生命保険会社社員のつらいこと・大変なこと・苦労

生命保険会社社員のつらいこと・大変なこと

「成果主義」の評価に苦しむ人も

生命保険会社は一般的に給料が高めといわれており、なかでも営業職については実力しだいで、がんばればがんばるほど給料が上がります。

いわゆる「成果主義」の給与体系で、契約数や契約金額の大きさなどによって給料が変動していきます。

ひとくちに成果主義といっても給与体系は企業によって異なり、「固定給+歩合給」の形をとっている場合もあれば、「フルコミッション」といわれる完全歩合制で給料が決まる場合も珍しくありません。

稼ぎたい人にはピッタリの業界である一方、「成果を出さなくては十分な給料がもらえない」といったプレッシャーを抱えながら働くのは非常に大変でしょう。

成果が出ない時期があまりにも長く続けば仕事を続けることすら難しくなり、こうした成果主義の文化に苦しむ人は少なくありません。

人の入れ替わりが激しく、落ち着かない

生命保険業界は成果主義の傾向が強いことから、他業界に比べて社員の入れ替わりが激しい点が特徴です。

とくに営業職は新規契約を獲得し続けなければならないプレッシャーもあり、ほかの職種以上に「合う・合わない」がハッキリ分かれる仕事です。

もちろん同じ会社で長く働き続けて、順調にキャリアアップしている人もたくさんいます。

しかし、気づけば同期が自分一人だけとなっていたり、周りの社員が短いスパンで入れ替わったりすることも十分に考えられます。

職場環境が落ち着かなくても、自分をしっかりと持って業務をこなしていかなければなりません。

生命保険会社社員の悩み

生命保険会社は、個人や法人の「お客さま」あってこそ成り立つ仕事です。

営業職としてとくに個人のお客さまを担当する場合には、お客さま自身の仕事の都合に合わせて商談を進めていかなくてはなりません。

そのため、お客さまの仕事が終わったあとの夜遅い時間に出向く場合や、休日に出勤して対応しなくてはならない場面も発生します。

また、総合職の場合は個人としての営業ノルマはなくても、所属支社の数字を達成するためにやはり残業が必要になる時期があります。

全国に支社がある会社であれば転勤を命じられる可能性もあり、そうした面もこの仕事の大変なところだといえるでしょう。

生命保険会社社員を辞める理由で多いものは?

生命保険会社社員を辞める理由としては、やはり「営業の厳しさ」が一番に挙げられます。

業界関係なく営業職にノルマはつきものですが、生命保険会社の営業はとくに厳しいといわれています。

また、給料は「固定給+歩合給」の形をとっている企業が多く、毎月決まった金額がもらえない不安定さから退職にいたるケースもあります。

どれくらいインセンティブの割合が大きいのかは企業によって異なりますので、条件面はよく確認しておくことが重要です。

保険営業としてやっていく自信がなければ、それ以外の職種で入社を考えてもよいでしょう。

生命保険会社への転職を考えている方へ

生命保険会社の中途採用を検討している場合、その適性なども気になるポイントですので、現在の状況をヒアリングし、現職を続けるべきか転職すべきかどうかもアドバイスしてくれるリクルートエージェントなどの転職エージェントに相談してみるというのも一つの方法です。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。