パタンナーへの転職・未経験採用はある?

パタンナーへの転職状況は?

転職が多いファッション・アパレル業界

ファッション・アパレル業界は、全体として人材の流動性が高いとされています。

より良い勤務条件や自分に合った職場環境を求めて転職をする人が多く、新卒で入社した会社に定年まで勤め上げる人のほうが少ないのは事実です。

この業界で働く人たちは転職に対する偏見がほとんどないため、能力があれば転職によって条件や待遇をより良くしていくことが可能で、転職市場も活況であり、ネット上にもパタンナーの転職情報を取り扱っている求人サイトは多数あります。

パタンナーは定着率が高い

人材の流動性が高い業界のなかで、じつはパタンナーは比較的定着率が高い職種です。

この背景には、長い期間をかけて技術を積み上げていく仕事という点があるようです。

同じくアパレルメーカーで働くデザイナー職の場合は、どうしても流行や旬を追い求める必要があるため、パタンナーとは反対に勤続年数が短くなりがちです。

未経験・社会人からパタンナーになるには

パタンナーへの転職は可能?

パタンナーは技術ありきの仕事となるため、パタンナーに必要な服づくりの最低限のスキルを備えていれば、新卒であろうと、社会人であろうと、パタンナーになって活躍することは不可能ではありません。

しかし、業界全体にいえることですが、まったくの未経験者を採用する企業はさほど多くないため、社会人からパタンナーを目指すのであれば、しかるべき準備をして転職活動をしたほうがよいでしょう。

運よくパタンナーとして採用されても、最初の何年かはアシスタントとして、雑用や先輩のサポートのような作業ばかり任されることもあるようです。

一人前になるまでに時間がかかることから、同じ未経験であれば若い人が採用されやすい傾向にあり、社会人からパタンナーになる場合、新卒の人に比べて「年齢」というハンデを感じるかもしれません。

しかし、もちろん技術がしっかりとしてさえいれば、パタンナーは年齢を重ねても続けていける仕事です。

社会人からパタンナーを目指すのであれば、さまざまな厳しさも覚悟したうえで、本気で勉強に取り組んでいく必要があるといえるでしょう。

アシスタントとしての下積みが必要

未経験でもパタンナーに就職する道はありますが、ほとんどの求人が実務経験を求めていることからもわかるように、未経験者が即戦力になることは不可能です。

いくら学校でしっかり勉強したと言っても、それを実務経験とはいいません。

未経験でも採用されるケースは、アシスタントなど下積みを意味したものであると考えましょう。

パタンナーへの転職に必要な資格・有利な資格

パタンナーになる場合、必要な資格はとくにありませんが、社会人からパタンナーになる場合、まずはパタンナーを目指す人に適した学校に通い、基礎的な知識・技術を身につけておいたほうがよいでしょう。

パタンナーを目指す人に適した学校は、大学や短大、専門学校などさまざまありますが、服飾系の専門学校が最も代表的だといえます。

服飾系の専門学校は全国にたくさんあり、そのなかで夜間コースのカリキュラムは、日中に通学することが難しい社会人を対象としたものとなっています。

そのような学校を選べば、朝から夕方まで仕事をしている人でも、仕事と勉強を両立させてパタンナーを目指すことができるでしょう。

夜間コースでは、たいてい半年から1年程度で学べるカリキュラムとなっています。

パタンナーへの転職に役立つ職務経験は?

技術をアピールできる武器が必要

転職市場でパタンナーに求められていることは、技術と経験です。

それは、ほぼすべてのパタンナーの中途採用求人が、数年単位の実務経験を必須にしていることからも分かります。

転職活動において技術や経験を証明できるものは、これまでに製作してきた実績しかありません。

自分がこれまでにどんなものを製作してきたのか、どんな仕事をしてきたのかという事実を証明できる武器が、転職の成否に大きく関わります。

CADの技術

パターン製作の現場にCADがどんどん普及しているという状況を考えると、転職においてもCADの経験は必須であると考えましょう。

ITを使った作業はもはや若い人だけのものということは決してなく、ベテランのパタンナーもCADを使いこなしています。

なかにはCADの経験を問わない求人もありますが、条件面で不満が持たれがちな内容の場合が多いため、納得のいく転職を果たすにはやはりCADの技術が欠かせません。

パタンナーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

一部の会社では未経験者でも積極的に受け入れようと考えるところがあります。

しかし、その場合にはアシスタントからのスタートがほとんどで、いわゆる雑務など、パターン製作にはあまり関係しない仕事ばかり任される可能性があります。

また未経験者の採用は20代半ばくらいまでの人を対象とするケースが多く、年齢が上がれば上がるほど、経験やスキルが強く問われるようになるでしょう。

新卒以外となると、求人数はぐっと少なくなります。

あったとしても一定の年齢以下の人が対象であることが多く、30代や40代から未経験でパタンナーになるというのは、かなり厳しいといわざるを得ないでしょう。