女性のアパレル店員のキャリアパス・結婚後の生活

女性のアパレル店員の現状

アパレル業界では多くの女性が働いています。

キャリアを積みあげるうちに、結婚・出産と仕事の両立で悩む人も少なくありません。

一般的にアパレル店員はシフト制で働き、不規則な生活になりがちです。

また、アパレルショップはお客さまが多く来店する土日に営業する店が多く、どうしても多忙な土日に積極的に出勤できる人が好まれるのが実情です。

女性のアパレル店員の強み・弱み

女性アパレル店員の最大の強みは、同性の立場からアドバイスができることです。

アイテム選びやコーディネートのコツなど、女性アパレル店員に同性の目線からアドバイスを聞きたいというお客さまは多くいます。

また服はその人の印象を大きく左右し、場合によっては試着をするため、男性店員には抵抗があり、女性店員に接客してもらいたいと考える人も少なくありません。

アパレルは男性向けと比べると圧倒的に女性向けが多いため、女性のアパレル店員が活躍する場も多いといえます。

アパレル店員の結婚後の働き方・雇用形態

短時間勤務を視野に

人手に余裕があるショップや子ども向けのショップあれば、「勤務時間は15時まで、土日は出勤なし」のように短時間勤務で働けるところもあります。

それまではフルタイムで働いていた人も、結婚や妊娠後は会社の了承を得て短時間勤務での仕事を続けている人もいます。

ただし、百貨店に入る人気ブランドなどの忙しい店では、融通が利かせにくいのが実情のようです。

アルバイトとして働く

結婚や出産を機に一度は仕事を辞めたとしても、生活費を稼ぐため、あるいは社会との接点を持つために仕事に復帰したい、アパレル店員になりたい考える人はたくさんいます。

アパレルショップは全国に数多くあるため、勤め先を探すのにはそこまで苦労することはないでしょう。

ただし、正社員や契約社員の場合、フルタイムでの勤務が求められるため、限られた時間のみ働きたいという場合には、アルバイトの求人を探すとよいでしょう。

アルバイトの場合は未経験の場合も比較的採用されやすく、また自分の都合に合わせて働きやすいといえます。

アパレル店員は子育てしながら働ける?

アパレルショップは土日祝日のほか、ゴールデンウィークやお盆・年末年始などの大型連休にも営業することが多いです。

こういった連休中にはセールが重なることも多いあるため、店は非常に忙しくなり、休みを取るのが難しいのが現状です。

シフトは最低限の人数で店を回せるように作られていることがほとんどのため、気軽には休むことはできません。

子育てをしながらアパレル店員として働く場合は、周囲に協力者を見つけることも必要です。

アパレル店員は女性が一生働ける仕事?

年齢や状況によって働き方を変える

アパレル店員は若い人が多いイメージがありますが、年齢やライフスタイルに合わせた働き方を選べば一生働くことができます。

長年アパレル店員として働き仕事ぶりが認められれば、キャリアアップしていく道も考えられます。

アルバイトから正社員へ

アパレル店員は、未経験者の正社員募集がほとんどありません。

アルバイトあるいは契約社員としてスタートし、頑張りが認められると正社員へと登用されるといったケースが一般的です。

正社員になるまでの期間は、短ければ1年、平均では2年から3年は働いてからということが多いようですが、誰もが必ず正社員になれるというわけではありません。

与えられる仕事を淡々とこなすだけではなく、率先してお店を良くするために動いたり、積極的に意見を提案したり、先輩のフォローや気遣いができるような人は、上からも目を留めてもらいやすいでしょう。

別の職種に就く人や独立を果たす人も

アパレル店員として一定期間の経験を積んだのちは、副店長や店長へとステップアップする道が一般的です。

店員時代は自分の売上だけを考えていればよくても、副店長や店長になれば本社の指導を受け、店舗としての売上目標を立てたり、部下を育成したりするマネジメントの役割も担います。

その後のキャリアは人によってまちまちで、そのまま店長を続ける人もいれば、多店舗展開する大手アパレル企業の場合は地域の店舗を統括するエリアマネジャーになる人もいます。

また、アパレル店員を経てプレスやバイヤーなどの本社勤務へキャリアアップする人もいるほか、さまざまな職種を経験し独立して自分のブランドを立ち上げたり、ショップを経営したりする人もいます。