依頼者と1対1で向き合う仕事であるため、接客者としての礼儀正しさは必須です。

加えて、初めて顔を合わせる依頼者と極めて近い距離で接することになるため、親しみやすさを感じさせる物腰や表情も大切になってきます。

着付けの場は慶事から弔事まで多岐にわたるため、場に応じた適切な判断や振る舞いも必要不可欠です。

着付けには帯をギュッと締めたり、おはしょりや着付け紐をグッと引っ張ったりなどの力仕事が数多くある上に、さまざまな体勢が要求されるため、体力勝負な一面もあります。

着付け師の就職状況・雇用形態

着付け師の働き方は様々であり、美容院や写真館、呉服屋、結婚式場などで正社員として働く形もあれば、着付けスタッフとして成人式や卒業式シーズンなどの繁忙期に限って依頼先に出向き、着付けを行う形もあります。

これらの求人は比較的豊富にありますが、理美容師の免許やメイクアップアーティストの資格などを必須としているものが多いことからもわかるように着付けがメイン業務とならない場合が多いことを心得ておきましょう。

その他、スタイリストの事務所に所属しながら和装スタイリストとして広告や雑誌などでも活躍している人もいますが、これもデザイン等の勉強を積んでいるかどうかに比重が置かれています。

最も着付け師としての要素が強い勤務形態は着物教室の講師として働くことです。

講師を目指すには、着付け教室に通って指導を受け、国家技能検定である着付け技能士の免状を取得する必要があります。

そうすると着付け教室での勤務や自宅での教室の開業が可能になります。

講師として働く場合、授業時のみの出勤となる場合が多く、給料もコマ数に応じて発生します。自宅での開業は自身の裁量で勤務することになるため、副業的であり、趣味の延長という要素が強くなってきます。

また講師業に携わる場合、ある程度上質な着物をいくつか持つ必要がある上、資格試験の受験や免状の申請などにも費用がかかるため、金銭面で苦労している人もいるようです。

着付け師の給料・年収・待遇

着付けの仕事だけで高収入を得るのはなかなか難しいというのが正直なところです。そのため、着付け師の多くは美容師を兼ねていたり、ヘアメイクアップも一緒に手がけていたりします。

美容院や写真館、呉服屋、結婚式場などに正社員として勤務し、着付けに携わっている人の場合、固定の月収に技術料が上乗せされて支払われるのが一般的です。

アルバイトとして前述のような施設で働く場合は1000円前後の時給が支払われます。

繁忙期のみ稼働する着付けスタッフの場合は半日で2万円前後の収入になるようですが、業務の特性上、着付けのスピードが要求されるため、誰でも働けるというわけではなさそうです。

大手教室で教鞭をとる着付け教室の講師は授業数で収入が決まります。1コマ当たり、2000円前後が平均です。

個人で教室を開いている講師の着付け師の場合はそれほど多くの生徒を抱えることができるわけではない上、通学期間も2ヶ月ほどにしかなりません。

そのため、宣伝費などを差し引くと利益はほとんど上がらず、半ば趣味の延長としてとらえている人も少なくありません。

着付け師の生活・勤務時間・休日

正社員として美容室や写真館、結婚式場などに努めている着付け師の場合は他職種と同様にフルタイムでの勤務となります。

着付けの依頼は日曜日、祝日に集中するため、休日は平日になることがほとんどです。パートやアルバイト、繁忙期限定スタッフとして働く場合も同様で一般的な休業日に働くことになります。

共通していえるのは着付けの依頼は午前中にされることが非常に多いため、早朝出勤になる場合が多いということです。

場合によっては遠方の現場や依頼者の自宅に直接出向くこともあり、かなり早い時間に起床することも珍しくありません。

一方、着付け教室の講師として雇われている場合は受け持ちの授業に間に合うように出勤し、終了後に退勤となります。自宅で着付け教室を開業している場合も授業時のみの稼働となるため、比較的、拘束時間は少ないといえるでしょう。

着付け師の現状と将来性

着付け師として活躍する人のほとんどが女性です。

着付け師の場合、一度得た技術は一生ものであるため、結婚や出産などでしばらくブランクができてしまっても、着付けに対する情熱や現在の生活における気持ちの余裕があれば仕事を再開することが十分に可能です。

現代社会において日常的に和服を着ることはめっきり減ってしまいましたが、特別な場には着物で臨みたいと考える女性は多く、その一方で自分で着付けができる人は少ないというのが現状です。

したがって、着付け師の需要はある程度あると考えてよいでしょう。

勤務形態や勤務地も豊富であるためその時のライフスタイルに合わせた働き方ができるのも大きな特徴です。

ただし、着付けの技術に加えてメイクやヘアスタイルのアレンジなどの美容技術を必須とする求人が多いのが現状です。これを視野に入れて常にスキルアップを目指す必要性があるといえるでしょう。

また着付け教室の開業に関しては大手との競合やかかる費用を考えると生計を立てるのは難しい場合もあります。これに関しては趣味の延長、副業程度に考えておいたほうがよいでしょう。