「スタイリスト」とは

CMやドラマに出演するタレント、モデルにファッションアイテムをコーディネートする。

雑誌や広告、テレビ、映画の撮影やコンサート、ステージなどで、モデルやタレントに洋服や靴、小物、アクセサリーなどをコーディネートする仕事です。

事前に他のスタッフと打ち合わせを行い、イメージを固めて、衣装や小道具を調達します。

撮影現場では、カメラマンやメイクアップアーティスト、ヘアメイクの人などと協力しながら仕事を進めていきます。

スタイリストになるために必要な資格はありませんが、活躍する多くのスタイリストは服飾系の専門学校を卒業しています。

プロダクションに所属するか、先輩スタイリストに弟子入りし、独立していくルートが一般的です。

独立するまでの道のりは険しく、厳しいアシスタント時代を乗り越えられるのは、一握りと言われています。

「スタイリスト」の仕事紹介

スタイリストの仕事内容

芸能人などのファッション全体をコーディネートする

スタイリストは、テレビ・CM・映画の撮影やショー、ステージなどに出演する俳優や女優、モデル、アーティストに服やアクセサリなどをコーディネートする仕事です。

撮影時の目的やテーマ、出演者の役割に合った衣装や靴、小物などを選び、アートディレクターやカメラマン、ヘアメイクなどと相談しながら、自らのセンスを活かしてファッション全体をスタイリングします。

スタイリングが決まったら、アイテムの手配・借入、撮影時の現場作業、返却などを行います。

芸能人やモデルのファッションを、自分のアイディアでコーディネートして発信できる仕事なのでやりがいがありますが、一見華やかながら地道で、肉体労働的な要素が多い仕事です。

スタイリスト事務所に所属して働くか、フリーランスで活躍するかのどちらかとなります。

スタイリストの就職先・活躍の場

事務所所属かフリーランスで働く

スタイリストとして働くには、スタイリスト事務所に所属するか、フリーランスとして働くかのとぢらかになります。

全体的には、フリーランスで働く人が多いのがこの仕事の特徴です。

フリーランスでありながら、スタイリスト事務所と協力契約をして、仕事がある時に手伝う場合や、逆にフリーランスが手が足りない時に、事務所にアシスタント派遣を依頼することもあります。

事務所所属の場合は、割り振られた仕事を担当しますが、仕事は多岐にわたり色々な業種を経験できます。

一方フリーランスの場合は、自分で仕事を取ってこなくてはなりませんが、自分の得意分野を活かした仕事ができます。特定の芸能人やモデルの専属スタイリストになると、名前も売れて高収入を得ることも可能です。

スタイリスト1日

1日に複数の現場をかけ持ちすることも

事務所に所属する場合とフリーランスの場合で異なり、関わっている仕事の内容によっても流れが変わります。ここでは、数が多いフリーランスの1日をご紹介します。

事務所所属の場合は、勤務時間内に終わらせることができることも多いですが、フリーランスの場合は、1日に現場の仕事を複数こなす場合もありその限りではありません。


8:00 仕事開始
メールチェック、今日の仕事の確認など

8:30 午前中の打ち合わせ準備
1週間後に撮影を控えている仕事の
衣装合わせと打ち合わせに必要なアイテム、スタイリングブック等の準備

10:00 衣装合わせ(フィッティング)
実際にモデルに着用させ、イメージチェック~カメラリハーサル
アートディレクター、カメラマンと打ち合わせ

12:30 軽食

13:00 衣装返却
別の仕事で以前借り入れた衣装をメーカーに返却

14:00 本日夜撮影の仕事の準備
一度仕事場に戻り、撮影用衣装・小物ほか備品等の準備

16:00 現場入り
衣装にアイロンをかけたり、すぐに着用できるように小物を準備

17:00 事前打ち合わせ
クライアントも入れて撮影の段取り等最終確認

17:30 出演者着替え・ヘアメイク
ヘアメイク後に衣装を着せる

18:00 撮影開始(シュート)
撮影中は、カメラチェックをしながら衣装の乱れ等を修正
ケータリング(現場用軽食)で食事

22:00 撮影終了
終了後は、衣装・小物の後片付け

23:00 仕事終了
仕事場に戻って衣装・小物の整理

スタイリストになるには

アシスタントで経験を積む

スタイリストになるには、特別な資格や学歴は必要ありません。

どちらかといえば実践的なスキルや熱意の方が重要です。事務所やフリーランスのアシスタントとして数多く現場をこなして経験を積むことが、一人前のスタイリストになる早道です。

そのためには、スタイリスト事務所やフリーランスの人をインターネットやSNSで検索して直接交渉するか、ファッション系の専門学校に通っている場合は、そこからの紹介などを利用します。

スタイリストの学校・学費

ファッション関連の資格を持っていると有利

スタイリストになるために、必ず通わなくてはならない学校は無く、資格も学歴も問われません。

ただし、ファッションコーディネートをする仕事なので、カラーコーディネートやファッション全般の知識、ファッションビジネス、スタイリングの技術などを学んでおくと役に立ちます。

また、服飾専門学校に通うとか、アパレルメーカーで勤務していたなどの経験があると、その知識を活かすことができます。

ファッションは流行にも左右されるので、世の中のトレンドにも敏感でいるよう心がけましょう。

スタイリストの資格・試験の難易度

試験は無いが、経験によるスキルが必要

スタイリストになるには、国家試験のような試験は無く、やる気とスキルがあれば、誰でもなることができます。

逆に言うと、資格があればすぐになれるという訳では無く、アシスタントとして経験を積んでからでないと、プロとしては通用しません。

そういう意味では、一人前になるのは容易ではありませんが、ファッション関連の資格を取得しておく、ないしは、アパレルメーカーで経験を積むなど、より実務に役立つ知見やスキルを身につけておくと有利です。

スタイリストの給料・年収

経験や実力で大きく異なる

スタイリストの給料は、事務所所属かフリーランスかでも異なり、また、経験や実力によって大きく異なります。

アシスタントの場合は「修行中の身」なので、お小遣いレベルしかもらえないところが多いようです。

事務所所属であっても、正社員として雇用されるのは少なく、契約社員やパート、仕事がある時の日給や時給での雇用などが一般的です。

有名スタイリストの場合は別格ですが、一般的に事務所所属のスタイリストで平均年収が200~500万円、アシスタントの場合は、手取月給が10万円前後というのが現実です。

フリーランスの場合は、仕事ごとの単価で支払われるため0円の時もあれば、大きなショーならば1回で100万円近くになることも。ただし、交通費や食事代、道具等の諸経費もかかるため、収入がすべて手元に残るわけではありません。

大金を稼ぐには、実力を付けて有名人の専属になるか、大手出版社や制作会社の仕事を増やすようにします。

スタイリストのやりがい、楽しさ

やる気のある人には、天職とも思える仕事

スタイリストの仕事は、自分のスタイリングを世の中に発信でき、それが認められると、大きなやりがいを感じることができる仕事です。

また、スタイリストは、たくさんの人と協力し合いながら仕事を進めていきます。

カメラマンやアートディレクターはもちろん、女優やアーティスト、ファッションデザイナー、衣装・小物を借りたショップのオーナーや店員、縫い子と呼ばれる専門のプロなど、皆でベストを尽くして仕事が成功した時などは、格別な嬉しさとなるでしょう。

こうした仲間とのネットワークが築けるのも魅力のひとつです。

もちろんファッション好きには、天職になりうる職業です。

毎日大好きなファッションに関わる事ができ、色々な人と出会うことが刺激にもなります。

スタイリストのつらいこと、大変なこと

地味でハードな肉体労働

芸能人やモデルに会える、ファッションでメッセージを表現するなど、一見クリエイティブで華やかに見える仕事ですが、実は地味で肉体的にハードな仕事です。

自分のスタイリングを採用してもらうために、何度も企画を作り直すなど産みの苦しみがあります。

いざ仕事が決まると、洋服の手配や管理・返却などの作業が繰り返されます。

撮影現場では、ずっと立ちっぱなしで気が抜けない苦労など、朝から晩までハードな作業が続きます。

また、撮影現場で突然服が破れたり汚れたりなど、予期せぬトラブルに巻き込まれることもあります。

こうした時にも臨機応変に冷静に対応できるよう、経験とスキルを身につけておくことが大切です。

スタイリストに向いている人・適性

地道な作業もいとわず、協調性を大切にする人

特別な資格を必要としないスタイリストの仕事は、とにかく「スタイリストになりたい!」という熱い想いと、立ち仕事でもいとわない体力や精神力がある人が向いていると言えます。

また、たくさんの人と関わる仕事なので、協調性があり周りへの気配りができる、チームワークで仕事を進める事が好きな人に適性があります。

ファッション関連の仕事ですが、センスの良さや優れた感性などは最初からは必要ありません。

むしろこうした感覚は、経験を積み重ねることによって身につくものなので、たくさんの仕事で勉強しながら養っていきましょう。

スタイリスト志望動機・目指すきっかけ

ファッションへの情熱が大事

スタイリストを目指す動機は、やはり「ファッションが好き」というのが大半です。

「雑誌を読んで研究していくうちに一生の仕事にしたくなった」や、芸術性の高い舞台作品や、ミュージシャンのプロモーションビデオに刺激されて志す人もいます。

最近は、ファッション好きの姉に影響を受けたなどが動機の、男性のスタイリストも増えています。

スタイリストは自分を飾る仕事では無く、いかに洋服や作品を美しく魅せ人を喜ばせるかという仕事です。

ファッションへの情熱と、美しく魅せたいという表現者としての想いがあれば、ずっと楽しく続けていくことができる仕事です。

スタイリストの雇用形態・働き方

多様な雇用形態で働ける仕事

スタイリストとして働くには、大きく分けてスタイリスト事務所に所属するかフリーランスで働くかのどちらかですが、その勤務形態は、事務所の方針や、仕事の内容によってバラバラです。

正社員として雇用されている人は少なく、契約やパート、仕事がある時だけの手伝いなどが一般的です。

逆に、一度そのスキルを身につけておくと、女性が産休後に仕事をしたいと思った時に働くことができたり、臨時のアルバイトなども可能となります。

多様な雇用形態がある分、自分のライフスタイルに合わせた働き方もできそうです。

スタイリストの勤務時間・休日・生活

不規則な生活を強いられることも

スタイリストの仕事は、毎日決められた時間に決まった仕事をこなすのではなく、案件によってその仕事内容が異なります。

また、原則「撮影日」を締切に仕事を進めるので、締切に間に合わせるようにチームで仕事を進めていきます。

そのため、勤務時間をきちんと決める事が難しく、フリーの場合は休日もなかなか取れなくなるため、リフレッシュや体調維持のためにも、自分で管理をすることが大切です。

アシスタント時代やフリーのかけ出しの頃は、どうしても不規則な生活を強いられる可能性もありますが、慣れてくると自分なりの調整ができるようになり、生活サイクルも安定してきます。

スタイリストの求人・就職状況・需要

需要は大きいが、個別のアプローチが必要

スタイリストとしての経験が無い場合は、アシスタントを募集しているところを探すことになります。

色々な現場があり忙しい仕事だけに、スタイリストのアシスタント募集は、年間を通じて安定しているようです。

ただし求人を探す場合は、フリースタイリストのアシスタントになる場合も、事務所に所属する場合も、一般的な求人サイトでの情報が少ないため、それぞれのホームページやSNSをチェックしたり、紹介してもらえるルートを探します。

スタイリストの転職状況・未経験採用

異業種でも高年齢でも情熱があれば可能

特別な資格を必要としないスタイリストの仕事は、原則誰でも仕事に就くことができます。

ただし、転職の場合は、前職がアパレルショップやアパレルメーカーなど、ファッション関連の仕事だった人が少なくありません。

しかし、どうしてもスタイリストになりたい場合は、前職が全く異業種でも、年齢が高かったとしても、全くの未経験者でも、同じように門戸は開かれています。

最初は誰でもアシスタントから始まるので、その下積みの厳しさや辛さをいとわず、スタイリストになる情熱を持ち続けることができるのであれば、夢は叶うでしょう。

スタイリストの現状と将来性・今後の見通し

志次第でいくつになっても続けられる

スタイリストの仕事は主に、広告やショーなどのイベント、映画等が主な現場ですが、最近では、一般人に対してァッションアドバイスやスタイリングを行う、「パーソナルスタイリスト」の派遣サービスも増えてきました。

芸能人のようでは無くても、特別な日のファッションや自分に似合うコーディネートをアドバイスして欲しいという需要は、今後もますます増えていくと考えられます。

大規模な現場では無くても、自分の得意分野や知識、人生経験を通じてアドバイスするような、こうしたスタイリストを目指すのも、その人の個性です。

そうした意味でも、 志があれば、息の長い仕事として続けられそうです。