メイクアップアーティストの求人・就職状況・就職率はどれくらい?

インターネットや動画サイトなどの「多チャンネル化」により、タレントやモデルの出演の場が増えたことから、メイクアップアーティストの活躍の場は広がっています。

スキルが重視される業界のため、知識と技術がある人が有利にはなりがちですが、メイクアップアーティストの求人は比較的、安定している職業です。

この記事では、メイクアップアーティストの求人・就職状況・就職率について解説します。

メイクアップアーティストの就職先

メイクアップアーティストのおもな就職先
  • ヘアメイクプロダクション
  • 化粧品メーカー
  • ブライダルサロン
  • 結婚式場
  • エステサロン
  • 美容室
  • 写真スタジオ

なかにはフリ―ランスとして、さまざまな分野で活躍するメイクアップアーティストもいます

メイクアップアーティストの勤務先と仕事内容の違い

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

メイクアップアーティストの求人状況

さまざまな場所に需要がある

メイクアップアーティストは、需要が安定している職業です

メイクアップアーティストのおもな活躍の場となるテレビや映画、雑誌などのメディアはいつの時代にもたくさん作られていますし、舞台作品も毎日のように公演されています。

ファッションショーやイベント、ブライダルも同様に、時代が移り変わろうともなくなることはありません。

また、近年はインターネットや衛星放送・ケーブルテレビ・動画サイトなどの「多チャンネル化」が進み、タレントやモデルの出演の場が増えたことから、ヘアメイクが必要とされる機会も増加傾向にあるといわれ、メイクアップアーティストとしては活躍の場が広がっているといえます。

経験者が求められる

メイクアップアーティストはあくまでも「スキルありき」の専門職であることから、たしかな知識と技術なくして、長く活躍していくことは難しいといえます。

年齢が若ければ、就職の時点でそこまで高いスキルは求められないことも多いですが、やはり学校で、しっかりとしたスキルを身につけておくことは大切で、メイクアップアーティストへ転職をするのであれば、それまでに何を身につけてきたのか、どのような経験を積んできたかが強く問われます

また、業界全体として、一般的なメイクだけでなく特殊メイクなどに強い人材は重宝される傾向にあります。

メイクアップアーティストの就職先の選び方

メイクアップアーティストの仕事内容は、勤務先などによって大きく異なるため、どのような活躍をしたいかによって就職先を考えるとよいでしょう。

なかにはメイクアップアーティストという名前ではなく「ビューティーアドバイザー」などの名称で求人募集されていることもあるため、仕事内容までよく確認していくとよいでしょう。

雇用形態は正社員のほか、契約社員や業務委託などまちまちです。

雇用形態をはじめ、就職先によって勤務スタイルや現場の雰囲気、仕事内容などを加味して、自分がどういった進路に進みたいのかをあらかじめ考えておきましょう。

メイクアップアーティストの志望動機・面接

メイクアップアーティストは、「メイクが好き」という純粋な気持ちから目指す人が非常に多い職業です。

また、テレビや映画・雑誌など、メディアが好きで、自分もそういった「作品づくりに携わりたい」という気持ちから、メイクアップアーティストを目指す人もいます。

いわゆる「裏方」の仕事ですが、人を陰で支えるのが好きな人にとっては、充実感が得られる仕事といえます。

メイクアップアーティストの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

就職先はどのように探したらいい?

メイクアップアーティストの仕事は、一般的な求人サイトやハローワークで見つけることは少なく、企業やプロダクションのホームページやなどで募集されることが多いです。

興味のあるところはこまめにホームページをチェックしておくとよいでしょう。

また、ヘアメイクの専門学校・スクールに通っていると、学校側が就職先を紹介してくれたり、就職試験のサポートをしてくれたりすることが多いため積極的に利用しましょう。

メイクアップアーティストの求人のまとめ

メイクアップアーティストのおもな活躍の場となるテレビ・舞台・ファッションショー・ブライダルなどでの求人はなくなることはないでしょう。

求人は、企業やプロダクションのホームページやSNSなどで募集されることが多く、学校側が就職先を紹介してくれたり就職試験のサポートをしてくれることもあります。

メイクアップアーティストへ転職する場合はスキル重視のため、それまでの経験が強く問われます。

雇用形態は正社員のほか、契約社員や業務委託などで、勤務スタイルや現場の雰囲気・仕事内容などをあらかじめ考えておくことは大切です。