このサイトはアパレルメーカー社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「アパレルメーカー社員」

仕事内容
アパレルメーカーとは、アパレル(衣料品)を企画製造し、卸売や販売を行っている会社のことをいいます。メーカーによって事業展開は多少異なりますが、組織はおもに洋服や靴などのデザインや生産を行う「デザイン・制作部門」、どのような商品を作るかを考える「企画・管理部門」、店舗での接客を行う「販売部門」に分かれ、メーカーが持つブランドのコンセプトやイメージに基づいた形で「魅力的な、売れる商品」を生み出しています。
なるには
アパレルメーカーの社員として働くには、各アパレルメーカーが独自に実施する社員採用試験を受ける必要があります。「学歴不問」で採用活動を行うメーカーもあるものの、総合職や企画職、営業職、MD(マーチャンダイザー)職といった本社で働く職種の場合は「大卒以上」が求められることが一般的です。また、デザイナーやパタンナーのような専門的な職種については、服飾系の専門学校を出ている人を対象とすることもよくあります。
給料
アパレルメーカーの給料は、職種や経験などによって異なりますが、年収300万円~500万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。ただし、デザイナーやパタンナー、バイヤーなどは個々の実力が給料に反映されやすいほか、マスコミ対応を行う「プレス」については、経験を積めばより高額な年収を得やすい職種といわれています。給料以外の待遇として、たいていのメーカーでは従業員向けに自社ブランドの商品を割引価格で購入できる制度を設けています。
将来性
アパレル業界は景気や流行、消費者ニーズの影響を受けやすく、時期によっては業界全体が落ち込んでしまうこともあります。しかし、人々の生活に不可欠な「衣食住」の一部を担っていることも事実であり、消費者ニーズを掴むことさえできれば、メーカーとして堅調に経営を続けていけるともいえます。最近では海外進出をする大手メーカーも増えており、「グローバル化」と「ITの活用」によって、時代の波に積極的に乗れている企業が成功しているといわれています。