美容師への転職・未経験採用はある?

美容師への転職事情は?

社会人から美容師を目指す人は少なくありません。

美容師は腕一本あれば仕事ができるため、手に職をつけたい、いくつになっても働きたいという人には根強い人気があるからです。

ただし現在の仕事を辞めて学校に通い、一から美容師を目指すというのは、なかなかリスクのあることです。

しかし、働きながら美容師を目指す方法もあります。

それは、夜間や通信制の美容専門学校に通うという方法です。

夜間や通信制の美容専門学校に通う学生の多くは日中などに仕事をしており、仕事と勉強を両立させて学校を卒業し、国家試験の合格を目指しています。

ときにはプライベートの時間を削らなくてはならず、ハードだと感じるかもしれませんが、仕事を続けながら美容師を目指してみたいという人には向いている方法だといえるでしょう。

美容師への転職の志望動機で多いものは?

美容師へ転職する理由として多いものはやはり美容業界へのあこがれです。

一度は別の仕事へ就職したけれど、美容師への夢をあきらめきれずに再度専門学校へ通う人は多くいます。

また、美容師は見習い・アシスタント時代は大変厳しい生活となるため、一度社会人として働きお金を貯めてから美容師を目指すという人もいます。

未経験・社会人から美容師になるには

美容師への転職を考える場合、まず気をつけたいのが、美容師として働くには「美容師免許」が必要ということです。

美容師の場合、美容師免許を持っていなければ働くことができません。

美容師免許を得るためには、美容専門学校を卒業して、国家試験に合格する必要があります。

美容専門学校には最低でも2年間通わなくてはならないため、お金の面でも時間の面でもしっかりと計画を立てて準備する必要があるでしょう。

美容師への転職に必要な資格・有利な資格

美容師として働くためには美容師免許の取得が最低限の条件となるため、まずは美容師免許の取得が最優先となります。

美容師へ転職する際に特別必要な資格はありませんが、着付けやメイクに関する資格を持っていると、転職の際に重宝されるでしょう。

美容師として働くのに必要な資格や免許は?

美容師への転職に役立つ職務経験は?

美容師へ転職する際に役立つ経験としては「接客」があげられます。

美容師は一人のお客さまと長い時間向き合うため、コミュニケーション能力に長けている人でなければ続けるのは難しいです。

老若男女問わず誰とでも笑顔で会話ができる人、接客マナーが見についている人であれば、美容師としてデビューした際にも役立つことでしょう。

美容師への転職面接で気をつけるべきことは?

美容師の転職面接で気を付けることは、以前の仕事を批判しすぎないことです。

転職する際の面接では、以前担っていた仕事や前職の職場に関して質問されることがほとんどですが、それに対する苦情や文句を正直に話しすぎては、面接担当者は「この職場もすぐに辞めてしまうのではないか?」と不安を感じてしまいます。

たとえ前職や全職場に問題があったとしても、曖昧な言い方やほどほどの表現にとどめておき、これからの美容師としてのキャリアについて話す方が建設的です。

美容師に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

美容師は技術職であるため、きちんと美容師免許を取得して基礎的な知識や技術を身につけていれば、採用されることはさほど難しくありません。

しかし、注意しておきたいのは、未経験者の場合若い人のほうが有利ということです。

美容師として初めて採用されると、必ず見習いやアシスタントからスタートします。

下積み期間として先輩のサポートや雑務を任されることが多く、労働時間が長くなりがちな割に、給料面では期待できません。

若いうちは若さで乗り切れるかもしれませんが、年齢を重ねると体力的・精神的に苦労してしまうかもしれません。

スタイリストデビューまでは最低でも2年、長ければ5年程度かかるケースもあるため、本気で未経験から転職を考えるのであれば、できるだけ若いうちに行動するに越したことはないでしょう。

未経験から美容師の転職での志望動機

美容師はハードな仕事のため、熱意ややる気が問われます。

特に未経験の場合は、向上心や意欲が重要なポイントとなるため、なぜ美容師を志望したのかはしっかりと答えられるようにしておきましょう。

また、美容師としてどのように成長していきたいかという明確なビジョンを伝えると、よりスタッフとして働くイメージがつきやすいでしょう。

美容師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?