アパレル店員の求人・就職の状況・就職先の選び方

アパレル店員の就職先にはどんなところがある?

アパレル店員が働くのは、アパレルを扱うショップです。

全国に展開するチェーン店から、個人が経営するブティックまでその規模はさまざまで、店舗やブランドごとに特色があり、求められる接客は異なります。

アパレル店員の求人の状況

アルバイト採用が多い

アパレル店員の雇用形態は、正社員・契約社員・派遣社員・アルバイトのいずれかが一般的です。

そのうちアルバイトとして働く人の割合が比較的多いのが特徴です。

その理由として、最初は全員アルバイトとして採用し、本人の意思や経験、実力などに応じて契約社員から正社員にステップアップする、といった形をとる企業(ブランド)が多いことが挙げられます。

この仕事は未経験や別の業界からアパレル店員を目指す人も多く、その場合はアルバイトもしくは契約社員スタートとなるのが一般的です。

正社員になるためのハードルは若干高いと言えますが、求人は決して少なくありません。

また、新卒入社でなければ学歴を問われないことも多く、やる気と実力によって、誰でも上を目指せる可能性があります。

なお、大手ブランドを扱う企業に新卒で正社員として入社した場合、いずれ本社勤務になる前提で、経験のために数年間店舗で店員として働くということもあります。

人の入れ替わりが激しい業界

アパレル店員は好きな洋服に関わりながら仕事ができ、はなやかなイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実際はとてもハードな仕事です。

接客業のため人間関係のストレスも大きく、また肉体労働であるため、人によっては心身ともにハードと感じる人もいるようです。

さらに会社によっては厳しいノルマが課せられるのも大変なところです。

いざ仕事を始めてから理想と現実のギャップで苦しまないためにも、アパレル店員の仕事内容についてきちんと調べ、厳しさも覚悟しておく必要があるといえるでしょう。

アパレル店員の就職先の選び方

アパレル店員を目指して就職先を選ぶ際は、自分の得意なファッションや接客相手の年齢層などを考慮して就職先を決めるとよいでしょう。

百貨店などに多い高価格帯商品を扱うショップは、高級感を前面にだし、上質でゆっくりとした接客が求められますが、逆にファストファッションブランドなどは丁寧な接客よりもドライな対応を求められるなど、同じアパレルでも店員の対応は異なります。

そのためその企業やブランドの接客スタイルをイメージし、自分にマッチするかどうかを確認することも大切です。

アパレル店員の志望動機・面接

アパレル店員を目指す人の多くに共通するのは「おしゃれが好き」「洋服が好き」という気持ちです。

裏を返せば、アパレル店員を志望する以上、それ以上の何かをPRすることが求められます。

ブランドによって、扱う洋服のコンセプトや価格帯、対象年齢が異なるため、自分がどんな店員になりたいのか、そのブランドのどんな点を魅力と感じているかを説明できるようにしておくとよいでしょう。

就職先はどのように探したらいい?

アパレル店員の求人は比較的多く、求人サイトやハローワーク等で簡単に見つけることができます。

また、店頭のポスター等で求人をお知らせしている店舗も少なくありません。

これは店舗に足を運んでくれブランドに興味がある人を積極的に採用したいと考えているからです。

希望する企業やブランドがある場合は、ホームページに求人情報を掲載している場合があるため、こまめにチェックしておくとよいでしょう。