ファッションデザイナーへの転職・未経験採用はある?

ファッションデザイナーへの転職状況は?

募集は春先が多い

アパレル業界では転職は比較的多く、スキルアップをめざしてファッションデザイナーへの転職を考える人も増えています。

ファッションデザイナーの募集は年間を通して行われていますが、新しいブランドの立ち上げや、店舗の開店などは秋や冬に比べると春先が最も多くなり、スタッフの募集も行われます。

未経験採用はほとんどない

現実問題としては、全くの未経験者を雇うアパレルメーカーはほとんどないと考えておいたほうがよいでしょう。

ファッションデザイナーの実力というのは、その企業の売り上げやブランドイメージそのものを大きく左右するといっても過言ではないのです。

どのメーカーも優秀なデザイナーを欲しているため、学生時代にコンクールやコンテストで入賞しているような人や、海外のブランドで働いたことがある人など即戦力として働ける人を積極的に採用する傾向があります。

全くの未経験者でアパレルメーカーへの就職をめざす人は、まずは求人票の採用条件をしっかり確認し「未経験者は不可」とはっきり明記されている場合、経験を積むための方法を考えることが先決です。

あるいは一部の大手アパレルメーカーなどでは新しい流れを入れるために未経験者が募集されていることがあるので、このような企業に絞って就職活動を行う方法もあります。

ファッションデザイナーへの転職の志望動機で多いものは?

ファッションデザイナーの志望動機で一番多いものは、ファッションデザイナーへの夢をあきらめきれないというものです。

一度はファッションデザイナーへの道をあきらめたものの、別な仕事を持ちながら夢をあきらめきれずにチャレンジし続けるという人は少なくありません。

また既にファッション・アパレル業界で働いている人が、自分のスキルアップやキャリアアップのためにファッションデザイナーへの転職を目指す人も多いようです。

ファッションデザイナーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からファッションデザイナーになるには

転職を成功させるには

ファッションデザイナーへの転職を考える場合は、アパレルメーカーのデザイナーといった企業デザイナーへの転職が一般的です。

その際に転職を成功させるには、そのブランドを理解していることを示すことです。

すでにその企業にはブランドイメージがありますから、何よりもそのブランドイメージを理解している、またはそのブランドが好きだという気持ちを印象的に訴えなくてはなりません。

そしてそのブランドで自分の好きなものや考えていることを発信していきたいということを明確にすることが大切です。

デザインの仕事ができるとは限らない

ファッションデザイナーへの転職を考える際には、注意しなければならないのは、たとえデザインの担当を希望していても、最初からこの業務に就けるとは限らないということです。

デザイナーの描くデザインというのは、商品の売り上げやブランドイメージそのものを左右する重要なものです。

ですから、たとえ高いスキルやセンスを持っているデザイナーであっても、まずは入社後にブランドのコンセプトや消費者の年齢層や好みなどをしっかりと勉強することになります。

ある程度の知識が身につくまでは他のデザイナーのアシスタントをすることも珍しくないので、転職後すぐに希望の仕事に就けなくてもコツコツと経験を積むことが大切です。

転職の面接試験においては「デザインの仕事もやる」という気概をしっかり見せておくことが必要となるでしょう。

ファッションデザイナーへの転職に必要な資格・有利な資格

ファッションデザイナー国家資格や免許を必要とする職業ではありませんが、服飾やデザインに関する知識と高いスキルが求められる専門職です。

アパレルメーカーやデザイン事務所のファッションデザイナーの求人で「未経験者も可」としているところはほとんどありません。

すでにこの業界で働いたことがある人、あるいは学生時代に服飾系の専門学校や大学の被服科などで勉強をしてきた人を積極的に採用する傾向があるため、未経験者がファッションデザイナーをめざすのであれば、まずは学校に通って基礎を学ぶというのが最もオーソドックスな方法といえるでしょう。

ファッションデザイナーへの転職に役立つ職務経験は?

即戦力となる高いスキル

アパレル業界ではたとえ求人があったとしても、即戦力となる高いスキルを持った人材が求められています。

大手のアパレルメーカーなど、人材を育てる余力のある企業では新卒や未経験者の募集がありますが、そうでないところではたいていは即戦力となりうる、ある程度年齢で、さらにスキルが十分にある経験者が募集されています。

現場で修行をする道も

ごく一部の大手アパレルメーカーでは未経験者の採用を行っていることもあります。

こうした企業の場合は、内定後に研修を行ったり先輩が教育係としてついたりすることで必要な知識やスキルを身につけることができるようです。

また服飾関係の企業でアルバイトやパートをしながら勉強をするという道もあります。

現場で職人の背中を見ながら学ぶ形になるので、わからないことは自分からどんどん聞きに行ってスキルアップをめざす積極性が必要不可欠といえるでしょう。

ファッションデザイナーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

企業によっては今後の育成のことも踏まえて若い人材を欲しているため、年齢制限を設けていることがあります。

30代や40代での転職となるとこの条件にあてはまらない場合があるので、求人票をよく確認したほうがよいでしょう。

ただし、既にデザインの仕事をしたことが合ったり、ファッション・アパレル業界で長く働いた経験がある人であれば、この限りではありません。