【2021年版】テキスタイルデザイナーの年収・給料はどれくらい?統計データも解説

テキスタイルデザイナーの平均年収・給料の統計データ

テキスタイルデザイナーの平均年収・月収・ボーナス

賃金構造基本統計調査

厚生労働省の令和2年度賃金構造基本統計調査によると、テキスタイルデザイナーの平均年収は、39.2歳で461万円ほどとなっています。

・平均年齢:39.2歳
・勤続年数:9.5年
・労働時間/月:168時間/月
・超過労働: 7時間/月
・月額給与:325,100円
・年間賞与:708,100円
・平均年収:4,609,300円

出典:厚生労働省「令和2年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

テキスタイルデザイナーの勤務先の規模別の年収(令和2年度)

テキスタイルデザイナーの年収は、勤務先の事業所の規模によって大きく異なります。

10〜99人規模の事業所に勤めるテキスタイルデザイナーの平均年収は399万円、100〜999人規模は476万円、1,000人以上の規模では651万円、10人以上規模の事業所平均は461万円となっています。

上記グラフの基タイトルは「デザイナー」でファッションデザイナー、インダストリアルデザイナー、ウエディングドレスデザイナー、ジュエリーデザイナー、ゲームデザイナー、グラフィックデザイナー、パッケージデザイナー、キャラクターデザイナー、プロダクトデザイナー、カーデザイナー、雑貨デザイナー、ガーデンデザイナー、空間デザイナー、ディスプレイデザイナー、照明デザイナー、インテリアコーディネーターなど他職業を含むデータです。

賃金構造基本統計調査より作成。本統計は調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

テキスタイルデザイナーの勤務先の年齢別の年収(令和2年度)

令和2年度賃金構造基本統計調査によると、テキスタイルデザイナーの年収は、年齢の上昇にしたがって上がっています。最も年収が高い世代は、50~54歳の600万円です。

全年代の平均年収は461万円となっています。

上記グラフの基タイトルは「デザイナー」でファッションデザイナー、インダストリアルデザイナー、ウエディングドレスデザイナー、ジュエリーデザイナー、ゲームデザイナー、グラフィックデザイナー、パッケージデザイナー、キャラクターデザイナー、プロダクトデザイナー、カーデザイナー、雑貨デザイナー、ガーデンデザイナー、空間デザイナー、ディスプレイデザイナー、照明デザイナー、インテリアコーディネーターなど他職業を含むデータです。

テキスタイルデザイナーの年収の特徴

実力次第で給料はアップしていく

実力主義の現場であるだけに、デザイナー自身のキャリアや実績によってはもっと高い年収になることもあります。

大手アパレルメーカーやインテリアメーカーの場合は年収500万円以上も可能ですし、独立してフリーランスのテキスタイルデザイナーとしてやっていく場合は、実力に応じて更に高い金額をもらえることもあります。

世界的に有名なブランドから指名を受けてデザインをしているような人気デザイナーやコンテストなどでの受賞経験が多く知名度のあるデザイナーの場合は、年収1000万円以上も不可能ではありません。

非正規で働く人も多い

テキスタイルデザイナーの雇用形態は非正規になることがあり、契約社員やパートタイマーやアルバイトでも多くの人が働いています。

時給制で働く場合の相場は、仕事の内容に応じて一時間1000~2000円ほどの金額になることが多いようです。

企業によっては、入社後はまずデザイナーの見習いとして非正規雇用として働き、先輩デザイナーの雑用などを手伝いながら仕事を覚え、適性や実力が認められれば正社員に登用されるというケースもあります。

見習いとして働く期間は企業によって異なりますが、数か月から数年かかるのが一般的です。

この期間は高待遇は望めないので、ある程度厳しい生活をしなければいけないことも覚悟しておいた方がよいでしょう。

デザイナーというのは専門性が非常に高い職業であるだけに、一人前のプロフェッショナルとして相応しい報酬を手に入れるまでには苦労もあるのです。"