人事コンサルタントのつらいこと、大変なこと、苦労

プレッシャーが大きい

人事コンサルタントは、クライアント企業の「人材」や「組織」の課題に深く関わっていくため、実際に経営を行う役員陣に向かってプレゼンをしなくてはならないこともあります。

また、見つけた課題の改善を目指して成果を出し続けることが求められる仕事であり、つねに大きなプレッシャーを抱えていなくてはなりません。

自分の提案内容は厳しい目で判断され、少しでも甘いところがあれば容赦なくツッコミが入ります。

コンサルタントは個人の実力が出やすい仕事だからこそ、プレッシャーに負けないくらいの努力をして、認めてもらうように頑張らなくてはなりません。

優秀な人たちに囲まれる

コンサルティングファームなど、人事コンサルタントがおもに活躍する場には、優秀といわれる人材が多く集まってきます。

コンサルタントは高い論理的思考力やコミュニケーション能力が求められるため、頭の回転が速く、キレ者といわれるような人がたくさんいます。

また、仕事ではスピード感やプロフェッショナルとしての自覚が求められ、厳しい環境で働かなくてはなりません。

優秀な人に囲まれながら、自らを高め続けることが求められる仕事であるため、のんびりとしていられないのはこの仕事の大変なところといえるでしょう。

激務になりがち

コンサルタントという種類の仕事は、全体的に忙しくなりがちといわれています。

クライアントとのミーティングのほか、社内での情報収集、データ分析、プレゼン資料作成など、デスクワークに費やす時間も非常に多いことが特徴です。

クライアントの課題を解決させるためには、さまざまな情報を集めて解決策を導き出さなくてはならないため、念入りな調査が必要になるのです。

プロジェクトが重なったり、難易度の高いプロジェクトに参画したりすると、休み返上で働くこともあります。

肉体的にも精神的にも厳しい状態で働き続けなくてはならない時期もあるでしょう。