「ショップ店員」とは

ショップ店員

アパレル、雑貨などのショップで、商品管理から品出し、接客・販売など幅広く業務を行う。

店舗に立って、商品を管理して、お客さまに販売するのがショップ店員の仕事です。

ショップ店員は未経験者採用も多い職業です。

求人サイトや店頭に貼ってあるポスターなどから応募するほか、ショップ店員の派遣会社に登録して働くという方法もあります。

ショップ店員の給料は、月の手取りが17万程度とあまり良いとは言えない金額です。

ですが、歩合制がある店舗の場合は、販売成績に応じて給料がアップしていきます。

ショップ店員はお店の運営になくてはならないそんざいですが、スマホの普及にともない、お客さまはかなりネットショップに奪われています。

外に出ずとも欲しい商品が買えて、家に届く、便利なネットショップから、お客さまをいかに実店舗に呼び寄せるかはショップ店員の腕にかかっています。

「ショップ店員」の仕事紹介

ショップ店員の仕事内容

店舗で商品を管理し、お客さまに販売する

ショップ店員の仕事は、店舗で商品を管理し、お客さまに販売することです。

店舗はアパレル、アクセサリー、インテリア、雑貨などさまざまなものがありますが、どのショップ店員でも仕事内容はほぼ同じです。

商品管理には、本社から届く商品の品出し、検品、タグつけ、陳列(おたたみ)などの業務があります。

お客さまに商品を販売するシーンでは接客技術が大きく関わってくるので、アパレルショップなどでは1日に1点しか販売できない人もいれば、数十点売りさばくという人もいます。

また店長になると上記の業務に加えて売り上げ管理やシフト管理、スタッフのマネジメントといった業務も入ってくるので、忙しくもやりがいのある日々を送ることができるでしょう。

ショップ店員の就職先・活躍の場

アパレル系やインテリア・雑貨系がメイン

ショップ店員の勤務先には、大きく分けてアパレル系やインテリア・雑貨系の2つがあります。

アパレル系のショップでは洋服、アクセサリー、バッグ、シューズなどの接客販売を行い、そのすべてに共通する特徴は試着があることです。

一方でインテリアや雑貨系のショップではディスプレイや包装に力を入れており、手先が器用なショップ店員が多いようです。

また、それぞれの店員の男女比が異なることも特徴で、インテリアショップなどだと男性4割、女性6割くらいですが、雑貨店となると男性2割、女性8割くらいとなっています。

ショップ店員の1日

シフト制で勤務をすることがほとんど

ショップ店員の勤務先はジャンルや営業時間がさまざまですが、ほとんどのお店ではシフト制が導入され、早番、遅番、中番などに分かれて勤務します。

ここでは、レディースアパレルショップでの早番の一日を紹介します。

<早番>
10:10 出勤
ロッカーで店頭用の服に着替え、お店に入りタイムカードを押したら、開店の準備をします。

10:50 朝礼
その日の売り上げ目標や、昨日の遅番からの連絡事項などが伝えられます。

11:00 開店
お店を開けて、お客さまを迎えいれます。

12:30 遅番の出勤
遅番の社員やアルバイトが出勤してくるので、挨拶をしてその日の伝達事項を伝えます。

14:30 休憩
14:30から15:30あたりで休憩を60分まわします。

16:30 レジ締め
夕方のピーク前に一度レジ締めをして、そこまでの売り上げを計算するお店もあります。

17:00 学生アルバイト出勤
百貨店などでは、夕方から閉店までのピークタイムに学生などのアルバイトを入れるお店もあります。

19:30 退勤

ショップ店員になるには

一番大切なのは笑顔やおもてなし

ショップ店員になるには主に3つの方法があり、一般的なのが求人サイトから応募する方法です。

他には店頭で掲載されている求人ポスターから応募する方法や、派遣会社から紹介をしてもらうという方法があります。

また資格や学歴は問われず、一番大切とされているのは笑顔やおもてなしです。

未経験からショップ店員になる人も多く、入社前にはしっかりとした接客研修があり安心ですし、商品知識は店頭に立ちながら徐々に学んでいけばいいでしょう。

ショップ店員の給料・年収

大手企業になるほど待遇は良い

ショップ店員の給料は決して多くはなく、初任給で手取り16.5万円~、英語のスキルが必須とされるような外資系高級アパレルショップでも最初は良くて20万程度といわれています。

ですが、個人のスキルをしっかり評価してくれる会社に入社すれば、顧客がたくさん付き個人予算を大幅に達成することで賞与をもらうことができ、少し余裕のある生活ができるでしょう。

また大手のショップになるほど待遇は良く、大手アパレルチェーンでは、女性社員の産休・育休をはじめ、復帰後の時短勤務やシフト調整などさまざまなサポートをしています。

ショップ店員のやりがい、楽しさ

好きな物に囲まれて仕事ができる

ショップ店員の一番の魅力は、自分の好きな物に囲まれて仕事ができることでしょう。

またアパレルショップなどでは個人で売り上げノルマを持つことになりますが、見事達成すれば大きなやりがいを感じることができます。

お客さまの接客でも、感謝されたり、自分の顧客ができたりすると、とてもうれしく感じるでしょう。

そして自分の働く店舗の商品を安く購入できる社割制度があることも、ショップ店員にとっては大きな魅力です。

ショップ店員のつらいこと、大変なこと

立ち仕事が基本で休みは不定期

ショップ店員の業務は基本的に立ち仕事が多く、倉庫での商品管理業務でも重い段ボールを運ぶなど肉体的にハードなことが多いです。

またシフト制の勤務であることから休みは不定期で、土日祝日が休みになるオフィス系の仕事をしている人とは予定を合わせづらくなります。

ショップ店員のメイン業務である接客では、老若男女、どんな人とでも話を弾ませてコミュニケーションをとらなければいけないので、それが苦手な人にとってはつらいでしょう。

ショップ店員に向いている人・適性

社交的でだれとでも気軽に話せる人

ショップ店員ははじめて会う人に声をかけ、商品の説明をしたり、おすすめをしたりしなければならないので、社交的な人の方が向いているでしょう。

また年上の方への接客時には敬語を話せなくてはお客さまをがっかりさせてしまうので、研修を受けたり、店頭での経験を積んだりして上達していかなければなりません。

そして新しいものに敏感な人は、知っている知識を接客時のコミュニケーションにも利用することができるでしょう。

ショップ店員志望動機・目指すきっかけ

一番のきっかけは接客業が好きであること

ショップ店員を目指す人の中で一番多い志望動機は、接客業が好きであることです。

次に多いのが、買い物が好きで洋服や雑貨、インテリアなどが好きだと理由で、こういった人であればお客さまにも親身になったアドバイスやサポートができるでしょう。

そして自分が実際に素敵なショップ店員に出会ったことから、ショップ店員を目指す人もいます。

採用面接で重要視されるのはコミュニケーション力なので、上記のような志望動機をスムーズに話すことができれば評価してもらえるでしょう。

ショップ店員の雇用形態・働き方

正社員、派遣社員、アルバイトとさまざま

ショップ店員の中には社員で働く人もいれば、派遣社員やアルバイトといった雇用形態で働く人もいます。

正社員は店舗間での異動や、企業によってはブランド間の異動がありますが、店長に昇格すれば評価されて給料も上がり、やりがいも大きいでしょう。

派遣社員は年末年始、セール時期などの繁忙期などの期間限定で働くことになり、短期間で稼ぎたい人や学生、フリーターなどに幅広く活用されています。

またアルバイトは派遣社員の期間のしばりがないパターンで、レジ打ちなどのお金を扱う責任の大きい仕事は任されないことが多いです。

ショップ店員の勤務時間・休日・生活

残業は少ないが土日の休みはとりづらい

ショップ店員の勤務時間は、正社員であれば8時間+残業、学生アルバイトであれば4~8時間で、店舗の営業時間に合わせてシフト制が導入されています。

また基本的にシフト制の勤務であることから残業や休日出勤は少なく、特にアルバイトや派遣社員はほぼ残業をすることがないでしょう。

休日に関しては週休二日制ではありますが、土日はかき入れ時でもあるので休みをとりづらく、スタッフが複数いる会社であれば交代で休日をまわしていくことになります。

ショップ店員の求人・就職状況・需要

大手のショップは毎年新卒採用を実施

ショップ店員は特別な学歴や資格、免許が必要ないことから、正社員、派遣社員、アルバイトなどたくさんの求人から自分の希望するものを見つけるといいでしょう。

正社員を希望するのであれば大手のネット求人広告で探すのが一般的です。

またチェーン展開をしているような企業であれば、ほぼ毎年新卒採用をかけており求人数はかなりのものになるので、条件面などを比較しながら応募してみましょう。

ショップ店員の転職状況・未経験採用

接客販売の経験は優遇される

ショップ店員は求人数も多く、特別な資格も不要なことから、OLや保育士など全く異なる業種から転職している人もいます。

未経験でもOKとしているショップが多いですが、やはり接客販売の経験があると優遇され、同ジャンル内での転職やジャンルを超えた転職は有利になるでしょう。

また体力面だけでいえば20代の方が向いているといえますが、ブランドのターゲット層によっては30代以上の人の方が採用されやすいケースもあります。

ショップ店員の現状と将来性・今後の見通し

ネットショップの登場で実店舗は厳しい状況

ショップ店員の働く各業界では強豪同士の争いが年々激しくなっており、人手は常に不足している状況です。

また近年、ECサイトとよばれるネット上のショップで買い物をする人が、若年層から年配層まで増えてきています。

ネットショップが栄えるほど実店舗は運営が厳しくなり、ショップ店員の働き口はなくなっていくことになります。

しかし、中にはショップ店員のアドバイスを聞きながら買い物をしたいという方もいるので、ファンの多くいるショップ店員の存在が今後の実店舗を支えていくでしょう。