百貨店社員の志望動機と例文・面接で気を付けるべきこと

百貨店を目指すきっかけで多いものは?

百貨店を目指すきっかけで多いものは、百貨店を利用した経験があり、そこで発見や気づきがあったというものです。

百貨店は多くの人が実際に利用したことがあるため、志望動機に盛り込む際は差別化をはかるために、自分なりのエピソードを取り入れるとよいでしょう。

百貨店の志望動機の考え方

百貨店の志望動機を作成するにあたって、まず考えておきたいことが2つあります。

それは「百貨店で何がしたいのか」ということと、「なぜその百貨店を志望するのか」ということです。

何がしたいのか

百貨店にはさまざまな仕事があります。

販売職はもちろん、商品の仕入れや物流に関わるバイヤー、個人や法人向けの営業職、さらには販売促進マーケティング、企画といったように、社員がそれぞれの役割を担い、チームプレイで働いています。

百貨店に就職すれば、会社の都合によって配属先が決まることもよくあり、最初は志望していた職種に配置されないかもしれません。

しかし、まず「百貨店で何をしたいのか」という自分自身の明確な意思を持っておくことは大切です。

それをアピールできれば、どうしても百貨店で働きたいという熱意が伝わりますし、いざ仕事を始めてからも将来の目標に向かってがんばることができるでしょう。

なぜその百貨店なのか

百貨店を志望する人は、複数の百貨店を併願するケースも多く、なかには「とにかく百貨店であればどの会社でもいい」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、志望動機では「その百貨店を志望する理由」を明確に打ち出しておくべきでしょう。

ひとくちに百貨店といっても、会社によって経営方針やコンセプト、理念やビジョンなどは異なります。

各社のことをよく調べて、他社ではなく、その会社で働きたい理由が述べられるとベターです。

百貨店の志望動機の例文3つ

販売職希望の志望動機

「私は化粧品を購入する際によく貴社の○○店を利用しています。

ある日、目的の化粧品を買おうと販売員の方に相談したところ「あなたの肌には違う商品の方が合うのではないか?」と別な商品を提案してくださいました。

さまざまな商品がある中で、私に合うものを的確に提案してくださったことで、気持ちよく買い物することができました。

売り上げはもちろん大切ですが、お客さま一人ひとりのことを考えて接客をしたいと思います。」

企画職希望の志望動機

「私は幼いころ、貴店で行われた美術展に行き、はじめてほんものの絵画を見ました。

そのことに衝撃を受け、自分でも絵の道を志すようになり、大学では美術について学びました。

私の街に百貨店がなくては、こうした美術との出会いはありませんでしたし、百貨店でこうした企画が行われることで、地域の文化振興の一端を担うのではないかと考えています。

大学で身につけた知識を生かし、多くの人を集客できる催事や展覧会を企画したいと思います。」

百貨店の特色を盛り込んだ志望動機

「私は大学時代地域づくりについて学んでおり、百貨店は市民の購買行動や街づくりに大きな影響を与えていると学びました。

貴社は「まちづくり戦略」を行い、地域の人々の生活に根差した経営をしていることから、ぜひ自分の経験を生かし、町全体に活気を与えられるような仕事がしたいと思うようになりました。

○○市は近年人口が減りつつありますが、市全体を活気づけている百貨店を起爆剤に、地域の憩いの場づくりや文化の発信場所にしたいと考えています。」

百貨店の面接で聞かれること・注意点

百貨店の採用試験では、書類選考や筆記試験などと併せて、ほぼ確実に面接が行われます。

面接では人柄が判断されますが、志望動機については深く聞かれることが多いため、考えた志望動機は、自信を持って話せるように練習しておくとよいでしょう。

百貨店の自己PRのポイント

百貨店は就職先としても人気が高く、多くの志望者が集まることも珍しくありません。

そのなかで評価される存在になるためには、まず身だしなみや言葉遣いなどに気を付けて好印象を残すこと、また話す内容によって面接官に強い印象を与えることが重要です。

志望動機のほか、「将来の目標」や「学生時代にがんばったこと」などの定番の質問に対しても、ありきたりの答えではなく自身の経験を踏まえた具体的な内容が話せるとよいでしょう。

百貨店の志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で百貨店への転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで添削を無料で受けるのもおすすめです。

小売の分野に強い転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、業界情報を聞くことができたり、百貨店の「非公開求人」の情報を得ることもできます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。