ネイリストの需要、現状と将来性

ネイリストの現状

 

ネイル市場は拡大傾向

ネイルアートは若い女性を中心に人気があり、今や日常的にファッションの一部として取り入れる人が増えています。

持続性があり、比較的自分で施術しやすいジェルネイルが主流になりつつあり、気軽に自宅で簡単なセルフネイルを楽しむ人が増えてきています。

更に今まではネイルといえば若い人のものでしたが、今では高齢者もシンプルなネイルケアを受けるチャンスが増えています。

高齢者がネイルを楽しむことで、日常にメリハリや彩りが生まれ、認知症予防になるという研究もあり、今後も利用者層は増加していくでしょう。

ネイルサロンの総数は緩やかに増加

タウンページデータ件数によれば、国内のネイルサロン登録数は2001年が892件に対し、2010年には3998件にまで増加しています。

またNPO法人ネイリスト協会が出版したネイル白書によれば、ネイルサービス提供店の数は2015年には、24,450店と発表されています。

これらのデータから分かるようにネイルサロンの総数は右肩あがりで増加しています。

ここ数年は、セルフネイルの浸透で、その拡大は緩やかなものになってはいますが、撤退するネイルサロンより、参入するネイルサロンの数が多いのが実態です。

厳しい価格競争

ネイルサロンの数が増え、特に都市部ではサロン間の競争が激化していて、低価格サービスをウリにするサロンが増加しています。

ネイルサロンが少なく、高い技術を要するスカルプチュアが主流の時代は、ネイル施術は高額で、働くネイリストの給与も高額でした。

価格競争が激化し、ネイルサロン全体のサービスが低価格になり、それに伴い働くネイリストの給与水準は低いものに変わりました。

ネイリストの需要

 

ネイルサロンの数は緩やかに増加しているため、ネイリスト求人も多く、贅沢を言わなければ就職に苦しむことはないでしょう。

また技術を身に着け、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるネイリストを志す人が増加しています。

未経験かつ資格がない状態でも可とする求人も多く、誰でもチャレンジしやすい環境にあります。

一方でネイルサロンは都市部を中心に増加し、サロン間の価格競争が激化しています。

そのため技術水準が未熟なネイリストに施術させたり、見た目優先でネイルケア施術を適当にすませたりするなど、いい加減なサービスを提供するネイルサロンがあるのも事実です。

また価格競争により、ネイリストの給料水準、待遇はよいとはいえない場合もあります。

自分に合うネイルサロンを職場環境も含めて、しっかりリサーチすることが大切です。

ネイリストの将来性

 

低価格での価格競争

現在のネイルサロンは価格競争が進み、ネイル施術を低価格で提供する店が増加しています。

今やジェルネイルを中心に自宅でセルフネイルを楽しむ人が増加しているほか、アートシールなどの商品が販売され技術がなくともネイルを楽しめる時代です。

セルフネイルの浸透は、ネイルサロンにとり脅威である一方、あえてネイルサロンを利用する人は価格以外の点を重視するようになるでしょう。

ネイリストの技術、居心地のよいサロン空間を重視するお客様が増加するため、低価格のみをウリにしているいい加減な施術を行うサロンは淘汰されていくでしょう。

働くネイリストも技術、質の高いサービスを求められるようになります。

AIの台頭

更に将来のリスクとして、AIの台頭があります。

デザインや写真を取り込み、機械が自動的にネイル施術を行い、人間より手早く安価に仕上げる時代がくるといわれています。

そのため、ネイリストという職業はなくなるのではという指摘もあります。

ネイリストとして生き残るためには、技術力は勿論、お客様のニーズを的確につかむカウンセリング力、サロンに来ることが楽しみになるような会話力などが必要になるでしょう。

将来的にネイリストとして生き残り、活躍するためには人間としての魅力を高めていかないといけません。

ネイリストの今後の活躍の場

 

海外で活躍する

海外では日本以上にネイルを楽しむ人が多く、日本人ネイリストは高く評価される傾向にあります。

日本人特有の手先の器用さが生み出す繊細で丁寧なアート、真面目に努力をすることで得た高い技術力が要因です。

今や国際化が進み、国内だけでなく、海外に活躍の舞台を移すネイリストもいます。

高齢者や男性客へのサービス拡大

従来はネイル施術は若い女性のものという考えが根強くありました。

しかし高齢者へのネイル施術サービスを行うボランティアの活動が、認知症予防などで注目を浴びています。

今後、福祉ネイリストと呼ばれる高齢者へのサービスを主に行うネイリストが増加するでしょう。

高齢社会のなかで、介護サービスとあわせてネイルサービスを提供するなど、新たなニーズ発掘が進むと予想されます。

また今後は男性もネイルケアを身だしなみと捉え、女性と同じように行う人が増えていくでしょう。

男性向けのサービスを提供することで、ネイリストの新たな活躍の場が広がります。