このサイトはスタイリストを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「スタイリスト」

仕事内容
スタイリストは、テレビ・CM・映画の撮影やショー、ステージなどに出演する俳優や女優、モデル、アーティストに服やアクセサリなどをコーディネートする仕事です。どんな目的で、どんな雰囲気のスタイルにするのかについて、他のスタッフと事前に打ち合わせながらイメージを固め、自らのセンスを生かしてブランドやアイテムを選びます。アパレルメーカーから、商品の貸出や返却を確実に行うことも大事な仕事です。
なるには
スタイリストになるには、まずアシスタントとして経験を積み、先輩の補佐をしながら仕事を覚えていくのが一般的な方法です。必要な学歴や資格は特にありませんが、高校卒業後に服飾系専門学校を出て、スタイリスト事務所に就職したり、フリーで活躍中の専属アシスタントになる人が多いです。アシスタント時代は雑用と思われる仕事も多いですが、厳しい日々を乗り越えて、ようやく一人前のスタイリストとして活躍できるようになります。
給料
働き方や勤務先によって給料はだいぶ異なりますが、一人前になるまでは厳しい生活を強いられる人が多い仕事です。事務所にスタイリストアシスタントとして就職した場合、給料は月に10万円程度が相場となっています。長時間労働や休日出勤なども多く、待遇面で恵まれていない職場も少なくないため、楽な仕事ではありません。安定して生活するためには、少しでも早く実力をつけて独り立ちすることが必要となるでしょう。
将来性
まず、非常に厳しいアシスタント時代を乗り越えられるかどうかが、この仕事で成功するための第一関門です。アシスタント時代に諦めてしまう人も多いですが、一人前になれれば独立してフリーランスになることもできるため、とにかく仕事への情熱と諦めない気持ちが大事です。最近では有名人や芸能人だけでなく、一般の人向けの専属スタイリストに付くサービスにも注目が集まっており、スタイリストにとってさまざまな活躍の場が開けています。

仕事体験談