このサイトはファッションデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ファッションデザイナー」

仕事内容
ファッションデザイナーは、洋服や靴、バッグなどをデザインする仕事です。どんな人が、どんなシーンで着るのかなどのコンセプトをもとに企画を考え、絵を描きながら具体的な形にしていきます。大量生産するアイテムをデザインする「企業内デザイナー」以外にも、個々の顧客の注文に応じてデザインをする「オートクチュールデザイナー」がいます。企業内デザイナーの場合、アパレルメーカーや繊維メーカーに勤める人がほとんどです。
なるには
ファッションデザイナーは、何か特別な資格が必要な仕事ではありません。しかし、仕事の現場では専門知識と技術が求められるため、高校卒業後に服飾系専門学校や大学・短大の服飾系学科で学び、アパレルメーカーなどに就職する道が一般的となっています。この仕事の関連資格としては「パターンメーキング技術検定試験」が有名ですが、資格よりもきちんとした基礎を身につけているかどうかのほうが重要視されることが多いようです。
給料
企業に勤める場合、年収300万円~400万円程度が一般的です。待遇が厳しいと言われるアパレル業界ですが、大手のアパレルメーカーは、年収も待遇もそれなりに安定しています。ある程度の経験を積んでからは、独立してフリーランスで活躍する人もいます。一流デザイナーになれば年収1000万円以上の高額年収を得られる可能性もありますが、実力が表れやすい仕事であるため、稼げる人とそうでない人の差も出やすい仕事です。
将来性
衣服は人間にとって必需品であり、また、ファッションの流行は次々と変わりゆくため、新たなファッションアイテムを生み出すこの職業は非常にニーズがあると言えます。低価格帯のファッションブランドに注目が集まる中、「安くてもいいもの、素敵だと思えるもの」を創造できる企画力や斬新な発想ができるデザイナーは、ますます重宝されるでしょう。周囲から実力が認められれば、任せられる仕事の幅はどんどん広がっていきます。