メイクアップアーティストのつらいこと・大変なこと・苦労

メイクアプップアーティストは憧れる職業のひとつですが、楽しいだけでなく、つらいこと・大変なことも存在します。

また、アシスタント時代は、すぐに稼げないことから、金銭面を理由に辞めてしまう人もいます。

この記事では、メイクアップアーティストのつらいこと・大変なこと・苦労について解説します。

メイクアップアーティストのつらいこと・大変なこと

メイクアップアーティストのつらいこと・大変なこと
  • 立ち仕事が多い
  • 対人仕事ならではのストレス

立ち仕事が多い

メイクを行う時は中腰の姿勢になることが多く、日常生活ではあまりとらない姿勢を長時間続けるため、慣れないうちは筋肉痛になったり、体力的につらいと感じたりするかもしれません。

また仕事に出る時は重いメイクボックスを両手で持ち運ぶことが多く、腰痛に悩まされる可能性があります。

ヘアメイクの現場はいつも慌ただしく、限られた時間内で現場を走り回るようなことも多くなるため、はなやかな一面とは裏腹に体力勝負の仕事でもあるのです。

対人仕事ならではのストレス

メイクアップアーティストは、現場慣れしているタレントやモデルと接するほか、携わる案件によっては一般のお客さまと接することもあるため若い人から年配の人まで、どんな人とも上手に会話できることが求められます。

相手にする人はそれぞれ個性も性格も違うので、中にはコミュニケーションがとりづらいと感じることもあるかもしれません。

そんな時でも、常に相手の希望を汲み取ろうと気を遣わなくてはならないため、人によっては気疲れしてしまうこともあります

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

メイクアップアーティストの悩み

拘束時間が長くスケジュール通りに進まない

どのような職場で働くのかにもよりますが、メディアの仕事であれば、一般の会社員のように朝から夕方までの勤務というわけにはいかず、ロケは深夜や早朝に行われることも日常茶飯事です。

メイクアップアーティストは夜中に現場入りし、仕事をはじめ徹夜での仕事を終え、仮眠をとって次の日は夕方から深夜まで働き、翌日は早朝から現場入り…といったように毎日不規則な時間で働かなければならない日もあります。

また、撮影はスケジュール通りに進まないこともしばしばあるため、メイクアップアーティストもそれに合わせなければならず、長時間の拘束になりがちです。

必然的に労働時間が長くなってしまうほか、帰宅時間や休日などが思い通りにいかないという点も悩みの一つです。

突発的な事態にも対応しなくてはならない

ヘアメイクの現場では、人手が足りず突然呼び出されたり、逆にスケジュールが合わずに直前でキャンセルされたりと、突発的な事態も多くあります。

ヘアメイクの仕事はあくまでも現場ありきのため仕方のないことですが、こうした突発的な事態にも柔軟に対応しなくてはならないのがメイクアップアーティストの仕事です。

メイクアップアーティストを辞める理由で多いものは?

メイクアップアーティストを辞める理由で多いものは金銭面です。

メイクアップアーティストとして一人前になるには、先輩のメイクアップアーティストについてアシスタントとして働くのが一般的です。

アシスタント時代は苦労が多く、はじめは雑用からスタートして、忙しい現場の合間をぬって知識やスキルを身に付けなくてはなりません。

長時間勤務が当たり前のメイクアップアーティストで、アシスタントとなるとさらに激務となり、さらに給料が低いのも一般的です。

生活のためにアルバイトをする人も少なくなく、苦しい生活や激務に耐えられず辞めてしまう人も少なくありません。

メイクアップアーティストの苦労のまとめ

メイクアップアーティストのつらいこと・大変なこととして、立ち仕事が多い、ストレスなどが挙げられます。

メイクを行う時は、中腰の姿勢になることが多く、体力的につらいと感じたりするかもしれません。

また、相手にする人はそれぞれ個性も性格も違うので、時にはコミュニケーションがとりづらいと感じることあります。

メイクアップアーティストの代表的な悩みとして、拘束時間が長くスケジュール通りに進まない、突発的な事態にも対応しなくてはならないことなどが挙げられます。

毎日不規則な時間で働かなければならない日があり、人手が足りず突然呼び出されたり、逆にスケジュールが合わずに直前でキャンセルされたりなどもあります。

メイクアップアーティストは、アシスタント時代は苦労が多く、苦しい生活や激務に耐えられず辞めてしまう人も少なくありません。