フリーランスのネイリストとして働くには?

フリーランスのネイリストの働き方の種類

面貸しを利用する

フリーランスのネイリストの働き方の一つに、面貸しという形態を利用する方法があります。

ネイルサロンの場所を間借りする代わりに、個人事業主であるネイリストは売上から契約に基づき、サロン側に場所代として歩合料を支払います。

面貸しのメリットは、自分で店舗を持つより、経費が安くすむことです。

個人事業主のため、サロン側との関係は対等で、歩合率などの交渉が可能なほか、働く曜日・時間なども融通が利きます。

そのため、副業として働くネイリストにも選ばれる働き方であり、独立前に経営感覚を身に着けるために面貸しで働くネイリストもいます。

一方で集客は自分で行う必要があり、客足が伸び悩んだ時は、従業員の立場でネイリストとして働く場合より、実収入が減るというリスクもあります。

業務委託契約として働く

 

業務委託で働く場合も、ネイリストは個人事業主として、特定のサロンと契約を結びます。

そして、サロンの売上から契約に従った歩合率で報酬を受け取ります。

売上はネイリストではなく、お店に帰属するという点がネイリストと違います。

また集客も面貸しと違いサロンが行うため、店舗の規模、信用力を背景に施術に専念しやすいです。

一方、正社員で働くよりは、勤務時間・曜日の融通はききやすいものの、面貸しに比較するとサロン側の要望をある程度のむ必要があり、自由度は下がります。

独立してサロンを開く

 

独立開業して自分のネイルサロンをもつ働き方です。

ネイルサロンの開業準備資金は比較的少額で済み、スペースも広くは必要ないことから、開業がしやすいという特徴があります。

マンションの一部屋を施術部屋として、自宅兼店舗にするネイリストもいます。

働く時間や曜日の融通が利きやすく、家事、育児との両立もしやすいです。

さらに店の立地や広さ、内装デザイン、コンセプト、メニューなど、あらゆることを自分で自由に決めることが可能です。

一方、集客、経費管理などを意識しなければ、赤字になったり、閉業に追い込まれたりします。

ネイリストとしての技術・経験だけでなく、経営者としての素質が求められます。

訪問・イベントに特化して働く

お客様の自宅に訪問するほか、イベント会場に呼ばれて施術を行います。

ネイリストは自分の技術と道具のみあれば作業もしやすく、この働き方であれば特定の曜日の特定の時間のみネイリストとして活躍できます。

そのため副業として働くネイリストにも人気があるフリーランスの働き方です。

フリーランスのネイリストになるまでのキャリアパス

 

スキルを磨く

フリーランスのネイリストとして働くためには、どの形態をとるにしろ、高い技術、深い知識に加え、あらゆる場面に対応できる接客スキルが求められます。

そのため最初からフリーランスのネイリストとして働くのではなく、最初にネイルサロンに就職に、従業員として経験を積みながら技術を高めるのが一般的です。

店長クラス、サロンのトップスタイリストとしての立場まで自分を高めていく必要があります。

資格を取得する

またJNECネイリスト技能検定やネイルサロン衛生管理士などの資格を取得する人もいます。

フリーランスに不可欠なものではありませんが、これらはディプロマとして自分のスキルを客観的に証明するものとなります。

フリーランスとして接するお客様や契約相手の信頼を得る材料の1つとなるでしょう。

経営者としての勉強をする

さらにフリーランスにとって経営者感覚を持つことは大切で、独立前に簿記、税金について勉強する人もいます。

サロンの中には従業員の独立を積極的に支援するところもあります。

そのようなサロンでは面貸し・業務委託スタイルも積極的に取り入れている傾向がみられます。

フリーランスのネイリストとして働くという目標をもち、サロンに就職する場合は独立支援制度についても調べることをお勧めします。

フリーランスのネイリストのメリット・デメリット

 

メリット

 

フリーランスのネイリストとして働くメリットは、勤務曜日・時間の融通がききやすいという点です。

サロンに勤める場合、そのサロンの雇用契約、勤務体系にあわせる必要がありますが、フリーランスの場合、自分のスケジュールに合わせて仕事量の調整ができます。

そのため、家事や育児などと両立がしやすいとフリーランスを目指す人も多いです。

さらに頑張れば頑張るだけ、年収アップの可能性があります。

デメリット

 

フリーランスとして働く時、ネイリストとしての知識、技術だけでなく、経営者感覚を持たなくてはなりません。

フリーランスの場合、一般的に集客、営業活動は自分で行うため、お客様にまた来てもらえるようなサロンづくり、他のネイリストとの差別化を戦略的に行う必要があります。

集客がうまくいかない時は、従業員として働いていた時より、大きく手取り収入が減る可能性があります。

またフリーランスのネイリストは個人事業主のため、確定申告・社会保険の手続きを自分で行う必要があり、煩わしく感じる人も多いです。

フリーランスのネイリストの給料・年収

 

フリーランスのネイリストの平均年収は、働く時間や副業など働き方のスタイルにもよるため一概にはいえません。

しかし、フリーランスとして働くメリットは、自分の技術を最大に生かすことができ、頑張れば頑張るほど、年収アップの可能性があります。

例えば、正社員でネイルサロンに勤務する場合の平均年収は300万円程度です。

一方、自分のサロンを開業し、集客などに問題なく軌道にのった場合、年収600万円~1,000万円程度稼ぐことも可能です。

さらにアルバイトとして週2~3日サロンに勤める場合、時給は900円~1,200円が相場とされています。

これに対し、出張ネイリストとしてフリーランスで働く場合、自分のスケジュールに合わせて働けるうえ、交通費、材料費を除く施術料金が全て自分のものとなるため、効率よく稼ぐことも可能です。

とはいえ、甘い世界ではなく、稼げるフリーランスのネイリストになるには、他のネイリストの追随を許さない高い技術力、接客力、集客力などが求められます。