男性でもエステティシャンになれる?

日本における男性エステティシャンの現状

エステティシャンという言葉を聞くと、女性をイメージする人が大半でしょう。

エステが一般的な欧米では、男性エステティシャンが多く活躍していて、男性が女性に対し施術することも一般的ですが、日本においては「女性の仕事」というイメージが根強く、現状男性エステティシャンはほとんど見ることがありません。

男性がエステや美容について学べる学校が少ないためハードルは高く、女性の中には男性に身体を触られることに対して抵抗感を持つ人も少なくありません。

ただし近年では美容に関心を持つ男性が増えたことがきっかけで、男性の中にもエステティシャンを目指す人が増えてきています。

まだ職業としての歴史が比較的浅いエステティシャンですが、時代の移り変わりとともに、男性エステティシャンの存在がもっと身近になっていくものと考えられます。

男性がエステティシャンを目指すには?

男性がエステティシャンを目指す場合、女性と同様に専門学校やスクールで学び、エステサロン等への就職するのが一般的です。

当然エステサロンの中には女性限定とするところも多いですし、男性の採用はしないとですることもありますが、最近は男性エステティシャンが在籍するサロンも少しずつですが増えています。

また男性エステティシャンとして「メンズエステ」など、男性向けのエステサービス提供するサロンで活躍することも可能です。

男性エステティシャンとして働く上でのポイント

一般的なエステサロンのお客さまは、女性が大半です。

施術の際は肌や顔に直接触れることになるため、お客さまによっては女性のエステティシャンを希望されることもあります。

男性エステティシャンが在籍するエステでは、お客さまに事前に確認をとったうえで男性が施術することが基本となっています。

施術を受ける女性としては、どうしても男性に身体を触れられることに抵抗がある人も少なくありません。

こうしたお客さまの気持ちを汲み取ることはもちろん、真摯にお客さまと向き合い施術をすることで、やがて信頼してもらえるようになるでしょう。

またこれは男女いずれの場合にもいえることですが、エステティシャンには清潔感はもちろん、言葉遣いや身だしなみ、立ち振る舞いなどにも気をつけていく必要があります。

こういったことは入社後にエステサロンでも指導されますが、日々の生活から意識しておいたほうがよいでしょう。

男性だからこその視点で

エステティシャンには珍しい男性の施術を受けてみたい、男性側からの視点で身体のアドバイスが欲しいなど、男性エステティシャンとしての強みを生かすことで、予約が殺到するカリスマエステティシャンになることもあります。

また、男性にもエステの需要が増えるにしたがって、男性エステティシャンの活躍の場も着実に広がっています。

エステ業界には少ない男性の視点を生かすことで、より自分のスキルを発揮していくことができるでしょう。