ファンドマネージャーへの転職・未経験採用はある?

ファンドマネージャーへの転職状況は?

すでにファンドマネージャーとして業務をこなしている人が、さらなるキャリアアップを目指して、もしくはより良い待遇を求めて、別企業に転職するケースは少なくないようです。

他業種から目指すことも不可能ではありませんが、金融機関には独特なルールなどがあり、基本的に社員を新卒から育てる文化があるので、転職はしにくい業種といえます。

また、金融機関経験者であっても、未経験者がいきなりファンドマネージャーとして働くことは難しいのが実情です。

まずはアナリストとして金融知識を吸収しながら経験値を増やし、資質などを評価されてファンドマネージャーに昇格するというケースが多くなっています。

ファンドマネージャーへの転職の志望動機で多いものは?

ファンドマネージャーは一般的なサラリーマンに比べて給与水準が高い職種です。

年収1000万円を超えることは比較的簡単で、運用成績が良い場合は日系企業でも年収2000万円以上を手にすることができますし、外資系なら億単位の報酬を得ることができます。

そのため、高い給与水準に魅力を感じて転職を希望する人が多いです。

また、投資が得意で普段から自分でも投資をしていたり、投資について勉強していたりして、それを仕事に活かしたいという理由も志望動機になります。

ファンドマネージャーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からファンドマネージャーになるには

ほとんどの金融機関では、経験者のファンドマネージャーを募集しているので、未経験からファンドマネージャーを目指すことは非常に難しいです。

ただし、将来的にファンドマネージャーになれる可能性が高いアナリストであれば、比較的門戸が開かれています。

アナリストは業界分析を行い、その業界や企業に投資をして良いかをレポートなどにする役割ですが、前職の経験を活かした分析ができればアナリストとして成功する可能性があります。

ファンドマネージャーまでの道のりは長くなりますが、このようなルートからファンドマネージャーを目指すことも可能です。

ファンドマネージャーへの転職に必要な資格・有利な資格

国内企業から別の国内企業へということはもちろんですが、外資系の運用会社に転職してキャリアアップしたいという場合、最も重要になるのが「英語力」です。

とくに外資系では、仲間とのコミュニケーションも、社内外の情報も基本的にすべて英語でやりとりするため、いくら金融や運用に関する知識を持っていたとしても、英語ができなければ仕事になりません。

面接も英語で行われる可能性もあるので、ファンドマネージャーになりたい人は必ず勉強しておくべきといえます。

ファンドマネージャーを目指す人におすすめの資格は?

ファンドマネージャーへの転職に役立つ職務経験は?

銀行や証券会社で働き、マーケットの動きを理解していたり、投資信託の基本的な商品性を理解できていたりすると、ファンドマネージャーを目指す時に役に立ちます。

金融知識を一から知識がない人に教えるのは大変ですが、あらかじめ知識がある人ならばスムーズに仕事を教えることができ、採用する側としても助かります。

また、実際に投資信託や株をお客さまに売っていた人ならば、お客さまがどんな商品を求めているかなどがわかりますし、それを生かした商品開発をすることができるでしょう。

ファンドマネージャーへの転職面接で気をつけるべきことは?

ファンドマネージャーの転職では即戦力が求められる傾向にあります。

採用試験は英語で行われたり、注目している株やマーケット動向について聞かれたりと、現場ですぐに役立つ人かを見られることになります。

そのため、どんなことを聞かれても大丈夫なようにあらかじめ回答を用意しておく必要がありますし、予想外の質問でも冷静に受け止めて、おどおどせずに上手く自分の言葉で答えられるようにしましょう。

ファンドマネージャーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

新卒で運用会社に入れなかった場合でも、転職を機にファンドマネージャーを目指すことは可能です。

とくに銀行や証券会社など金融関係の業種で経験を積んでいれば、運用会社の中途採用に応募して採用される可能性は十分にあります。

ただし、ファンドマネージャー業務経験が一切ない場合、その後のキャリアパスを考えると、転職可能な年齢は「30歳前後」がギリギリのラインと言われています。

別職種からファンドマネージャーを目指したい場合は、20代のうちにできる限りの努力を重ね、早いうちにアクションを起こすに越したことはないでしょう。

未経験からファンドマネージャーの転職での志望動機

金融業界を未経験でファンドマネージャーを目指す場合、なぜファンドマネージャーという職業に興味を持ったか、どれだけ熱意があるかを志望動機として話すことをおすすめします。

たとえば、自分の前職の経験や知識を生かしてその分野・業界の分析ができるのであれば、それは大きなアピールポイントです。

そして、その分析を活かしたファンドを作りたいということができれば、実際にその分野で働いていた人ということで説得力は増しますし、その分野のアナリストが欲しいと企業が思っていれば、採用される可能性も出てきます。

また、金融機関勤務が初めての場合、金融機関独特のルールを覚えたり、ファンドマネージャーとしての勉強をしたり、マーケットの情報収集をしたりと働き出したらかなり忙しくなることが予想されるので、熱意を持って仕事をする姿勢をアピールしましょう。

ファンドマネージャーが「スペシャリスト」としての地位を確立するためには、顧客に正しく分かりやすい言葉で運用方法や実績を説明する「国語力」が求められるなど、キャリアアップを図るためには日ごろの努力が必要となります。

そのための具体的なアドバイスをマイナビエージェントなどの大手転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。