男性でもネイリストになれる?

男性もネイリストになれる?

少し前まで日本ではネイルは女性のものという意識が根強く、そのため男性のネイリストはほとんどいませんでした。

現在も業界的には女性が多いという特徴はありますが、男性ネイリストも増えてきています。

この背景にはネイルケアが女性だけのものではなくなり、爪先に気を配る男性が増加してきたということが挙げられます。

ビジネスシーンにおいて名刺交換、握手など爪先に視線がいくことが多く、清潔感を印象づけるために、甘皮処理、艶だしなど身だしなみの一環としてネイルサロンに通う男性も多いです。

ネイルサロン側も厳しい競争を生き抜くため、メンズケアコースを考えたり、男性が入りやすい空間づくりを心掛けたりするサロンも多いです。

男性のネイルへの関心が高まることは、男性ネイリストの需要が増すことにも繋がります。

今後、男性ネイリストの活躍の機会は更に増えていくでしょう。

男性のネイリストの働きやすさは?

  

現状ではネイリストは女性が多く、女性だけの職場になっているところが多いです。

ネイルサロンの求人でも女性限定としていることもあります。

一方、性別関係なく、技術のあるネイリストを採用するサロンもあります。

男性ネイリストを敬遠する女性客もいますが、男性ネイリストのもつ女性とは違うデザイン感覚、意見に期待して指名する女性客もいます。

同僚もお客様も女性を相手にする機会が多く、細やかな気配り、相手を緊張させない会話などに気をつけていく必要があります。

男性ネイリストの中には、指導力、マネジメント力を生かし、サロンの幹部、独立開業など経営側にまわる人も多いです。

男性のネイリストの強み・弱み

男性のネイリストの強み

集中力に優れている

ネイルの施術は、長ければ2時間程度、細かい作業を連続して行う必要があり、集中力が求められます。

個人差はありますが、男性はプラモデル作りに没頭するなど、目の前のことに高い集中力を発揮する人も多いです。

安定感のあるサービスを提供できる男性ネイリストは重宝されるでしょう。

体力面で有利

ネイリストの業務は長時間勤務、シフト制で生活が不規則になるなど、華やかなイメージの反面、肉体的にハードです。

また同じ体勢で施術を行うため、腰痛や肩こりに苦しむネイリストも多いです。

一般的に男性は女性に比べて体力面に優位なため、働きつづけやすいかもしれません。

男性目線による差別化

ネイルサロンに通う女性客のなかには、男性からの見え方を気にする人もいます。

男性目線で色やアートをアドバイスすることで、女性ネイリストとの違いがでることもあり、あえて男性ネイリストを指名する人もいます。

また女性ネイリストでは思いつかない独創的なアートを生み出すことで、他の女性ネイリストと一線を画す存在になることも可能です。

男性のネイリストの弱み

求人数は少ない

以前に比べ増えてきたものの、まだネイリストは女性という固定概念を持つ人が多いです。

その為、男性ネイリストに驚いたり、長時間手を触られることに抵抗を示したりするお客様もいます。

そのため、サロンも最初から女性ネイリストに限定して求人をだすところも多いです。

求人には性別について書かれていなくても、実際には女性しか雇用していないということもあります。

男性ネイリストを積極採用するサロンもあるほか、今後男性ネイリストが活躍できる就職先は増えていくことが予想されます。

しかし現状では女性ネイリストに比べ、求人数は少なく、就職転職市場は厳しいといえます。

ハンドモデルが見つけにくい

ネイリストは技術を高めていくために、日々練習を行う必要があります。

より実践的な練習にするためには、生身の人間の手を使うほうがよく、ハンドモデルを探す必要があります。

男性ネイリストはまだメジャーな存在ではないため、街中やSNSでハンドモデルを探すなかで、ナンパと間違われることもあります。

女性ネイリストに比べ、ハンドモデルの確保に苦労する人が多いようです。

男性ゆえに敬遠される

男性に触られたくない、男性と会話するのは緊張するという理由から、女性客に敬遠されることもあります。

またスカートを履いた女性客が多いため、フットネイルの施術は担当しにくいなど、男性ゆえの苦労もあります。

男性ネイリストには女性心を理解した上で、細やかな気配りなど女性ネイリスト以上にコミュニケーション能力が求められます。