「アパレル店員」とは

アパレル店員_画像

アパレルショップで接客や販売を中心に、商品管理や店舗レイアウトに携わる。

アパレル店員は、アパレルショップで洋服を販売する仕事です。

接客以外にも、商品管理や検品作業、タグ付け、店舗レイアウトなど、さまざまな業務を担当します。

一部の大手企業以外はさほど学歴も問われず、アルバイトからスタートし、契約社員、正社員にステップアップしていく人も多いですが、店長などマネジメントを担う立場になると、売上管理やスタッフの教育などにまで携わります。

日々多くのお客さまと接するため、高いコミュニケーション能力や明るく前向きな性格が求められるほか、一日中立ち仕事となるため体力も要します。

ただファッション好きであるだけでなく、お店の「顔」としての責任感と自覚が求められる仕事です。

「アパレル店員」の仕事紹介

アパレル店員の仕事内容

ショップで洋服や小物を販売する

アパレル店員は、アパレルショップで洋服やファッション小物を販売する仕事です。

お店に来店するお客様に着こなしなどのアドバイスをするほか、試着のサポート、レジ業務などの販売に関する付随業務も行います。

他にも随時、店内の掃除や洋服をたたみなおすなど、お客様が快適に買い物を出来る店づくりを行います。

仕入れ商品のタグ付け、不良品がないかの検品、売れ筋商品のマネキン展示なども重要な仕事の一部です。

キャリアを積んでいくにつれ、売上管理、スタッフの教育、スタッフのシフト調整、顧客情報管理などお店のマネジメント的な業務を任せられます。

アパレル店員は、ファッションの流行に敏感であることが求められます。

それだけではなく、販売につなげるためには、前向きで明るい性格を持ち、お客様を観察し、ニーズにあう商品を即座に提案できる力が必要です。

アパレル店員の就職先・活躍の場

大手から個人経営まで幅広い

アパレル店員が働くショップは、全国に展開するチェーン店から、個人が経営するブティックまでその規模は様々です。

お店ごとに特色があり、求められる接客が異なる傾向にあります。

例えば百貨店にはいっている高価格帯商品を扱うショップは、高級感を前面にだし、上質でゆっくりとした接客が求められます。

またブランドによっては、レディース商品に特化、ファッション小物に強みがあるなど取扱商品の構成も様々です。

営業時間中、アパレル店員の多くは、そのブランドの服を着て、ブランドイメージを向上させる役割もあります。

自分の得意なファッションや接客相手の年齢層、接客スタイルをイメージしたうえで、就職先を決めるとよいでしょう。

アパレル店員の1日

シフト制を導入しているところも多い

勤務するショップが商業施設や百貨店にはいる場合、営業時間が長いため、早番、遅番などのシフト制で勤務します。

個人経営のお店などの場合は、開店から閉店までフルで勤務するケースもあります。

今回は百貨店で働く店員の早番勤務をモデルに紹介します。

8:30 出勤
前日の遅番スタッフからの引継ぎメモを確認し、入荷商品などのチェックを行います。

開店前に店内の清掃を行うほか、マネキンに売れ筋商品を着せるなどディスプレイを整えます。

開店前には、朝礼があり、売上目標を確認するほか、挨拶の声出しを行います。

10:00 開店
開店直後はお客様もまばらなので、店頭にたち挨拶をしながら、よびこみをします。
来店されたお客様とは、日常会話をいれながら、新商品のおすすめを行います。

13:00 休憩

14:00 午後の勤務開始
午前中の売上を確認し、売上目標を達成すべく、午後も接客に専念します。

18:00 勤務終了
遅番への引継ぎメモを作成し、勤務終了します。

アパレル店員になるには

特別な資格は不要

アパレル店員といっても、勤務するショップは、百貨店、大手チェーンから個人経営の小さいお店まで様々です。

一部のアパレル企業は、就職の際に「大卒以上」という学歴制限を付すこともあります。

特に有名ブランドを多く扱う企業にその傾向が強くみられます。

しかし、多くのアパレル企業では、特別な学歴や資格を求められないケースが多いです。

アパレル店員は、正社員のほか、アルバイトや契約社員などの雇用形態で働く人も多いです。

なかには、アルバイトから勤務を開始、経験や能力に応じ、正社員への登用を行う会社もあります。

店長やエリアマネージャーなど、接客だけでなく、マネジメント的な仕事も行いたい場合は、正社員になる必要があります。

アパレル店員の給料・年収

300万円~400万円が相場

アルバイトの場合、人気アパレルショップでも、時給900~1000円前後です。

正社員の初任給は17~20万円前後です。

アパレル店員の平均年収は300万~400万円程度と、他の業界と比べて給与相場は高いとはいえません。

売上目標達成で特別ボーナスやインセンティブが支給されることもありますが、一般のアパレル店員であれば、大幅な年収アップは難しいでしょう。

エリアマネージャーや店長クラスでは、年収500万円以上になることもあります。

さらなる給料アップを目指す人は、接客の現場をはなれ、商品企画やバイヤーなどの本部機能への配属を目指す方法もあります。

アパレル店員のやりがい、楽しさ

お客様に提案し、喜んでもらえる

自分のおすすめした商品やコーディネートがお客様に似合い、喜んで購入してもらえた時、やりがいを感じます。

初対面のお客様との会話も楽しいですが、なかには、自分がいるからとわざわざ足を運んでくれるお客様もいてくれ、やりがいにつながります。

毎日、流行の商品を見ているため、自然とおしゃれにも敏感になり、メイクや髪形のセンスも磨かれてきています。

自社のブランド商品をお洒落に着こなし、店頭に立つことで、その服の魅力をPRし、販売に繋がることもあります。

自分のセンスを磨くことは、自分がおしゃれにもなるだけでなく、お客さまにも提案を通じ役立てることができ、魅力を感じます。

アパレル店員のつらいこと、大変なこと

肉体的にハードな仕事

アパレル店員は立って接客をするほか、倉庫から商品を搬入したり、しゃがんでタグつけをしたりするなど、足腰への負担が大きい仕事です。

セールの時には、休憩もなく、8~9時間立ちっぱなしということもあり、肉体的にハードな仕事です。

加えて、売上目標があるお店が多く、お客さまと会話しながらも、数字のプレッシャーを常に感じ、ストレスを感じる人が多いです。

さらに初対面や幅広い年齢層のお客様とも、にこやかに会話しなければならないという接客の面での苦労もあります。

アパレル店員に向いている人・適性

流行に敏感で明るい性格

流行の移り変わりは早く、ショップの店頭には新商品が次々と並びます。

アパレル店員はお客様からの質問に答えるほか、コーディネートを提案する必要があります。

そのためファッションの流行に敏感で、自ら学ぼうとするお洒落に貪欲な性格が接客にも役立ちます。

初対面の人とでも、にこやかに明るく会話することが出来るのも、重要な適性のひとつです。

接客業なので、時にはクレームをうけることもあります。

そんな時は気持ちをすぐに切り替え、いつでも元気で働ける人がアパレル店員に向いています。

アパレル店員志望動機・目指すきっかけ

お洒落が好きという気持ち

アパレル店員を目指す人の多くに共通するのは「お洒落が好き」「洋服が好き」という気持ちです。

流行のファッションに囲まれ、お洒落のセンスを磨けるのが魅力と、アルバイトからスタートする人も多いです。

裏を返せば、アパレル店員を志望する以上、それ以上の何かをPRすることが面接などでは求められます。

ブランドによって、扱う洋服のコンセプトや価格帯、対象年齢が異なります。

自分がどんな店員になりたいのか、そのブランドのどんな点を魅力と感じているかを説明できるようにしておくとよいでしょう。

アパレル店員の雇用形態・働き方

正社員のほか、アルバイトも多い

アパレル店員は、正社員で働く人もいるほか、アルバイトや契約社員で働く人も多いです。

なかには、アルバイトからスタートし、経験と能力を評価され、正社員にステップアップする人も多くいます。

正社員で働く人は、経験や能力により昇格し、エリアマネージャーや店長としてキャリアを積みます。

中には販売の実績をかわれ、商品企画やバイヤー職につくこともあります。

キャリアアップや企業内で他の職種を希望する場合は、正社員のほうが有利になります。

アパレル店員の勤務時間・休日・生活

シフト制が多く、土日も出勤する

ブランドや立地により、営業時間は異なりますが、早番や遅番でシフトするケースが多いです。

大体、8時間程度の勤務になりますが、その前後に清掃や在庫チェックがあり、拘束時間は長めになる傾向があります。

セール期間中は、お客様の数も増加するため、残業することも増えます。

アパレルショップは土日祝日にお客様が増加することから、平日休みが多く、土日祝日に連続して休むことは難しいです。

また年末年始もセール時期にあたるため、出勤となることが多いです。

アパレル店員の求人・就職状況・需要

正社員以外の求人が多い

アパレル店員の場合、正社員以外のアルバイトや契約社員での求人が多い傾向にあります。

企業によってスタートは、全員アルバイトで、やる気や能力により1~3年後に正社員へ登用というケースも多いです。

アルバイトは学生から、育児や介護で時短勤務を希望する経験者までいて、働き方が柔軟に選べるのが魅力です。

正社員で働く場合は、キャリアアップを期待できる一方、異動や売上ノルマがあることもあります。

求人は、求人広告に掲載されることもあれば、店頭に店員募集の張り紙をして募集されることも多いです。

アパレル店員の転職状況・未経験採用

未経験採用も積極的な業界

アパレル店員はその華やかで、お洒落な雰囲気から、希望する人も多くいます。

一方で不規則な生活、肉体的なハードな仕事に疲れ、辞めていく人も多く、人の入れ替りが激しい業界でもあります。

そのため、未経験でも求人は多く、特別な資格や学歴を必要としないケースが多いです。

まずはアルバイトからスタートし、やる気や能力を評価され、正社員へというのが一般的です。

異業種からの転職の場合、若ければ若いほど有利になるでしょう。

新卒を中心に正社員を定期的に採用している大手チェーンもあります。

アパレル店員の現状と将来性・今後の見通し

景気変動に左右されやすい業界

アパレル業界の現状は、景気の冷え込み、ファストファッションの流行により、厳しい競争を強いられています。

しかし、今後、景気が回復すれば、業界が元気になり、働く人の待遇向上に繋がっていく可能性があるでしょう。

アパレル店員はブランドによっては、10代~20代が中心で、お店によっては年をとることで働きにくくなることもあります。

一方で高級感を売りにするブランドでは、40代~50代のスタッフが活躍することも多いです。

接客でキャリアを積みたい場合、長く働けるように幅広い価格帯、コンセプトのブランドをもつ企業を選ぶことも大切でしょう。

また接客の現場をはなれ、商品企画やバイヤーなど別の形でのキャリアアップを目指すことも可能です。