何歳までネイリストとして働ける?

ネイリストの年齢層

華やかなイメージがあるネイリストは若者の職業として考えられがちです。

実際に20代など若いネイリストが活躍できる業界ですが、決して若者に限られた職業ではありません。

技術が認められれば、歳をとっても第一線で活躍できるのがネイリストの強みです。

技術とやる気があれば、ネイリストを続ける年齢に上限はありません。

ネイリストを続けるうえで加齢が与える影響は?

老眼

ネイリストは緻密な作業を連続して行い、眼を酷使する仕事です。

早い人では40代前後から老眼の症状が現れるため、作業が時に困難になることもあります。

体力の衰え

ネイリストの仕事は朝から晩まで施術が続くこともあり、肉体的にもハードで、体力勝負な一面があります。

また座りっぱなしで作業を行うため、慢性的な肩こり、腰痛に苦しむことも多いです。

年齢を重ねることで、やる気はあっても、体力が追い付かないということもあります。

新しいことを覚えにくい

ネイルの技術は日々進歩し、トレンドも変わり続けます。

ネイリストはお客様が満足するアートを提供するためにも、日々新しい知識、技術を習得する必要があります。

個人差はありますが、年齢を重ねることで、新しいことを習得することに苦労をする人もいます。

年齢とネイリストの働き方

ネイルサロン勤務の場合

ネイルサロンの求人では、年齢不問というものも多いです。

30代、40代でも技術や接客マナーがしっかりしていれば、即戦力として重宝されます。

またネイルサロンにも特色があり、若者を主な顧客層とするサロンもあれば、中年層をターゲットとするサロンもあります。

大人の女性をターゲットとするサロンでは、40代のネイリストも活躍しています。

ネイルサロン勤務の場合、歳を重ねるにつれ、店長やマネージャーなどの管理職に登用されることも多くなります。

一方、ネイルサロンによっては、求人に年齢制限、定年年齢があることもあります。

独立開業の場合

自分が健康であれば、年齢の上限なく、ネイリストとして活躍できるのが独立開業の強みです。

集客や経営という苦労はありますが、自分のペースで仕事を調整できるため、加齢による体力低下や老眼と向き合いながら仕事を継続することも可能です。

経営が軌道に乗れば、施術はスタッフに任せ、サロンオーナーとなる人もいます。

ネイル講師の場合

ネイルサロンで技術、接客スキルを磨き、ネイルサロン勤務からネイル講師に転職することもあります。

JNA認定講師資格を取得するほか、コンテストなどの入賞経験など他のネイリストに比べて優れている必要があり、ネイリストとしての経験値が求められます。

そのため、若いネイリストより、店長クラスの30代、40代の経験豊富なネイリストが講師として活躍しています。

ネイルサロン勤務に比べ、勤務時間が短い傾向にあり、体力面で不安が生じてきたネイリストにも働きやすいというメリットがあります。

ボランティアの場合

近年はネイルが認知症予防などに効果があるという研究もあり、老人介護施設などに入所する高齢者にネイルケアサービスをするボランティアが注目を浴びています。

若い現役ネイリストの中にも休日などを使ってこのボランティア活動に勤しむ人が増えているようですが、もし将来第一線から退いたとしても、ネイリストとして得た知識や技術を生かせる新たな場が今後も増えていくかもしれません