ブライダルのメイクアップアーティストの仕事内容・なるには

結婚式を迎えるカップルに対して、特別な日を提供するブライダルのメイクアプップアーティストは、多くの人が憧れる職業のひとつです。

結婚式当日までにカップルと打ち合わせをしながらメイクの方向性を決めていきます。

また、メイクアップだけでなくヘアスタイリングを同時に任されることもよくあります。

この記事では、ブライダルのメイクアップアーティストの仕事内容・なり方について解説します。

ブライダルのメイクアップアーティストとは

メイクアップアーティストの活躍の場として特に需要が大きいのが「ブライダル」の世界での仕事です。

ブライダルのメイクアップアーティストは、結婚式を迎えるカップルに対してヘアメイクを行います

結婚式はお客さまにとって一生に何度とない思い出に残る日となるため、事前にカップルと打ち合わせを行いながらメイクのコンセプトや方向性を固め、「特別な日」に最高の美しさを提供するお手伝いをします。

また、当日式を挙げるカップルだけでなく、参列する親族や友人などのお客さまに対してヘアメイクを行うこともあります。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

ブライダルのメイクアップアーティストの仕事内容

ブライダルのメイクアップアーティストの仕事内容
  • 結婚式当日のヘアメイクやお色直し
  • 事前に写真撮影をする場合のヘアメイク
  • ウエディングドレスのフィッティングやコーディネート

ブライダルのメイクアップアーティストは、結婚式に向けた準備から当日まで「美」という観点からトータルでお手伝いをしていきます。

メイクひとつとっても、花嫁の魅力を最大限に引き出すためには、ドレスの色や素材感、雰囲気と合うものを提供することが重要です。

また、現場ではメイクアップだけでなく、ヘアスタイリングを同時に任されることもよくあります。

ブライダルのメイクアップアーティストになるには

一般的なメイクアップアーティストと同様、まずはヘアメイクに関する知識や技術を身につける必要があります

美容やヘアメイクの専門学校・スクールなどで学び、

  • 結婚式場やホテルの美容部門
  • 美容室
  • 結婚式場へ出入りするヘアメイクプロダクション

などに就職しています。

ブライダルのメイクアップアーティストに美容師資格は必要?

ブライダルの世界で活躍する場合、メイクアップのみではなく、ヘアスタイリングを同時に担当することも多くあります。

メイクアップだけを担当するのであれば無資格でも問題ありませんが、美容師免許」を取得しておくことでヘアスタイリングにも深く関われ、就職のチャンスや業務の幅が広がるでしょう。

また、もともと美容師の資格を持ちヘアスタイリングのスキルをもつ人が、メイクアップを勉強してブライダルのメイクアップアーティストとして活躍することもあります。

ブライダルのメイクアップアーティストにブライダルコーディネーターの資格は必要?

ブライダルの世界で働くメイクアップアーティストのなかには「ブライダルコーディネーター」関連の資格を取得する人もいるようです。

現代はブライダルのニーズが多様化し、お客さま一人ひとりの好みや価値観に合うサービスを提供する傾向がより強くなっています。

そのためメイクアップアーティストにも、さまざまなニーズに対応できるだけの知識や技術、そして感性が求められるといえ、こうした資格を取得しておくことでより活躍の場が広がるでしょう。

ブライダルのメイクアップアーティストの仕事内容のまとめ

ブライダルのメイクアップアーティストは、結婚式を迎えるカップルに対してヘアメイクを行います。

事前に写真撮影をする場合のヘアメイク・ウエディングドレスのフィッティングやコーディネートなど、結婚式に向けた準備から当日までトータルでお手伝いをしていきます。

現場ではメイクアップだけでなくヘアスタイリングを同時に任されることもよくあり、参列する親族や友人などのお客さまに対してヘアメイクを行うこともあります。

そのため、美容師免許を取得しておくと、就職のチャンスや業務の幅が広がります。

現代はブライダルのニーズが多様化し、お客さま一人ひとりの好みや価値観に合うサービスを提供する傾向がより強くなっていることから、知識や技術、そして感性がよりいっそう求められるようになるでしょう。