ファンドマネージャーの仕事内容

ファンドマネージャーの仕事とは

ファンドマネージャーとは、投資信託会社、信託銀行、保険会社などの金融機関に勤務し、お客さま(投資家)から預かった資金でファンド(金融商品を組み合わせたもの)をつくり、運用方針に合わせて運用することが主な仕事です。

個人の投資家から資金を預かり、企業として投資を行っている大口の投資家のことを「機関投資家」と呼びますが、個人投資家に比べて機関投資家が動かす金額は大きく、金融市場における存在感が非常に大きくなっています。

その機関投資家として投資を行っている企業で、運用を取り仕切る担当者がファンドマネージャーであり、自らの専門知識と市場の情報に基づき、資産の運用を行っています。

もっとわかりやすく言うと、証券や債券などの売買によって、その日にどれだけ市場にお金の出入りがあるかをチェックし、どの銘柄を買うか・売るかを判断することが役目です。

最近では投資信託などの証券を販売する際に、担当するファンドマネージャーの名前を記載する例も増えており、「看板ファンドマネージャー」として活躍するファンドマネージャーも増えてきています。

ファンドマネージャーの業務の内容

購入する銘柄の選定

ファンドマネージャーは運用方針や目的に合わせたファンドを作り運用することが主な仕事になります。

「少しの利益でも良いから安定した運用をしたい」「ハイリスク・ハイリターンのもの」などファンドの種類もさまざまですが、目的に合わせてどの企業の株の売買をするか、どこの国の国債を売買するかということを決めていきます。

刻一刻と変わる相場の中で、この判断により膨大な金額が動くことになるので、パフォーマンスを最大にできる組み合わせをすることが大切です。

世界各国のニュースや金融相場、企業の状況を常にチェックして、良いと判断したものを運用に組み込んでいいきます。

投資先の企業の状況をチェック

膨大な金額を投資する以上、株式や債券投資する企業の状況を調べることもファンドマネージャーの大切な仕事です。

本来はアナリストの役割ですが、最近ではファンドマネージャーも、決算情報を確認するだけではなく、投資先に直接出向いて企業経営の健全性や、経営者の人柄や従業員の覇気などを確かめに行くこともあります。

投資判断として合格点ならばファンドに組み込みますし、不安なところが見つかればファンドから外す判断も場合もします。

ファンドマネージャーの役割

ファンドマネージャーはファンドに組み込む株式や債券などの銘柄選定や売り買いの判断を行います。

目的に合わせた運用をしていくために、ファンドマネージャーはアナリスト、エコノミスト、ディーラー、投資顧問会社のスタッフなどと連携し、日々絶え間なく動き続けるマーケットを見ながら、市場調査や独自の見解を踏まえて判断を下さなければなりません。

どんなに勉強したところで予想が100%当たることは不可能で、日によっては思わぬ収益が生まれることもあれば、大きな損をしてしまうこともあります。

一日の成果に一喜一憂せず、責任を持って長期的な目で成果を出せるように運用していくことがファンドマネージャーに求められる役割といえます。

ファンドマネージャーの勤務先の種類

ファンドマネージャーのほとんどが投資信託委託会社、投資顧問会社、生命保険会社損害保険会社等に所属する会社員です。

日系企業の場合は、最初からファンドマネージャーとして採用されることは少なく、総合職として採用されたのちに、適性や本人の希望によりファンドマネージャーとして選ばれることが多いです。

また、膨大な額を扱うことになるため、最初からファンドマネージャーになれる訳ではなく、アナリストなどを経験して、実績を重ねることでファンドマネージャーに近づけます。

また、上記のような金融機関で経験を積んだのちに、会社から独立して自分で投資信託委託会社を設立し、投資信託の商品を売り出して自らオーナーファンドマネージャーとして活躍している人もいます。

ファンドマネージャーの勤務先の種類・外資と日系の違い

投資家に運用報告の説明

ファンドに投資する投資家は、自分で金融商品それぞれに投資するのではなく、優秀な運用実績があるファンドマネージャーに任せたいと期待して思い投資をしている人がほとんどです。

ファンドマネージャーは自分の運用がどうだったかを運用報告として顧客に説明する必要があり、なぜ成功したのか、あるいはなぜ失敗したのかを運用報告に作って提出する必要があります。

この運用報告が納得できるものでなければ、顧客が商品を解約してしまう可能性もあるので、分かりやすくて丁寧な内容にする必要があります。

ファンドマネージャーの仕事の流れ

ファンドマネージャーはファンドを作るときにどんな運用方針にするのかをまず決めます。

その運用方針に合わせて、リスクは大きいけれどリターンも大きいものを組み込んだり、リスクは少ないけれどリターンも少ないものを選んだりして株や債券などの銘柄を選定していきます。

そのため、ファンドを新たに作るときが一番忙しい時期となり、この期間は残業が増えることも多いです。

運用が始まってからも、組み込んでいた企業の株価が暴落したら他の銘柄を組み込み直したりと、運用成績が出るようにコントロールしたりするのもファンドマネージャーの大切な仕事です。

ファンドマネージャーと関連した職業

ファンドマネージャーがファンドを作るためには、さまざまな業界について知る必要があります。

しかしながら、すべての業界や職種に精通するのは不可能なので、大切なパートナーとして「アナリスト」という役職があります。

アナリストは、さまざまな業界や企業を分析して、投資対象としてどうかというレポートをつくります。

このレポートを参考に、ファンドマネージャーはファンドを形成するので、ファンドマネージャーにとってアナリストの存在は良いファンドを作るためには欠かせない存在なのです。

アナリストの仕事