ネイリストのやりがい、楽しいこと、魅力

ネイリストのやりがい・楽しさ

お客さまの笑顔

ネイリストは爪の施術を通じ、お客さまの「きれいになりたい」という気持ちに寄り添います。

自分が施したデザインやアートを見て、お客さまが嬉しそうな顔をした瞬間にやりがいを感じます。

ネイリストは対面でサービスを提供するため、お客さまの喜びの声、笑顔を直に感じることができます。

ネイルを日常的に楽しむお客さまもいれば、デートや結婚式など特別な時間を彩るために高いお金を払い、ネイリストの施術を受けるお客さまもいます。

自分の技術で、お客さまの「大切な日」や「大切な時間」をプロデュースできることも、ネイリストの仕事のやりがいです。

高い目標を持ち、働くことが出来る

ネイリストは接客業であると同時に技術職でもあります。

ネイリストになった後も高い向上心を持ち、継続して技術を高める努力をし続けなくてはなりません。

自分が頑張って身につけた技術は実力となり、日々の業務に生かすことで成長を実感できます。

また、自分の取り組み姿勢次第で、歩合による年収アップや昇格などのキャリアアップのチャンスが得られます。

技術を磨くことで、ネイルサロン勤務だけでなく、独立・開業、フリーランスなど多様な働き方を選択することも可能です。

夢を自分の努力で実現できるチャンスがある点がネイリストのやりがいです。

海外で活躍することも可能

ネイル大国といわれるアメリカや欧米では、日本以上にネイルが浸透しています。

そうした国々では、日本人ネイリストの技術は高く評価されています。

日本人が生み出す繊細なアート、まじめに努力して得た高い技術力は海外でも通用するのです。

日本のサロンで働く場合でも、海外に留学して世界水準の技術を習得したり、最先端のデザインに触れたりするネイリストもいます。

日本だけに留まらず、「広い視野を持って働ける仕事がしたい」という人にとって、非常にやりがいある仕事だといえます。

ネイリストの仕事内容

ネイリストの魅力

ネイルサロンの技術を習得できる

ネイリストになることで、基本的なネイルデザインから、最先端のアートまで習得することができるのは、この職業の魅力のひとつです。

サロンによっては上司、先輩からの技術指導をしてもらえたり、練習用の資材を貸してもらえたりするなど役得もあります。

ネイリストの仕事自体は、決して楽とはいえません。

しかし、自分の好きなことを仕事にして、学び続けることができるのは幸せなことでしょう。

働き方の選択肢が多い

ネイリストが所属する美容業界は、男性ももちろんいますが、女性が多く活躍しています。

女性は結婚や出産・育児で現場の第一線を離れ、ブランクができてしまうと、復職がしにくいという悩みを抱えやすいものです。

しかし、ネイリストは資格、経験、技術を強みに復職がしやすく、即戦力として重宝されます。

また、ネイリストはネイルサロン勤務のほか、自宅で開業するなどの選択肢もあります。

なかには自分で製作したチップをインターネットで販売するネイリストもいます。

職種も正社員だけでなく、パートやフリーランスなど多様な働き方があり、自分のペースで生涯働くことができる点が魅力です。

独立・開業が比較的しやすい

ネイルサロンの開業資金は比較的少額で済み、また施術スペースも広くありません。

そのため、独立・開業がしやすいという特徴があります。

初期投資を抑えるため、自宅兼作業場としてマンションの1室でネイルサロンを開業するネイリストも多いものです。

軌道に乗れば、スタッフを雇い、複数のネイルサロンを出店していくことで、年収アップも期待できます。

自分の腕一本で仕事がしやすい点もネイリストの魅力のひとつです。