美容部員の需要・現状と将来性

美容部員の求人は比較的多い傾向にあります。

また、インバウンドの消費が増えていることから、今後は語学力なども求められていく職業です。

この記事では、美容部員の需要・現状と将来性について解説します。

美容部員の現状

化粧品業界は拡大傾向にあるといわれています。

その理由は海外からの訪日観光客、いわゆるインバウンドの消費が増えていることです。

海外では日本製の化粧品は安全で高品質であるといわれ、お土産として購入することが増えているのです。

そのため外国人観光客が多い百貨店では、英語が話せるなど語学力のある美容部員を積極的に採用しているところもあります。

    インバウンド=旅行で外国人が訪日すること

美容部員の待遇の悩み

美容部員の待遇の悩み
  • 正社員としての採用は少ない
  • 長期的に安定した雇用が見込めない
  • 正社員として就職しても、一度離職してしまえば同じ待遇での復帰は難しい

美容部員は、正社員としての採用は少なく、契約社員や派遣社員・アルバイトなどが多く、長期的に安定した雇用が見込めないという問題があります。

美容部員は資格や免許を取得した人だけができる仕事ではないので、専門性の高い仕事ではなく誰でもなりやすいこと、たとえ正社員として就職しても、一度離職してしまえば同じ待遇での復帰は難しいという現実があります。

美容部員をめざす人は、雇用の安定性や将来性などをしっかりと考慮したうえで、この業界に飛び込むことが大切です。

美容部員の需要

美容部員の求人は比較的多いと言われています。

20代から30代の若い女性が美容部員として働いていることが多いため

  • 結婚や出産での離職が多い
  • ドラッグストアや雑貨店などさまざまな場所で化粧品の販売が広がっている

ことから、接客を担当する販売員が求められています。

これまで美容部員というと若い女性の職業で同年代の女性に対し、スキンケアやメイクのアドバイスをするケースが一般的でしたが、少子高齢化に伴い高齢の女性向けの化粧品が販売されることも増えてきたため、年齢を重ねた女性に対応できるベテランの美容部員も求められています。

美容部員の将来性

オンラインショップとの競争

かつては化粧品といえば、百貨店や化粧品メーカーのショップで購入するというのが一般的でした。

しかし、最近ではインターネットでのオンラインショップが急増し、国内の大手化粧品メーカーの商品から海外の輸入物まで、幅広い品ぞろえのものをパソコンやスマートフォンから購入することが可能です。

買い物に出かけなくても気軽に商品が購入できることや、自宅まで届けてもらえることの利便性から、オンラインショップを利用する人は年々増えてきています。

こうしたオンラインショップが増えれば増えるほど、店舗での販売が減ってしまうリスクにさらされ、いずれは販売担当の美容部員を減らす店舗も出てくる可能性もあり、油断できない現状があります。

お客さまへのアプローチ

現在は、化粧品に対するあらゆる情報があふれています。

かつては美容部員と相談しながら化粧品を買っていた消費者も、化粧品専門の雑誌やSNSでのクチコミなどさまざまな情報の中から、自分に合った化粧品を自分の手で見つけられるようになりました。

また安価で品質のよい化粧品も続々と発売されており、これまでのように「ブランド名」で勝負することはできなくなってきています。

美容部員ならではの商品知識やメイクのスキルで、

  • 本当にお客さまにあった商品を選ぶこと
  • そして百貨店や美容部員からでしか購入できないという特別感

を売りにしていくことが求められるでしょう。

美容部員の今後の活躍の場

美容部員は直接お客さまを相手にする仕事で、人の肌に触れる仕事のためどれだけAIが発達したとしても簡単にはできない仕事です。

今後も美容部員という職業が化粧品メーカーからなくなることはないでしょう。

ただし、少子高齢化により化粧品業界が縮小していくことや、インターネット販売が主流になり百貨店での販売が減っていくことにより、美容部員は「接客」という付加価値をより求められるでしょう。

ていねいで的確なアドバイスができるだけでなく、

  • 外国の方にも対応できるよう語学力を身に付ける
  • 高齢の方にも似合うメイクを施す

など、美容部員の接客スキルによって販売に大きな差が出てくることと考えられます。

美容部員の需要・現状と将来性のまとめ

化粧品業界はインバウンドの消費が増えていることから拡大傾向にあるといわれています。

海外では日本製の化粧品をお土産として購入することが増えているため、外国人観光客が多い百貨店では、英語が話せるなど語学力のある美容部員を積極的に採用しているところもあります。

また正社員での採用は少なく、美容部員をめざす人は雇用の安定性や将来性などをよく考える必要があります。

ですが、少子高齢化に伴い高齢の女性向けの化粧品が販売されることも増えてきたため、年齢を重ねた女性に対応できるベテランの美容部員も求められており活躍の場は広がっています。

ただし、オンラインショップやお客さま自身がネットで情報を得れるようになったため、これ以上に、語学力や美容部員の接客スキルなど、「接客」という付加価値をより求められるでしょう。