美容部員のつらいこと・大変なこと・苦労

美容部員のつらいこと・大変なこと

体力勝負の仕事

美容部員の大変なことは、意外と体力が必要な仕事であるということです。

メイクに携わる仕事は一見華やかな仕事に見えるかもしれませんが、実際には一日中長時間立ちっぱなしで接客をするなど、体力勝負な仕事です。

お客さまにメイクを施すときには中腰の姿勢になることもあり、腰痛に悩む美容部員も少なくありません。

常に外見を美しく保つ

人を美しくする化粧品を販売する以上、美容部員は常に自分の身なりを美しく整えておかなければいけません。

髪や肌、メイクなど身だしなみが整えられていなければお客さまからの信用を失うことにもつながりかねません。

忙しくてもしっかりと体調管理をしつつ、髪やお肌のお手入れをし、常に外見を気にしなければならないのは大変なことです。

美容部員の悩み

ノルマの厳しさ

美容部員の雇用形態は正社員・派遣社員・アルバイトなどとさまざまですが、店舗や雇用形態によっては個人に売り上げの目標、いわゆるノルマを課しているケースもあります。

たとえば、「新商品のファンデーションを一ヵ月で〇個売る」「顧客数を〇人以上まで伸ばす」など、細かい目標が設定されます。

こうした目標を達成するためには、顧客一人ひとりにダイレクトメールで商品の情報を送る、接客したお客さまにプラスアルファの化粧品をおすすめするなど、美容部員には地道な努力が必要となります。

たとえ目標を達成できなくてもすぐに減給やクビになるということではありませんが、売り上げに貢献できていないと肩身の狭い思いをすることは否めません。

化粧品に関するあらゆる知識を見につける

美容部員はお客さまに対して的確なアドバイスをしたり、化粧品をおすすめしたりするため、覚えることが多くあります。

化粧品やメイクの基礎的な知識はもちろん、肌や皮膚の構造など人体に関わることも覚えなくてはなりません。

また、シーズンごとに新商品が発売されたり、リニューアルしたりする商品もあるため、そのたびに新しい商品知識も身に付けます。

自社製品だけでなく他社ブランドの化粧品についても学んだり、流行のメイクについて勉強したりするなど知識の習得に終わりはなく、美容部員になってからの努力も欠かせません。

美容部員を辞める理由で多いものは?

結婚・出産

美容部員を辞める理由で多いものは結婚と出産です。

美容部員の多くは20代から30代の女性のため、ライフイベントに合わせて離職するという人は多いです。

もちろん育児休暇などの制度がある化粧品メーカーもありますが、美容部員は契約社員や派遣社員も多いため、そういった制度を利用できないという現状もあるようです。

そのため、美容部員は人気のある職業の割に入れ替わりが激しいといわれています。

職場の環境・待遇

美容部員は化粧品メーカーの社員も多くいますが、契約社員や派遣社員・アルバイトで働く人も多くいます。

人気職種のため競争率も高いのですが、実際に働いてみると華やかなイメージと違った、給料が安いなどの不満を理由に辞める人は少なくありません。

また、化粧品メーカー採用と百貨店採用の美容部員では同じ仕事をしていても給料や待遇が違うこともあるため、志望先や待遇をしっかりと確認しておくことが必要です。