メイクアップアーティストの給料・年収

メイクアップアーティストの給料の手取り額は22~24万円ほどで、一般的な職業よりも給与水準はやや低めです。

またアシスタント時代となれば、さらに低くなり、なかには下積み期間として無給というところもあります。

この記事では、メイクアップアーティストの給料・年収について解説します。

メイクアップアーティストの求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
ヘアメイクアップアーティスト
(転職ステーション)
421万円 -
メイクアップアーティスト
(給料バンク)
226万円~293万円 20代の給料:15万円
30代の給料:20万円
40代の給料:28万円
初任給:15万円
メイクアップアーティスト
(Indeed)
476万円 時給1,145円
日給1.2万円
月給22.6万円
メイクアップアーティスト
(求人ボックス)
386万円 月給32万円

各社のデータより、メイクアップアーティストの年収は、200~400万円の間となる実態が見えてきます。

メイクアップアーティストの手取りの平均月収・年収・ボーナス

各社の統計データをもとに算出すると、メイクアップアーティストの平均年収は、300万円前後となると考えられます。

ボーナスを考えない場合、月額総支給額は25万円ほど支給されていると考えられます。

東京都で勤務するメイクアップアーティストで、独身の人の場合、交通費などを除外して考えると月の手取り額は22~24万円ほどになると見込まれます。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準はやや低めでしょう

メイクアップアーティストの初任給はどれくらい?

初任給に関しては年収100万円〜180万円とかなり幅があるようです。

現場未経験でスタートする場合、最初はアシスタントなどの雑務が中心で、月収10万円程度のことも少なくなくありません。

アシスタントや新人時代は、あくまでも見習い期間として「勉強させてもらっている」状態であるため、忙しく他のアルバイトをする余裕はあまりないようです。

そのため事前にある程度の蓄えをしておいたほうが無難です。

メイクアップアーティストの福利厚生の特徴は?

メイクアップアーティストの福利厚生は、企業勤めの場合は各種保険や休暇制度などがありますが、個人事務所やプロダクションに勤める場合は福利厚生や待遇が整っていないこともあるため注意が必要です。

またアシスタントや新人時代はこうした福利厚生を利用できないことも少なくありません

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

メイクアップアーティストの給料・年収の特徴

アシスタント時代の収入

フリーランスで活躍するメイクアップアーティストのアシスタントとして活動する場合、平均年収は150万円程度のことが多く、なかには下積み期間として無給というところもあるようです

できるだけ高い給料をだしてくれる高名なヘアメイクアーティストの下に付きたいと考える人は多いですが、人気のため狭き門となっています。

「アシスタントをできるだけでも恵まれている」と思うようでなければ続けるのは難しいでしょう。

勤務時間と給料

メイクアップアーティストの勤務時間は長くなりがちで厳しい世界です。

テレビや雑誌などの撮影の仕事となる場合、早朝から深夜にまでなることもあり、拘束時間が長く、不規則な勤務体系となります。

また撮影の仕事は土日も関係なく、休日も明確に決まっていないケースが多いため、勤務時間と給料が見合わないと考える人も多いようです。

メイクアップアーティストの勤務先別の年収

メイクアップアーティストの勤務先例
  • 企業勤めのメイクアップアーティスト
  • ヘアメイク専門のプロダクション
  • フリーのメイクアップアーティスト

企業勤めのメイクアップアーティスト

メイクアップアーティストは、エステサロンや化粧品会社、ブライダルサロンなどのメイク部門に就職する人も多くいます。

この場合、企業の一員として働くため平均年収は180万円〜400万円程度といわれています。

ただし企業で地位が上がったり、メイクに関わる本などを出版したりするようになると1000万円を越える年収が得られる可能性もあります。

会社に所属する以上、一般の会社員と同様に「どれだけ会社に貢献できるか」が求められます

ヘアメイク専門のプロダクションの年収

ヘアメイク専門のプロダクションに所属する人の平均年収は、100万円〜500万円程度と考えてよいでしょう。

実力を付けていき根気よく続けていけば、3年目ぐらいには年収300万円〜400万円程度はもらえるようになります。

最初の頃はお小遣い程度の収入になってしまうため、休日や空いている時間を利用してアルバイトを掛け持ちしている人も多くいます。

フリーのメイクアップアーティスト

フリーのメイクアップアーティストの場合は収入にかなりの差があります

仕事がなければ収入は0円となりますが、売れっ子のメイクアップアーティストの年収は数千万円以上ともいわれています。

テレビや大手出版社と専属契約を結んだり、オリジナルコスメや美容本、DVDなどをつくりヒットさせれば、年収は億を越える場合もあります。

メイクアップアーティストが収入を上げるためには?

メイクアップアーティストが収入を上げるためには、メイク以外の能力も求められます

さまざまな年代の人と接することの多い仕事なだけに、コミュニケーション上手でなければ、なかなか仕事が回ってきませんし、アーティストやモデルから信頼を得れません。

また、さまざまな人脈をつくり多くのクライアントと知り合うことによって、現場の数をこなしたり大きな仕事をもらえたりするようになり徐々に収入もアップしていきます。

多くの仕事をこなすだけの体力と情熱、そして人を引き寄せるセンスとカリスマ性を備えていけば、少しずつ収入はアップしていくでしょう。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

メイクアップアーティストの給料・年収のまとめ

メイクアップアーティストは200万円から400万円となっており、初任給は年収100万円〜180万円と幅があるようです。

平均年収が約420万円から考えると、一般的な職業よりも給与水準はやや低めでしょう。

また、企業勤めの場合は、各種保険や休暇制度などがありますが、個人事務所やプロダクションに勤める場合は、福利厚生や待遇が整っていないこともあります。

さらに、アシスタントや新人時代はこうした福利厚生を利用できないことも少なくありません。

特徴として、アシスタント時代の収入が150万円程度と低く、なかには下積み期間として無給というところもあること挙げられます。

また、勤務時間は長くなりがちで、撮影の仕事は土日も関係なく休日も明確に決まっていないケースが多いため、勤務時間と給料が見合わないと考える人も多くいます。

企業勤めのメイクアップアーティストは、平均年収は180万円〜400万円程度、ヘアメイク専門のプロダクションは100万円〜500万円程度、フリーのメイクアップアーティストは一回で0円〜数千万円以上となります。

メイクアップアーティストが収入を上げるためにはメイク以外の能力も求められます。

さまざまな人脈をつくり多くのクライアントと知り合うことによって、現場の数をこなしたり大きな仕事をもらえたりするようになれば徐々に収入もアップしていきます。