何歳まで美容部員として働ける?

就職を考えるときに、長く働けるところで働きたいと思う人は多いと思います。

華やかな世界で活躍する美容部員何歳まで働けるのでしょうか?

この記事では、美容部員の年齢制限・求人・活躍場所について解説します。

何歳まで働ける?

いつも美しい姿で店頭に立つ美容部員は、若くなければ務まらないと思われがちです。

ですが、自分の年齢に合わせて無理なく働ける職場は必ずあるため、美容部員として年齢を重ねることに特別心配はいりません。

何歳まで働けるかどうかというのは化粧品メーカーや取り扱うブランドによって異なります。

たとえば、40代以上の女性向け商品を扱っているブランドであれば、相応の年齢の美容部員にニーズがあります。

とくに高級ブランドでは、若い美容部員よりも落ち着いた雰囲気の美容部員が好まれる傾向にあり、カジュアルな若者向けブランドであれば、お客さまが萎縮しないようできるだけ若く同年代の人を美容部員として採用したいと考えることもあります。

もし年齢を重ねて店頭での勤務が難しくなっても、企業によっては営業や内勤の仕事に移ることも可能です。

また、美容部員として現場で経験したことが認められ商品開発や店舗統括などへキャリアアップし、経験に応じて昇級する可能性もあります。

美容部員の求人

美容部員の求人では、「35歳まで」などと年齢制限がなされていることが多いようです。

それ以上の年齢の美容部員が活躍している企業でも、これから就職する人の場合だとキャリア形成や教育の面から、年齢制限により採用試験を受験できないこともあります。

就職を希望する化粧品メーカーやブランドがある場合には、チェックしておいたほうがよいでしょう。

未経験からの就職

もし別の仕事から美容部員への転身を考えている場合には、少しでも早く行動に移した方がよいでしょう。

美容部員は中途採用の場合、経験を重視されることが多く、30代を超えてくると「経験者のみ」とする企業も少なくありません。

若ければ未経験でも採用される可能性は高くなるため、できるだけ早いうちに転職を決意するほうがよいでしょう。

美容部員の活躍場所

百貨店や駅ビルなどで働く美容部員は、その客層や企業の戦略からもどうしても若い年齢に偏りがちです。

年齢を重ねて店頭での勤務が難しくなっても、企業によっては営業や内勤の仕事に移ることも可能です。

また、ドラッグストアやショッピングセンター・ショッピングモール等の化粧品売り場では、年齢層が比較的高く年配の人も多く化粧品を買い求めに来るため、そうした場所で活躍するという方法もあります。

また、長く現場で働きたい場合は、自分の年齢に合わせて適切な年齢層や化粧品メーカー・ブランドを選び、転職することも有効です。

美容部員としての経験があり、顧客の年齢層やブランドイメージとマッチしていれば、年齢を重ねていても転職しやすいでしょう。

何歳まで美容部員として働ける? まとめ

美容部員は何歳まで働けるかどうかというのは化粧品メーカーや取り扱うブランドによって異なります。

百貨店や駅ビルなどで働く美容部員は客層から若い年齢に偏りがちですが、ドラッグストアやショッピングセンター・ショッピングモール等の化粧品売り場では、比較的年齢層の高いお客さまが多いため、自分に合った職場を見つけられます。

そのため、自分の年齢に合わせて無理なく働ける職場は必ずあるため、美容部員として年齢を重ねることに特別心配はいりません。

ですが、別の仕事から美容部員への転身を考えている場合には経験を重視されることが多くなるため、未経験であれば少しでも早く行動に移した方がよいでしょう。