中卒、高卒から美容部員になれる?

  
いつもきれいなメイクをしている美容部員に憧れている方は多いのではないでしょうか?

美容部員は学歴が重視される職業ではなく、誰でもなれます。

この記事では、美容部員に求められていること・求人状況などを解説します。

学歴不問の求人も多い

美容部員という職業は、さほど学歴が重視される仕事ではありません。

求人を見てみると、応募条件が「学歴不問」となっていることも多く、中卒や高卒からでも美容部員として活躍することは十分に可能です。

しっかりと学ぶ気持ちさえあれば、学歴は重視しないと考えている企業が多いようです。

美容部員として大切なのは、勉強ができる・できないよりも、

  • 美容や化粧品に対する興味関心をもつこと
  • お客さまと上手にコミュニケーションをとること

が大切です。

販売職であることから、相手のニーズを引き出し、そのニーズに合う商品を選んでその魅力を相手に伝える力が求められます。

業務に不可欠な商品知識などは、仕事をスタートしてから身につけられ、美容部員の場合はしっかりとした研修があります。

そこでしっかりと知識を身につければ現場で働くことに支障はなく、学歴がないと美容部員になれないと考えることはありません。

大手化粧品メーカーでは学歴が問われる場合も

大手化粧品メーカーの美容部員の募集では、「高卒以上」あるいは「専門学校・短大卒以上」
の学歴を求められることがあります。

大卒で美容部員になっている人もいますが、どの化粧品メーカーでも、販売職で大卒の学歴を必須としているところはほとんどありません。
したがって、専門学校や短大を出ていれば、美容部員としての就職先の選択肢は大きく広がるといえます。

専門学校の場合、美容やヘアメイクを専門的に学べる学校もあるため、美容部員を目指すのであればより有利となるでしょう。

自分の目指す化粧品メーカーが、どのような求人を出しているのかをあらかじめ調べておくとよいでしょう。

正社員以外の道からステップアップ

美容部員は正社員の求人が多くないため、学歴に関わらず正社員の採用試験は倍率が高くなりがちです。

そこで、まずは契約社員やアルバイトとして実務経験を積み、転職をしてステップアップする道も考えられます。

新卒の時点で応募資格の学歴を満たしておらず、就職できなかった会社でも、実務経験を積めば中途採用で働ける可能性もゼロではありません。

アルバイトの美容部員

美容部員の正社員は求人自体が少なく競争率も高いのですが、契約社員やアルバイトであれば、年間を通してコンスタントに求人が出ています。

アルバイトといっても、お客さまの化粧品選びを手伝ったりレジ打ちをしたり、在庫確認や棚の陳列を行ったりなどの基本的な仕事内容は社員と変わらないことが多いため、美容部員としての知識やスキルは十分身に付けられます。

美容部員は現場でどれだけお客さまの心を掴めるか、ファンになってもらえるかが勝負で、実力さえ認められれば正社員として登用されたり、多くの売り上げがあればそれに応じたインセンティブをもらえることもあります。

高い学歴がなくても働ける環境はあるため、あきらめずにプロフェッショナルを目指していくことが大切だといえるでしょう。

中卒、高卒から美容部員になれる? のまとめ

美容部員の求人は、応募条件が「学歴不問」となっていることも多く、中卒や高卒からでも活躍することは十分に可能です。

販売職であることから、美容部員は相手のニーズを引き出し、そのニーズに合う商品を選んでその魅力を相手に伝える力などが必要です。

研修もしっかりしているので、知識を身につければ、業務に支障が出ることなく働けます。

しかし、美容部員は正社員の求人が多くないため、倍率が高くなりがちです。

そのため、アルバイトや契約社員から働き、実力をつけて正社員を目指す人もいます。