ファッションデザイナーが独立するには? フリーランスでも働ける?

ファッションデザイナーになるにあたって、フリーランスやで活躍できるのかが気になる人も多いでしょう。

本記事では、フリーランスのファッションデザイナーの働き方、フリーランスとして活動するために必要なことなどを紹介します。

フリーランスのファッションデザイナーの働き方・仕事内容

独立してブランドを立ち上げる場合

ファッションデザイナーのなかには、アパレルメーカー繊維メーカー、デザイン事務所などで経験を積み、独立して働く人もいます。

独立して自分のブランドを立ち上げようと考えているファッションデザイナーの場合、まずはコンセプトづくりから始めます。

ブランドを新しく立ち上げるということは、ファッション業界に新しい価値を生みださなければいけないということですから、以下のようなことを決めていかなくてはなりません。

コンセプトづくり
  • ブランド名
  • デザインのコンセプト
  • 客層
  • 販売価格
  • 広報の手段

卓越した技術や独創的な発想力が求められるのはもちろんのこと、資金面やプロモーション面での運も必要でしょう。

成功すれば自分の思い描く通りのファッションを生みだすという大きなやりがいを感じられることは間違いありません

ただし、成功できる人はほんの一握りで、事業として続かなかったり資金繰りで苦しんだりするケースも多いので、覚悟がなければ飛び込めない世界ともいえます。

委託業務を受ける場合

ファッションデザイナーの中には、独立した後に自分のブランドを立ち上げるのではなく、フリーランスとして働く人もいます。

この場合は、信頼関係のあるアパレルメーカーやデザイン事務所と契約を結び、案件ごとに業務委託を受けることになります。

季節のコレクションや新たなシリーズの考案などの大型案件を請け負う場合は長期的なスパンでの依頼になりますが、顧客に配布するためのノベルティや景品のデザインのような仕事もあり、単発の依頼も少なくはありません。

フリーランスの場合、必然的に仕事量は不安定になる一方で、自分の希望やスケジュールに合わせて仕事を入れることができるので、自分のペースで働きたいと人にとってはうってつけといえるでしょう。

フリーランスのファッションデザイナーになるまでのキャリアパス

何よりもスキルが求められる

ファッションデザイナーに何より必要なのはスキルです。

経験値が何よりも大切で、現在日本で成功しているデザイナーに話を聞くと、週に1,000以上のスタイル画を描かされたといったように、非常に厳しい修行を積んでいます。

独立には資金なども必要ですが、まずは経験を積んでスキルを身につけることが重要です。

周囲からも認められるほどの実力がなくては、独立は成功しないでしょう。

仲間と一緒に独立することも

ファッションデザイナーが独立する際には、企業で一緒に働いていたデザイナーやパタンナー仲間を引き連れて独立したり、学生時代の仲間と一緒に独立したりすることも珍しくありません。

とくに学生時代の仲間というのは強固な絆で結ばれていることも多く、「いずれは一緒にブランドを立ち上げよう」と若い頃から約束をして一緒に努力をすることもあります。

服飾系の専門学校の場合、コンテストや学園祭に向けてチームで衣服を作る機会も多いので、このような信頼関係を築きやすいということもあるのでしょう。

円満退社を心がける

独立する上で注意しなければいけないのは、それまで勤めていた企業がある場合、いかにして円満に退社するかです。

ファッション業界は狭い業界なので、トラブルを放置して退社すると思いがけないところで悪評が広まることもあります。

自分の夢を追う気持ちは大切にしつつ、周囲の理解や応援を得られるまで粘り強く行動することも大切です。

フリーランスのファッションデザイナーのメリット・デメリット

大成功する可能性

ファッションデザイナーにとって、フリーのデザイナーとして独立して自分でやっていくということは、とても魅力的なことに思えるでしょう。

自分の思うとおりに衣服を制作することができ、そのデザインが多くの人に受け入れられて、大成功する可能性も大いにあります。

しかし、依頼主が求めるものをデザインに落とし込むという基本的な点は変わりません。すべてが自由になるわけではないということを心得ておくことが必要です。

デザイン以外の仕事が増える

独立して自分のブランドを立ち上げたとしても、何もかも自分の思う通りになるわけではありません。

作った衣服は売って収益を生み出さなくては、ブランドとして成り立ちませんし、衣服は作っても勝手に売れはしません。

衣服をデザインしてから販売するまでの作業をすべて自分で行わなくてはなりませんし、スタッフを使った場合はそのスタッフの給与を出すために収益をあげる必要があります。

どうしてもデザイン以外の仕事が増えてしまうというデメリットもあります。

フリーランスのファッションデザイナーの給料・年収

フリーランスの場合は、すべて自分で収益を上げなくてはならないため、給料は大きく異なります。

フリーになれば誰でも年収が上げるというものではなく、高収入を得ている人もいれば、企業勤めのファッションデザイナーよりも低い人もいます。

フリーで活躍しているファッションデザイナーする有名デザイナーの場合、年収は数千万円以上になり、ブランドが大成功すれば数億円となることも少なくありません。

実力が認められるかどうかで収入に大きな差がでるのが、ファッションデザイナーという職業なのです。

フリーランスとしてのファッションデザイナーのまとめ

自分のブランドの立ち上げに成功すれば、思い描く通りのファッションを生みだすという大きなやりがいを感じられることは間違いありません。

ただし、成功できる人はほんの一握りですし、営業や広報などデザイン以外の仕事が増えてしまうというデメリットもあります。

フリーランスとして業務委託を受ける場合は仕事量やスケジュールの調整がしやすくなる一方で、仕事がなければ収入が途絶えてしまうというデメリットもあります。

独立には資金なども必要ですが、まずは経験を積んでスキルを身につけることが重要です。

周囲からも認められるほどの実力がなくては、独立は成功しないでしょう。