アクチュアリーの仕事内容

アクチュアリーの仕事とは

アクチュアリーは日本では「保険数理人」とも呼ばれる職業で、日本アクチュアリー会が実施する非常に難関なアクチュアリー資格試験に合格した人のみアクチュアリーを名乗ることができます。

すべての試験に合格した人のみが正会員は2018年3月現在で1,697人しかおらず、希少性が高い資格といえます。

アクチュアリーのおもな仕事内容は、人が安心して生きていくうえで欠かせない「保険」や「年金」の掛金や支払金の額を決めることです。

この掛金や支払金は、数字はさまざまなデータをもとに算出されており、アクチュアリーは最適な金額を算出するための複雑な計算をするエキスパートとして活躍します。

アクチュアリーが適正な保険金額を算出することで、保険会社の健全な経営が実現できるばかりでなく、お客さまにとって魅力的な保険商品を開発する場面でも、アクチュアリーは大きな役割を担っています。

一般的にはあまり馴染みのない職業かもしれませんが、国際的な専門職として、海外からの評価が高い仕事です。

アクチュアリーの業務の内容

保険や年金の掛け金や支払額を算出

アクチュアリーは、確率や統計などの数学的な手法を活用して、保険や年金の適正な掛金や支払い金を決定することをおもな業務とします。

個人の寿命や病気、事故にいたる確率は予測するのが難しいものですが、確率論や統計学を用いることによって、「将来」という不確定な事象の動向を推測することが可能になります。

アクチュアリーの具体的な仕事内容としては、まず保険関連資料などの収集を行い、死亡率、自殺率、事故率、伝染病、天候、国の景気、災害確率、政治・経済情勢などのデータを分析し、将来起こり得る事象を確率論・統計学を用いて予測します。

販売済みの保険の収益データも計算

アクチュアリーは保険を販売した後もその保険の売れ行きやどのように収益を上げているかなどのデータを分析して、より売れる商品になるように、掛け金や支払金を見直すこともします。

ただ計算するだけではなく、実際に保険を販売する営業員と連携をとって、その保険のメリットを説明し、顧客へのセールストークを考えることもあります。

アクチュアリーの役割

アクチュアリーの社会的な役割は、所属する会社で保険商品をうまく運用することにより会社を長続させて、保険金や給付金をお支払いすることで、お客さまに安心してもらうことです。

もし、アクチュアリーの設計ミスにより、想定以上に保険金が支払われるようなことがあり、会社が存続できないようなことがあれば、お客さまが必要な時に保険金を受け取れなくなってしまう危険性もあるので、大きなミスは許されません。

また、各社競争が激化しているので、採算を考えながらお客さまのニーズに合った商品の開発やリスク管理に力を入れていくことが会社内でのミッションとなります。

アクチュアリーの勤務先の種類

生命保険会社

生命保険会社は、人が亡くなった時やケガをした時にお金を受け取ることができる保険を販売しています。

生命保険は長期契約が主になるので、金利や死亡率の変化など考慮するべき点も多く、そのため結論を導き出す際は、膨大な統計データと統計学が使われます。

契約者は掛金が高すぎると契約してくれませんが、安すぎて保険金の支払いが上回った場合、生命保険会社が損をしてしまいます。

そのバランスを考えて、適正な値段の保険を販売するために緻密な計画をすることが生命保険会社で働くアクチュアリーの仕事です。

損害保険会社

損害保険会社は、自動車事故や家の倒壊などに対してお金を支払われる保険を販売しています。

たとえば、自動車保険で考えてみると、車種・年齢・走行距離などリスクは多様のため、まったく同じ条件を持つ契約は存在しません。

アクチュアリーはさまざまなパターンのモデルを組み立てて、適正な保険料を計算する必要があります。

信託銀行

アクチュアリーというと保険会社で働くイメージが強いかもしれませんが、信託銀行で働くアクチュアリーもいます。

業務内容としては、各種年金制度の債務計算、決算報告書等作成、退職給付債務計算、企業年金制度、退職給付債務に関するコンサルティングなど多義に渡ります。

信託銀行では、アクチュアリー自らが直接お客さまのもとへ出向くこともあるため、高いコミュニケーション能力も必要になります。

アクチュアリーの勤務先の企業の種類・活躍の場

アクチュアリーの仕事の流れ

保険の商品開発を行うアクチュアリーは、まずデータを分岐するところから始めて、どれくらいの人にニーズがあるか、採算が取れるかなどを計算します。

その後は、営業、事務、システム等の各分野のエキスパートと意見交換をしながら保険の商品化をしていきます。

商品が販売された後も、思ったより採算が合わなければ新規顧客に対しては掛金の改定などを行うなどして、常にデータを見ながら会社にとっても顧客にとっても良い保険になるように運用していきます。

アクチュアリーと関連した職業

アクチュアリーとよく比べられる職種として「クオンツ」というものがあります。

クオンツとは、金融機関においてデリバティブ(金融派生商品)のプライシング(価格付け)、システムの構築や、トレーディングアシストツールを開発する仕事を行うエキスパートです。

どちらも高度な数学知識が必要になる職種ですが、クオンツはアクチュアリーのような資格は必要ありません。

就職活動でアクチュアリーとクオンツの両方にエントリーする人もいます。

しかし、求められる学力は非常に高く、旧帝大か早慶以上の大学院に在学していたような人しか採用されません。